お知らせ

正しい知識はトレーナーが決めるな!



栄養を細く理解することは大切!
身体の仕組みも言えるのは大切!
身体の部位を細かく言えるのも大切!


そこで目的を止めないこと。


正しいことを学んで伝えて終わり?
そこからの検証は?



スクワットを正しい姿勢ですれば
お尻の効果は上がる!?

どの筋肉を使って、どの関節を使って
そうすれば実際にどうなった!?

この栄養素とこの栄養素を組み合わせれば
誰でも痩せる!?






“うん、実際はそうかもしれないけども…
 実証できないと正しい知識だとしても
 正しくない知識と同じだよ“となる。





勘違いされやすい業界だけども
“正しい知識“や“本物の知識“が正解ではなく、

『結果を出した方が正しい知識』
そして、それを継続できていることが
クライアントからすれば
『本物の知識』であるということ。



正しいとか本物とか決めるのは
トレーナー本人ではなく、
クライアントが決めるもの。



トレーナー自身で
自分の知識が本物とか正しいとか言えるのは
時期尚早。



圧倒的な結果を証明できて
クライアントから言われることで
初めて“正しい知識“と言える。



この業界は誰も納得できるほど
本当に“正しい知識“だったとしても

結果が出ないならば
それは間違えた知識にしかならない。




だから、現状自分が持ってる知識や技術を
決めつけないこと!!!




正しいことを伝えることや語ることが
トレーナーの仕事ではなく、

そこからトレーナー自身が
どのような答えをたくさん導き出したか。


知識や技術はあくまでも“過程の1つ“



『過程+結果・実績』
そこが本来のクライアントへの対価。






医学の知識も技術、科学的根拠もある。

それが現場の医者のゴールではなく、
その過程から
実際にどれくらいの実績や功績を残してきたかが本質。




手術を受ける人からすれば
本物や正しい知識を求めてるのではなく

結果、手術を受けてどうなったのか。
同じような症例をどれくらい担当したか、
結果を出してきたか。


もし、
自分自身が手術を受ける時であっても
担当医の知識が凄いとか、専門用語が詳しいとかで
判断するのか?!


知識が凄くても
その手術をしたことがないとか、
成功例が乏しいとかが分かると
あなたならば一気に不安にならない?!




本物の知識や技術。
正しい知識や技術。

確かにそれは大切!!!
教える側としては当たり前のこと。


ただ
それだけを武器にするならば
同業者や身内内だけの自慢でよいよ。


身体の使い方や部位が詳しいとか、
栄養や食べ合わせの知識が凄いで終わるなら、

“人“を担当するのではなく
同業者向けに講演したり、
本を書いたり、メディアで発信すればよい。





“知識や技術があっても結果や実績不足“




そのような講師はトレーナー業界でも多い。

大学でも経営学部の教授は
経営の知識や専門用語は豊富でも
本人に経営実績や結果がある人はほとんどいない。


 

正しい知識や技術=実績がある・結果が出る
にはならない。





そういう世界。




『教えるのが得意』と『結果を出す』のは別。




その知識を基に
「これだけの人が実際に変わりました」
「このように変化しました」


そこで初めて
『人と向き合った正確な知識や技術』と
認められるのではないか?




知識や技術がある=人を変える
でもなく、
人を変えられる“可能性が上がっただけ“



#明日の投稿に続く

#パーソナルトレーニング三宮
#パーソナルトレーニング神戸
#パーソナルトレーナー三宮
#パーソナルトレーナー神戸
#ダイエットジム三宮
#ダイエットジム神戸
#パーソナルジム三宮
#パーソナルジム神戸
#ボディメイク三宮
#ボディメイク神戸
#ボディメイクトレーナー三宮
#ボディメイクトレーナー神戸
#脚痩せ三宮
#腕痩せ三宮
#お腹痩せ三宮
#ミセスグローバルアース関西
#ウォーキング三宮

値引き・値引きに頼ってないかい?


自分の値引きは必要か?! 


