お知らせ

責任とは?


「一生リバウンドしない食事方法(メソッド)」
「誰でも痩せる方法」
「ストレッチで誰でも痩せる・細くする技術」


ここから僕がいつもいつも思う疑問について、
共有していく。



よくこのような謳い文句をするトレーナーは多い。



一生…?
誰でも…?



「えっ、あなたはその人が痩せてから
 死ぬまで一生リバウンドしていないのを
 確認したの?」

「仮に確認できたとして、
 あなたは過去のお客さん全員の一生を見届けて
 リバウンドしていないのを確認したの?」


「誰でも痩せる?
 では、あなたはこれまで痩せさせたのは何人?
 ただの数人、数十人規模の話?」

「仮に100人全ての人を100%痩せさせても
 たかが100人程度の成功で“誰でも“ になるの?」


のように
僕はパーソナルトレーナーの立場として思う。



ここの部分だけでも
「確かに!」と思ってもらえるかと。


なにを持って
『一生』と自信満々に言えるのかいつも疑問がある。
 


トレーナーは
【重い意味を持つ言葉を軽く扱いすぎ】




『一生』という言葉を使えば
身体に悩みがある人からすれば安心はある。



“一生癌にならない食事法“とか
“誰でも癌が治る方法“とか言われたとしても
誰しもが怪しいと思いながらも気になる。




トレーナーは、
本当に『一生』『誰でも』『必ず』『絶対』
などのパワーワードが本当に好き。



これに共通するのは、
詐欺師やネットワークビジネスを勧誘する人たちが
よくこのパワーワードを使う。


「一生お金に困らない」
「誰でも不労所得にできる」
「必ず成功する」
「絶対稼げる』



先に述べたように
一生リバウンドしなかった人を証明できる人って
誰1人としていない。



仮に
20代のお客さんを10kg痩せさせて
その人が80歳で亡くなるとする。

それまでこの人が
一回もリバウンドしてないことを
あなたが確認して、

初めてデータがとれて、
『一生』と言えるのでは?





このような不明確な
詐欺ブランディングするトレーナーは
本当にここ最近増えている。




集客したい…
信頼を作りたい…
肩書きをブランディングしたい…
周りにすごいと思われたい… 

いろんな思惑はあると思うが、
見栄張りすぎ!





ただ、1つ言わせて!




お客さんは
その“パワーワードに“ お金を払うわけであって、
“あなたに“ お金を払う訳ではないということ。



「一生」「誰でも」
に対してのあなたの理論や情報を
求めてきて、
その対価としてお金を頂くならば、


最低限は
その証拠や実績を証明しないと
成立しないのでは?



あなたに価値を付けたのは
“あなた自身に“ではなく、
あなたが発信した“パワーワード“




それを証明する必要が必ずある。



なのに、
それを証明する結果や成果、データを
提示できないのは『ただの詐欺』



パワーワードを使った情報に対して
お金を払ってもらってるならば、
その成果やデータを示すのは当たり前のこと。




トレーナーとして、
そのようなパワーワードを使うを使うならば
確実な証拠を提示すること。




「できないのならば、簡単に安易に使うな!」




あのライザップでも
そんなパワーワードは使わない。


それどころか
『結果が出ない人には返金します!』

との予防線を張ってる。



ライザップが集客がうまいのは、
よくCMのビフォーアフターと
思われがちだけど、

CMはただターゲットに
興味・関心を惹かせるためだけのツールであり
実際はCMはきっかけにすぎない。



そこから体験やカウンセリングなどの
次のステップにて、
「安心」「信頼」「行動」をしてもらう。

それが『全額返金』というサービス。
他にはない『付加価値』をつけた。



その「全額返金」というワードが
ライザップ側の自信を明確にし、
消費者側に保証という「安心」「信頼」を持たせ、
入会という「行動」を起こしたもの。




もし、パワーワードを使うならば
リバウンドしたら…
痩せなかったなら…
『全額返金』はセットにするべき。



それができないならば、
あなたが担当してきたこれまでのお客さんの
一生リバウンドしていない証拠を
提示すること。



これが最低限のパワーワードを使う上での常識!

