お知らせ

世界1呟く日本



僕がよく言われることで
「なんでそんなにポジティブなんですか?」


と聞かれますが、
僕は“ポジティブ“という言葉が結構嫌いです。



ポジティブになりたいとか
誰かにポジティブになってほしくて
発言、発信してる訳ではない。




そもそも
ポジティブが良くて、
ネガティヴは悪いみたいな風潮が好きではない。

なぜならば
ネガティヴにもネガティヴの良さがある。


ポジティブな基準で動くと、
ネガティヴの良さや必要性に気づかなくなる。



どちらも表裏一体で
バランスが整うものだと思ってる。



ポジティブな意味には
【肯定的な】意味も含まれる。

【前向き】【積極的】【自信がある】【明るい】
これらの言葉も含まれる。



ただ、
ポジティブという言葉で考えすぎると
このようにいろんな意味が含まれすぎるので、
(英語の弱点)

僕の場合は
ポジティブと自己肯定を別の意味だとして
考えるようにしたり、
考えるようにしてもらってる。




SNSを見れば
ポジティブな人が目立ち、それに憧れる人が多くなる。



同時に起きるのが
“ネガティヴになる“ではなく、
“自己否定が増える“ ということ。



「この人だからできる…」
「この人とは環境が違う…」
「自分なんて…」「自分には無理…」
それぞれの評価をつくる。



ポジティブにならなくてよいから、
自己肯定はしよう。


自分のことを分かってるのは自分だし、
自分の人生は自分で作るしかない。

どんなに頑張っても
誰かと入れ替えることはできない。


自己肯定か自己否定の2つで判断する。


ポジティブとネガティヴと似てるようで本質は全く違う。


僕の中では、
自己否定をする“良さ“が1つも思いつかない。


だから、
ポジティブとかではなく、
自己肯定を増やす言動や行動、
フィードバックを自分に増やすようにして、

それを
他の人にも共有できるところはしているだけ。



“ポジティブ“を否定しているわけではなく、
ポジティブという言葉で考えすぎると
本質である“自己肯定“から遠ざかるということ。



『ポジティブ=明るい人、自信がある人、積極的』
『ポジティブの対義語が自己否定』

と位置づけてしまう人が多い。



少し言い方を変えると、
「楽しく、幸せと感じる生き方はなにか?」


という問いに対して、
明るいとか、自信があるとか、積極的とかよりも


“自己肯定をすること“が僕の中では答えになる。


先程も述べたように
“ポジティブ“という言葉から考えると
自己肯定にたどりつきにくい。



誰が見ても意味が分かる、
漢字の意味そのままの日本語である
“自己肯定“か“自己否定“かを考えること。


もちろん
ポジティブは合う人には合うし、
合わない人には合わない。


ネガティヴも合う人には合うし、
合わない人には合わない。


ネガティヴは人を救うし、幸せにすることもある。


まだ日本が平和であるのも
それぞれの主張が少ないから
戦争も抗争もなく平和を保てるかもしれない。



ただ、
主張を我慢するから
SNSの世界で誹謗中傷や批判が増えたり、
自殺率は高く、幸福度は低いのかもしれない。



現に、
日本(1億人)の人口は世界(70億人)でみれば
わずか70分の1だけど、

ツイッターで呟かれる日本語は全体の5分の1。
(Twitterで最も使用される言語の英語は31.8%、それに続いて日本語は18.8%と、人口数に対してかなり大きい数字)





SNSを見れば
ポジティブ発信は多くあるけれど、
それを真似するのではなく、

自分はこの場合は“どちらが合うのか“を
考えるきっかけにする程度で良いかと。


自分の見たい世界も見せるし、
自分が見たくない世界も見せるのがSNS。


見たくないところには
ネガティヴとかではなく、
自己否定や他者否定しかない。



そこは、なんの参考にもならない。


トレーナーで言えば

「この解剖学は知ってるよね?」
「これを知らないトレーナーはヤバい!」
「この技術がないとトレーナーとして売れない」
「あのジムのダイエットはダメ!」


知ってるか、知らないかを
トレーナー同士でマウントを取り合い。

それが自分たちのコンテンツを
売るためであったとしても
知識や技術を知ってるか、知らないは
役に立たない。


変えるか、変えないか、
そして、それをずっと続けられることなのか。


ここはトレーナー同士だとしても
クライアントを見るにしても
同じではないかと思う。


トレーナー同士で否定し合ってるのは
自分たちの自己肯定を超えて、
他者否定や他社批判に切り替わった悪い例。

#パーソナルトレーニング三宮
#パーソナルトレーニング神戸
#パーソナルトレーナー三宮
#パーソナルトレーナー神戸
#ダイエットジム三宮
#ダイエットジム神戸
#パーソナルジム三宮
#パーソナルジム神戸
#ボディメイク三宮
#ボディメイク神戸
#ボディメイクトレーナー三宮
#ボディメイクトレーナー神戸
#脚痩せ三宮
#腕痩せ三宮
#お腹痩せ三宮
#ミセスグローバルアース関西
#ウォーキング三宮

ポジティブと自己肯定は意味が違う!