経験上、

本当に予約が埋まっていて忙しいとか、
これ以上担当する余裕がないとかになると、

基本的に
割引とかキャンペーンなどする必要がない。
僕の場合、そもそもそのようなことをしたことがない。


本当に忙しいならば、
人がさらに来るかもしれない施策を打ち出す必要性はない。


ここは誰しもが理解できるところ。



ただ、ここの線引きの見極めは難しい。


『限定〇個まで』
『先着〇名まで』

本当にその個数しか
用意していないところもあるし、

希少価値を出すような宣伝をして、
実際は表示数よりも多く用意してるところもある。



ここの真偽は店側は理解してるが
消費者側は知り得ないところ。



ただ、
割引やキャンペーンは別。


店側の意図は、単に“売りたい“
逆に言うと、何かの経営の“流れ“が悪いということ。




ルイヴィトンやCHANEL、フェラーリなどの
ハイブランド店が値引きで
商品を販売することはほとんどない。

商品ではなく、ブランド価値を売る。



チェーン店やスーパーなどが
値引きやキャンペーン、クーポンを発行するのは
ブランドではなく、商品を売る。



その違いはある。

物と人・サービスの違いもある。




トレーナーならば
スポーツジムが分かりやすい。
 

スポーツジムのチラシ・広告は
常にキャンペーンや入会特典を設けてる。

“今月、入会すれば初月無料“
“入会金や事務手数料は無料になります“
“入会すれば、ヨガマットプレゼント“



なぜそうするかと言えば、
そうでもしないと

・現状から売上も集客も伸びない
・お得感がないと人が来ない
・退会者とのバランスがとれない
・他ジムの入会キャンペーンに負ける

常にギリギリの攻防が繰り広げられる。




本当にスポーツジムの入会者も殺到して
もうこれではパンクするとかならば、

そのような入会キャンペーンとか割引なんて
どこも一切しない。

“入会待ち“の案内に切り替わるはず。



これはパーソナルジム・トレーナーでも同じ。



違うとすれば、
『スポーツジムの価値』か
『トレーナーの価値』の違い。



基本的にトレーナーのSNSやホームページを
みても思うのは、


“インスタ見て問い合わせた人は割引します“
“入会キャンペーンで割引します“
“早割や紹介割引“
“日頃の感謝を込めて、新規入会者へ還元割引“
インスタグラマーと契約して、
このインスタグラマーの人の投稿みて来た人は
割引します!


このような宣伝は
基本的にはなにかの“流れ“が悪いか、
“流れを変えたい“のだと思う。


“流れ“が良いとか、
“忙しい“ならば、どれもやる必要性がなくなる。



美容院を経営してる友人もいるが
“今まで割引はしたことがない“は同じ。

そこにいくと自分の価値を自分で落とす、
もしくは人が来すぎるからしない理由。
 

同感する。

美容院も宣伝が凄いところと、
宣伝を一切しないところと分かれる。



シンプルに割引をしないと
人が来ないということは最初の値段設定が間違えてる。




「やるな!」ではないけれど、

割引で入会したり、体験に来る人は
定期料金に戻せばもう2度と来なくなる可能性が上がる。

“来るか来なくなるボーダーライン“を
自分で決めてしまうことになる。



ここはトレーナーは本当に気をつけたいところ。

自分という人(=会社)を売ってる。


本当に良いものを売ってるならば
値引きや値下げしなくても需要はある。


安くする・下げる理由を考えるのではなく、
そうならないために
何が必要か何が足りないかを考えることが重要。



経営を学ぶとしても
“自分で決めた価値や価格“を下げて商品を売る人より

“自分で決めた価値や価格“に信念を持って
定価以上に価値も価格も上げようと
商品やサービスを提供する人から学びたい。



需要があり、人気ならば
定価のままで常に勝負できるはず。



たまにオープン価格として
営業初日からキャンペーンをしているのをみると、

“スタートから自分の価値落としたの?
と思ってしまう。目先の利益を見過ぎ…


最初から“弱気な経営“ならば、それは癖付く。
また、上手く行かない時に価格下げに頼る。


パーソナルトレーニングで提供するのは“自分自身“
自分で自分の価値も価格も落とすことはしたくない。



この業界から消えていくトレーナーで
圧倒的に多い特徴は、

“自分の価値や価格に理由付けできない人“
“自分の本当の弱点と向き合わない人“



これはどの業界でも同じ。


#パーソナルトレーニング三宮
#パーソナルトレーニング神戸
#パーソナルトレーナー三宮
#パーソナルトレーナー神戸
#ダイエットジム三宮
#ダイエットジム神戸
#パーソナルジム三宮
#パーソナルジム神戸
#ボディメイク三宮
#ボディメイク神戸
#ボディメイクトレーナー三宮
#ボディメイクトレーナー神戸
#脚痩せ三宮
#腕痩せ三宮
#お腹痩せ三宮
#ミセスグローバルアース関西
#ウォーキング三宮