#パーソナルトレーニング三宮
#パーソナルトレーニング神戸
#パーソナルトレーナー三宮
#パーソナルトレーナー神戸
#ダイエットジム三宮
#ダイエットジム神戸
#パーソナルジム三宮
#パーソナルジム神戸
#ボディメイク三宮
#ボディメイク神戸
#ボディメイクトレーナー三宮
#ボディメイクトレーナー神戸
#脚痩せ三宮
#腕痩せ三宮
#お腹痩せ三宮

ネット型ホームレス


個性が死ぬブランディング。


多くの人が陥る『同調圧力』。
みんな同じことをする。


他人の意見にどうしても流されてしまう…
頭では分かっていてもやめられない…
同じ発信になり、自分を見失う…



その理由は、
『自分に自信がない』が原因。



自分に自信がないから、
自分の意見、考えを貫き通すよりも

○とりあえず他人の意見を聞いておいたほうが楽
○周りもやってるならば私もやろう
○周りはお金について学んでいないから自分にも必要ないかも

他の人の意見や空気感に身を任せてしまう。





これは日本人特有のもの。





自分の意見や考えをなんとなく持っていても、
人の意見に流されずに、
自分の判断・決断できるという人は少数派。




現に、
ダイエット系インスタグラマーや
エクササイズ系YouTuberはたくさんいるが、

トレーナーは
“自分がやりたいこと“ を後回しにして
“周りがやってること“ に時間を費やす。




結果、
中途半端な発信で終わり、
差別化もできず、
個性を見つけるのにまたネット界隈を彷徨う。



“ネット型ホームレス“
 



人と違うことはパワーになる。
人と違う価値を提供する。
人と違う差別化を作る。


誰もがここの大切は理解している。



ただ、
理解していても
不安から同調圧力に屈する。




この1年成長した?
この1ヶ月成長した?
昨日よりも成長した?



その形はなんでもよい。
1年前よりも収入が増えたのか?
1年前よりも信頼度が増えたのか?
1年前よりもファンが増えたのか?



ここでは、自信が付いたとか
自分で採点する自己評価は一切要らない。



目に見えない抽象的なものよりも
実体がある具現化・具象化が必要。


実績、実体がないものを
見栄を張って作り出すのはここでは問題外。




トレーナーのアイデア・発信力が偏る現実。

人と同じこと、
同じような発信をしても
トレーナー業界や情報社会により
あなたは埋もれていくだけ。


その中から
『自分を見つけてもらうこと』なんてかなり困難。



心の奥で自分の発信は
“いつか誰かに届く“ と思っていないか?



個性のない発信は誰にも届かない。
むしろ、調べてすぐに出てくる情報発信ならば
“ダイエット情報の底辺“にいることを
自覚した方がよい。




『個性が活かせていない』のと
『個性を自分で殺している』は大きな違い。





すでに多くの人はネットに溢れかえる
ダイエット情報に対して、
飽きてるし、嫌悪感を抱く人もいる。




前回の投稿から、
どのようなことをすれば高齢者の方に届くのか。
高齢者に紹介してもらえる導線を作るのか。


方法はなんぼでもある。


 

高齢者施設に直接連絡を取ったり、
直接赴いて企画書などを見せて、

「無料でレッスンさせてほしい」
と頼み込むのでも良い。



最後は人と人がしっかり会うことで決まる。
文字や動画だけの発信で
仕事が決まることはほとんどない。



その中で、

なにを無料化にして、なにを有料化にするのか。
ネット上の名刺をどのように差別化を作るのか。
その名刺は信憑性と信頼性があり、嘘がないか。
オンラインとオフラインの強みを理解してるか。



僕が
高齢者向けエクササイズや
幼児向け教室をするにしても
産後ダイエットをメインにしても

そこをしっかり理解してからやる。



おそらく
これをするだけでも他のトレーナーよりは
成功する勝率は上げられる自信はある。



是非、参考まで!


 #パーソナルトレーニング三宮
#パーソナルトレーニング神戸
#パーソナルトレーナー三宮
#パーソナルトレーナー神戸
#ダイエットジム三宮
#ダイエットジム神戸
#パーソナルジム三宮
#パーソナルジム神戸
#ボディメイク三宮
#ボディメイク神戸
#ボディメイクトレーナー三宮
#ボディメイクトレーナー神戸
#脚痩せ三宮
#腕痩せ三宮
#お腹痩せ三宮




名刺と日記の違い

『誰に売るか?』


「名刺」と「日記」の違いについて、
少し共有していく。



インスタで発信する時は
常に誰かに見られてることを想定する。

その先に仕事の依頼が来るかもしれないという
発信をする。


少し言い方を変えると
「ビジネス」なのか「プライベート」なのか。



誰に届けたいのか。



例えば、
高齢者向けに怪我予防や健康、
機能改善トレーニングを軸に、

今後そのトレーナーとして活動していきたい!
という目標があるとする。



その中で、
例えばインスタやSNSなどで
そのような人たち向けに有益な発信をしても
高齢者にその発信は直接届くことはない。



なぜならば、
○そもそも携帯を持っていない
○持っていてもインスタの使い方を知らない
○インスタをしてもあなたのアカウントに辿り着かない
○辿りついたとしても難しい内容は高齢者限らず、共感度が低くくなる