ポジティブな思考ではなく、
自分の行動を肯定すること。



パーソナルトレーナー側として
よく直面するのが、


クライアントの方が

「先週、外食があっていっぱい食べちゃいました。あれがなければ…」
「昨日、友達とアフタヌーンティーに行ってきました。そのせいで、今日体重増えてます…」



他にもいろんな場面やニュアンスはあるけれど、
家族、友達、彼氏彼女、仕事の仲間などと
ご飯や飲み会、遊びに行ったことに対して、



『後悔』『罪悪感』『自己嫌悪』

として、報告や相談をされる方が多い。





そもそもなんですが…



僕の記憶する限りでは、

「なんで食べたんだ!!!」
「意思が弱いのか!!!」
「我慢してください!!!」

とか、怒ったことが一度もない。


外食も軽食もお菓子も飲み会も
禁止にしたこともないし、
それだけだ“太る“には繋がるものではない。


ここを制限したり、
禁止にしても

一生それらを我慢できる人ならば続くけれど
一生続けられないことをアドバイスしても
一時的な効果しか生まれない。




自分の過去の行動に対して
否定的に評価する人には、


「友人との外食は楽しくなかったんですか?」
「彼氏とのデートは幸せではなかったんですか?」
「好きなものを食べたのに、辛かったんですか?」


そうすると、
皆さん口を揃えて、「それは楽しかったです!」と答える。


じゃあ、 
その楽しい過去や幸せだった過去は
そのままでよいやん!!!
って僕の場合は思う。




楽しかったことや幸せだった過去に対して
そこを否定的に考えてしまうと、

その楽しかった過去が
アップデート(内容を書き換える)されて、
辛い過去に変わるだけではないか。




あなたをどんな形でも良くした思い出は
“本人であるあなたが守るべき“



“ポジティブ“とかそんな言葉ではなく、
“自己肯定“を増やすこと。



もちろん、
それはトレーナー側も気をつけること。



クライアントが
“楽しかった時間や自己肯定できた過去を
後悔する過去や自己嫌悪に書き換える“

このような
フィールドバックは次の失敗を生みやすくなる。



僕だったら、
“楽しかった過去“を“罪悪感のある過去“に
書き換えるようなことをされると嫌。



それはそれ。
これはこれ。



過去を振り返って、
変わるような過去ならば
いくらでも大切な時間を掛けて振り返ればよいけれど、

どんなに頑張っても変わらないものならば、
現状か未来を頑張ればよい。




自己否定の“種“だけは自分の中で増やさないこと。




自己否定癖を付けると
全ての過去が書き換えられる。

さらにいうと、
自分の人生までもが否定的に考えてしまい、
他人に責任転換する思考にも繋がる。

結果、自分を守ろうと他人を攻撃する癖がつく。





ダイエットを頑張ってる人で
一番必要なのは、“自己肯定“すること。


だって、自分のためにやってるのだから。



もちろん
自己否定することも
必要な時はあるかもしれないけれど、

その過去も含めて、
変わらない過去は自己肯定でよい。


それらを踏まえて、
自分を守る選択肢を増やしていけばよい。




もちろん1つの考え方。



楽しかったものは楽しい。
楽しかったものを悲しいに変えない。




自分のために、
人のためにお金を使ったならば、
その過去を思い出し、微笑むぐらいで良い。




自分が変わっていくことや肯定できることは、
辛いと思っていた過去も自分の成功体験に変わる。



あれがあったから、変われた。
あれがなければ、変われなかった。


自分からすれば
過去の失敗や辛い経験も


他人から見れば
誰も真似することができない貴重な価値。


いろんなものが真似できる時代だけど
個性やその人が歩んできた物語(ストーリー)は
誰にも真似できないもの。




ただ、
自己否定癖が抜けないと
その“変える“を邪魔する。


それが自分ではわからない人は
もちろんたくさんいる。




だから、
パーソナルトレーナーの価値は
そこにもあると思っていて、

身体や食事、トレーニングを変えるのが
パーソナルトレーナーの仕事でなく、


“人“を変えることもパーソナルトレーナーの仕事。




ここはとても幅は広いけれど、
解剖学やトレーニングだけを勉強するのは
パーソナルトレーナーからすると
たったほんの一部にしかすぎない。




トレーニングを教える人=パーソナルトレーナー

ではない。

#パーソナルトレーニング三宮
#パーソナルトレーニング神戸
#パーソナルトレーナー三宮
#パーソナルトレーナー神戸
#ダイエットジム三宮
#ダイエットジム神戸
#パーソナルジム三宮
#パーソナルジム神戸
#ボディメイク三宮
#ボディメイク神戸
#ボディメイクトレーナー三宮
#ボディメイクトレーナー神戸
#脚痩せ三宮
#腕痩せ三宮
#お腹痩せ三宮
#ミセスグローバルアース関西
#ウォーキング三宮

2 / 212