自分の人生の質問に答えること


ないものねだり。


基本的には、
自分に合って、他人にもあるものを
ねだったり、批判する人はいない。


自分になくて
他の人にあるものを否定したり、ねだったりする。
 


人は欲の塊でもあるが
欲が満たされないと
満たされてる人を批判しやすい。



容姿、お金、才能、知識、地位、環境、性格、仕事、
家族、資産、実績、自由、余裕、幸福、行動など



トレーナーで多いのは、

自分の結果や実績がない人ほど
他トレーナーやジムの結果や実績にケチをつける。


自分にトレーナーの資格が1つもないと
「トレーナーに資格なんて必要ない、大切なのは実力だ!」
と資格にケチをつける。


稼げないトレーナーは
稼いでるトレーナーを見つけては
弱点ばかりを見つけようとして、批判する。


自分に影響力がないと
影響力があるYouTuberやインスタグラマーを
“知識“というマウントをとって批判する。


トレーナー1本で飯を食べたり、信念を持つ人は
トレーナーが副業したり、
違う分野で稼いでいたりすると
そのようなトレーナーを批判する。


コンテストに出場したが、
自分が入賞できなければ
その入賞者や大会にあれやこれとケチをつける。




結局、人は自分にないものを批判する。




それならば
ケチをつけたり、批判する人のやるべきことは
決まっていて、

ないものを得ること。
なんとか頑張れば、得られるものならば得ること。



別に伸びない身長を“あと5㎝伸ばす“とか
そんな不可能なケースを言ってるのではない。



行動してる人を批判する人たちの共通点は、
行動しない人。


トレーナー1本で
この先、それだけに専念してもよいし、

トレーナー以外の
副業(複業)をしてもよい。



どちらもそれぞれの正義。
法律もルールもない。




ただ、法律やルール違反をしてるならばダメ。




この場合
トレーナー1本で勝負して、
毎日のように知識や技術のために勉強する人は
副業をする人を批判するが、


トレーナー以外の副業をしてる人は、
トレーナー1本で専念してる人のことを
批判とかではなく、

“心配だけしている“


別に副業をしていない人を批判しても
こちらとしては得るものを得てるのだから
そこを批判するメリットが1つもない。



結局、ある人より
ないものが多い人ほど批判しやすいのは変わらない。


僕がよくSNS内でも発信するが
余計なお節介として心配をしてるとすれば、


“またコロナみたいな感染症がくれば集客も収入も減らない?“

“大きい怪我や病気をすれば大丈夫?“

“街が倒壊するほどの大きな地震がくればトレーナーとして活動できる?そんな中でも来てくれる人はいる?“

“オンライントレーニングとかはまだ需要がある?“

“トレーナーができなくなった場合はどうするの?“

“40代、50代もトレーナー1本?“



いろんな質問をした時に
即答で「大丈夫!!」と言えるならばよい。



SNSで
セミナーや講習会、集客を宣伝していても

いざSNSが使えなくなったとか、
インスタがもう使えなくなったら、

収入も集客も
途絶えるとか、減るとかになってる働き方が
1番危険になる可能性もある。



そのような事態になる可能性もゼロではない。



結局、
SNSやオンライン頼みになり、
働き方か稼ぎ方としては“自立していない“のでは?
と考える。


批判する側の準備として、

「じゃあ、あなたはどうなの?」

の質問が来たときに答えられるがどうか。



もしくは、
1つ目の質問を答えとして、
その次の質問、次の次の質問
どこまでも質問に対して答えれるかどうか。


まずは
誰のことなんてどうでもいいから、

“自分は“できてるかどうか。
自分で自分に対して、
たくさん質問を投げかけて全部答えられるか、
答えられる準備をしてるかどうか。


その後に
他人に質問するから、説得力がある。


自分への質問を無視して、
向き合わずに、

他人に質問したり、
他人を批判するのは違う。


未だにトレーナーが副業することについて
批判は来るけど、

こっちは
批判ではなく、質問でしか返してない。


その質問で返信が返ってきたことがない。
ブロックされるか、
返信が来ても


「死ね」
「くたばれ」
「トレーナーの恥」
「まぁそれで頑張ってな」


来た意見に対して、
答えて、逆に先程のような質問してるのに、

相手側が質問の準備ができていないと
答えではなく、
さらなる暴言が返ってくること理解した。


結局、
質問はするが、質問から逃げているならば
損をするのは答えを出せない側。

#パーソナルトレーニング三宮
#パーソナルトレーニング神戸
#パーソナルトレーナー三宮
#パーソナルトレーナー神戸
#ダイエットジム三宮
#ダイエットジム神戸
#パーソナルジム三宮
#パーソナルジム神戸
#ボディメイク三宮
#ボディメイク神戸
#ボディメイクトレーナー三宮
#ボディメイクトレーナー神戸
#脚痩せ三宮
#腕痩せ三宮
#お腹痩せ三宮
#ミセスグローバルアース関西
#ウォーキング三宮