#ちなみにうちのじいちゃんは90歳でスマホを使い始めた
#先日その光景を見て笑ってしまった




誰に届けたいのか。




自分の活動やサービスを
その人たちにも認知してほしい。

知識やサービスを売りする人たちならば
誰もが思うこと。



「売りたいターゲット」を決めていても
その発信はターゲットには届いてないことはある。



幼児向けの体操教室も同じで
理論をたくさん発信しても
幼児は携帯を持ってない。




発信者は必ず受信者が誰なのか
明確にすること。




高齢者向けのトレーニングを広めたいならば、
受信者は高齢者ではなく、

その高齢者の家族や
そのような施設を運営する人。


その場合、
難しい理論や科学的根拠に基づいた発信は
一切意味がない。




近道で混んでる道よりも
遠回りだけど空いている道。

結果、早く到着するのは後者。





仮に僕ならば、
高齢者向けに行ったセミナーや運動教室などを
SNSやYouTubeにて
誰でも観れるようにアップする。


その材料がそもそもないならば、
施設などに
「無料で教室をやらせてください!」
とお願いする。



本来ならば、
お金をもらって有料化する本サービスを
全て無料化にする。


最初にやるべきことは
お金を稼ぐことではなく、
嘘や偽りのない『信用できる名刺』を作ること。



それは一見、
遠回りだけど
結果は近道になる。



誰にも伝わらない
ただの「日記」のような発信よりも

動画1つ見れば自分を理解してもらえる
「名刺」を作る。




提供価値を入れ替えること。



いつもと逆の発想から考えれば
見える視野が裏と表に増えて、
思考も行動も2倍になる。


みんなが同じことをやってる表だけをやっても
1から足し算のような積み重ねしかならない。



自分の広告を自分でデザインすること。
それが、名刺代わりになる。


今、肩書きなんて
トレーナーはみんな同じ。

投稿内容もみんな同じような発信ばかり。

これって受信者の皆さんも同じことを
思ってるはず。


思ってないのは、
発信者のトレーナー側だけ。



SNSやYouTubeは
もう名刺や履歴書と同じ価値を持つ。


信憑性のない肩書きや
みんな真似し合ってるダイエット情報や
トレーニング動画。




個性が死んでる…
#個性の自殺



仮に、
どんぐりの背比べの
その中から選ばれるならば
カッコいい!綺麗!スタイルが良い!
などの容姿だけ。


ならば、
実際に動画を発信したり、
活動内容をオープンにした方が
見る方は信憑性、信頼、安心が出る。



ブラックボックスを作れば作るほど
コアなファンしか作れない。


いろんな人に広めたいサービスならば
まずは認知からでしょ!?



『ターゲットに伝えたい!』
ならば、
『伝えるためには?』をしっかり因数分解すること。




#内容が収まらないので次回に残り投稿します

#パーソナルトレーニング三宮
#パーソナルトレーニング神戸
#パーソナルトレーナー三宮
#パーソナルトレーナー神戸
#ダイエットジム三宮
#ダイエットジム神戸
#パーソナルジム三宮
#パーソナルジム神戸
#ボディメイク三宮
#ボディメイク神戸
#ボディメイクトレーナー三宮
#ボディメイクトレーナー神戸
#脚痩せ三宮
#腕痩せ三宮
#お腹痩せ三宮

Y様のボディメイク結果(脚痩せ編)

40代のY様。

他のパーソナルジムで
脚痩せのための通われましたが、

重い負荷でスクワットや脚をメインにしたトレーニングを
やり過ぎたことにより、

「逆に脚が筋肉質になってしまった…」

との悩みでうちに来られました。

もともと華奢な体型ではありますが、
脚の太さにコンプレックスを持ってました。

正しくボディメイクをしたい!!との要望。

トレーニングの結果…51CDCFC7-758F-4273-97E0-A4EC66A1435B

脚の太ももの前張りがなくなり、
脚のラインも細くなりました。

体重は一切変わってませんし、
食事も一切変えてません。

スキニーなどの服にも余裕ができました。

脚痩せは得意分野ですので、
是非、脚痩せのお悩みの方は
ご連絡下さいませ!

#パーソナルトレーニング 三宮
#パーソナルジム 三宮
#ダイエット 三宮

In bodyがあなたのボディメイクを失敗させる②


そもそも
体組成計やIn bodyは
美容体型や美形体型を基準に作られてるのか。


なにを基準にその器具は作られたのか。


健康?
美容?
細くなりたい人用?
筋肉を付けたい人用?


