「体重ではなく、体型を重視しましょう」




おそらく
誰でも一度でも聞いたことがある
指導者側のこの言葉。


数字ではなく、
体型や見た目に意識転換するアドバイス。


ただ、
この誘導は指導者側が
“自分の逃げ道を作ってる“ だけでもある。




確かに見た目は大切。



もし、
体型を重視するならば
あなたが目の前にいる1人に向けて
発信するだけでよい。




ちなみに僕の場合は
“体重よりも体型ですよ“
と言うことはほとんどない。



言うするならば、
例えば


身長160㎝で体重45kgの20代の女性がいれば

体重ではなく、
体脂肪率や体型、姿勢を変えましょうと
言うかもしれないし、



逆に
身長160㎝で体重60㎏の20代の女性が
“華奢なボディラインになりたい“ というならば
「引き締めながら、50㎏までは落としましょう!」
と言うかもしれない。




160㎝で体重60㎏や70kgの人に対して、
「体重よりも見た目を気にしてください」

なんて口を裂けても言えない!!!




さらに
「その体重でウエスト60㎝にできます!」
 華奢なボディラインにできます!」

絶対に絶対に言えない…





売上のために
現実不可能な期待させて、喜ばせて
成約してもらうために言うジムやエステも
現実的にある。



「体重よりも見た目です」
この場合は、もうただの詐欺。


 
“体重より体型“ というは、
ただの1つのトレーナー側の価値観。





結婚相手は、
「年収1億ではなく、顔やスタイルで選べ!」
「年収が低くても気にしなくてもよい!」

といった
“数字なんか気にしなくてもよい“
の価値観を押し付けてるのと同じ。



もちろんそれに賛同したり
それが合うならば、それでも良い。




数字を気にする人もいるし、
それを気にする理由や意味も持ってる人もいる。



指導者側の選択肢が少ないと
あとは先入観や固定概念の押し付けになる。



だから、
僕の場合は
『コンセプトは作らない』




自分が持つ『理想』と『現実』を混合させない。
自分の理想を持ちすぎると
それが邪魔をして人を見ることが困難になる。





骨格に合わせたトレーニングとか
3食食べて痩せるダイエットとか
固執していない。




美と健康(心の健康と身体の健康)の枠から
大きく離れてなければよいと思ってる。



その人をみて、数字をみて
体型なのか、
体重なのか、
体脂肪率なのか、
それとも全部なのか、
何の優先順位が必要かなのか。





あなたが“結婚したい“ と思ったらそれで良い。




体重よりも体型のコンセプトで行きすぎると



結果、
“その人には合ってない“
“その人をしっかり見てない“

を作り出してしまう。



間違えてないアドバイスだけど、
正解でもないアドバイスであるということを
理解したい。




答えは、その人の身体や心の中にしかない。



だから、
最初のカウンセリングには意味がある。



決めつけるコンセプトならば、
カウンセリングの価値が下がる。




⁡ #パーソナルトレーニング三宮
#パーソナルトレーニング神戸
#パーソナルトレーナー三宮
#パーソナルトレーナー神戸
#ダイエットジム三宮
#ダイエットジム神戸
#パーソナルジム三宮
#パーソナルジム神戸
#ボディメイク三宮
#ボディメイク神戸
#ボディメイクトレーナー三宮
#ボディメイクトレーナー神戸
#脚痩せ三宮
#腕痩せ三宮
#お腹痩せ三宮
#ミセスグローバルアース関西
#ウォーキング三宮