言葉は美容液


昨日、cafeで勉強中…

後の席で
ママ友同士が“旦那の嫌いなところについて“
話していた。


よく出くわすシーン。


旦那ではなくても
彼氏や彼女、夫や妻、子供、親族、知人、友人、
会社の先輩や後輩など

不満や愚痴、悪口。


そこで悪口を言っても
そこで共有するその時間内の感情は、


“普通以下の嫌いに近い感情のみ“


好きという感情はまずない。


その瞬間は
ストレス発散にはなるかもしれないが
長期的に考えれば、ストレスも不満が積み重なっただけになる。



僕自身、 
その時のパートナーについて
今まで友達にも知人にも
“自分のパートナーの評価を落とすこと“は
言ったことがないから、理解できないだけかもしれない。



ただ、
自分のパートナーや友人など
自分に関わる周りの人の評価を落とすような
愚痴や悪口は、

結果的に
“自分の評価を落としてるだけ“ではないか。




自分だけを棚に上げても
結局は自分が批判してる環境にあなたがいる。


周りを否定することは
間接的に自分を否定しているのと同じ。



周りの評価=自分の評価




仮に
愚痴や不満を誰かにアウトプットをしても

その会話の最後で締めくくるのは
その対象者の“良いところ“ や“好きなところ“の
アウトプットで終わる方が

そのストレスは
本当に発散できたということになるのでは?



愚痴や不満を言ったらダメとかではなく、
言うならば終わり方も考えること。



不満だけを伝えても
それを理解した友人がその熱に合わせ、同調して
追撃をしてくれるでしょう。




「あ〜スッキリした!」



その心理は 
ネットで誹謗中傷してスッキリしてる人と
なんら変わらないストレス発散方法。


でも、
世間ではそれを“ストレス発散“というけれど
僕は逆だと思っていて、
“新しいストレスを次から次へと生み出してるだけ“
ではと思ってしまう。



だから、
愚痴を言う人は
また日常生活で新しい愚痴を探すし、見つける。

それで新しいネタにして
嫌いという感情を抱いて、
また愚痴る。


ネットで誹謗中傷する人も
その負のサイクルの連続。




僕がその愚痴る人に愚痴るならば、
「ただ、ストレス発散と思いたいだけでは?
 そりゃパートナーもあなたを好きならないよ」





昨日の人は
結構キツいこと言っていたので、
恐る恐るどんな人なのかと2人の顔を見てみた。




再確認したのは、
“人が悪口を言う時の顔は
 見た目とか関係なく、ブサイクなんだなぁ“




どんなに綺麗な人でも
その瞬間はとてもないブサイクになる。




悪口を言ってる自分を
客観視したり、鏡でみたり、動画を撮ってみると

自分で自分の顔は好きになれないと思う。



おそらく周りで見てる人からも
あなたは幸せそうにも、綺麗にも見られない。
笑顔にもさせない。

 


僕の場合、仕事以外では
愚痴や悪口しかないグループや飲み会、環境には
自分から“お金“も“時間“も絶対に使いたくない。


そのような他人の癖も思考も感染伝染する。
コロナよりもタチが悪い。



笑顔で終わるとか、
「良いやん」「凄い」「カッコいい」「天才」
とかで終わる会話で終わりたいよね。


誰かと対話する時は
基本的にその軸に戻れるように
そこで終われるように
僕の場合はする。




パートナーは1番自分をわかってくれる存在。




感謝!尊敬!愛情!
そこに必ず帰結すること。



#言葉がなによりの美容液

#パーソナルトレーニング三宮
#パーソナルトレーニング神戸
#パーソナルトレーナー三宮
#パーソナルトレーナー神戸
#ダイエットジム三宮
#ダイエットジム神戸
#パーソナルジム三宮
#パーソナルジム神戸
#ボディメイク三宮
#ボディメイク神戸
#ボディメイクトレーナー三宮
#ボディメイクトレーナー神戸
#脚痩せ三宮
#腕痩せ三宮
#お腹痩せ三宮
#ミセスグローバルアース関西
#ウォーキング三宮

1 / 11