1つ確かなのは、
女性が理想とする美容体型や美形体型を基準に
作られているIn bodyや体組成計、市販の体重計は

『この世に1つもないということ』だ。



ここの現実を理解した人は、
ここから先を読んでください。

「そんなことない!」
と思った人は、
そっとこのページを閉じてください。






では、本題。





綺麗な体型やモデル体型を目指す人が
In bodyを測って、

腕の筋肉が少ない(青色ゾーン)と診断されたら、
その人は標準(黄色ゾーン)を目指す必要はあるのか?


答えは、NO。



なぜならば、
その測定器は美容や美形、美ボディではなく、
『健康体』がベース。




ここをごちゃ混ぜにしすぎると
180度違うアプローチになる。


筋肉力を標準の枠に入れたがる
トレーナーとダイエッター。



『標準値は、美形美容値ではない』



もう少し分かりやすく例えると、

160㎝ 46kg BMIが17,9
の女性に対して、

(BMIは、身長と体重から算出される肥満度を表す体格指数。BMI = 体重kg ÷ (身長m)2)


「世の中のBMIの標準値が20〜22ほどなので、
 52〜55kgまで体重を増やしましょう!
 標準値目指して頑張りましょう!」

と言ってるのと同じぐらいズレてる。



結果、指導者の言う通りにして、
標準値の体重にしたら
少しむっちりか、ポッチャリ体型になる。



回りくどいのは嫌いだから、
どストレートに言うと、



「In bodyは無視しろ!
 数字ではなく、体型や見た目を見ろ!」


だって、
数字は他人が見ても分からないけれど、
見た目は他人にもすぐ分かる。


みんなそこを重視してるのでは?


中身を気にするのは、
血、血管の状態や内臓の状態ぐらいでよい。
それで、なによりも健康である証拠。




話戻ると、

In bodyを基準にすると
体型に悩むケースが
二の腕や脚痩せに悩む女性に同じことが起きる。




In bodyの結果や数字だけを見て、
標準値にしたがるトレーナーやエステティシャン。



最初のカウンセリングにて
そこを基準にしてしまうから、
ボディメイクが成功しない。


“青色のゾーンをあればダメ“
“黄色のゾーンならば、「赤を目指して!」“

この安易なアドバイス。
その先入観や固定概念は危険。




人にも時代に全く追いついてない
不完全なそんな機械よりも

数字を見るのではなく、
まずはその人の身体(骨格や筋肉・脂肪の付き方など)をあなたの目で判断すること。



トレーナーの技術や知識は向上してるが、
In bodyや体重計の技術がここ数年向上したのは
「携帯電話と連携」できた技術ぐらい。




トレーナー側が数字に捉われるから
クライアントも数字に捉われる。


二次災害が起きてる状況。



『1回、In bodyや体組成計から離れろ!』



1ヶ月間、それから離れるだけで
あなたのボディメイク技術や考え方が
絶対に変わるから!



今後、もしかすれば
女性に特化した美容体型や美形体型、
モデル体型を基準にしたIn bodyが
できるかもしれない。



ただ、今はない。
ここの現実は本当に理解してほしい。



In bodyは
あくまでも入会させやすくするためのツール。


本当にあなたを変えたいと思ってくれる人は
あなたの身体をしっかり見てくれるから!!


少なくとも
僕が凄いと思ってるトレーナーは
In bodyとか数字には拘らない。


それは僕も同じ。


#パーソナルトレーニング三宮
#パーソナルトレーニング神戸
#パーソナルトレーナー三宮
#パーソナルトレーナー神戸
#ダイエットジム三宮
#ダイエットジム神戸
#パーソナルジム三宮
#パーソナルジム神戸
#ボディメイク三宮
#ボディメイク神戸
#ボディメイクトレーナー三宮
#ボディメイクトレーナー神戸
#脚痩せ三宮
#腕痩せ三宮
#お腹痩せ三宮

In bodyがあなたのボディメイクを失敗させる①

【In Bodyが人のボディメイクを失敗させる①】



ジムやエステの体験に行けば、

In Bodyで
・体重
・体脂肪率
・各部位の筋肉量や脂肪量(腕、脚、体幹部)

などの計測をするところが多い。



そもそもIn Bodyとは?


体を構成する基本成分である
体水分、たんぱく質、ミネラル、体脂肪を
定量的に分析し、
栄養状態が崩れていないか、
バランスよく発達してるいるか、
人体成分の過不足を評価する測定器。



筋肉量(脂肪量)が少なければ、青色。
普通なら、黄色。
多いならば、赤色で表示されることが多い。



それを基準に、
「あなたの脚の筋肉量が青色(少ない)なので、
 まずは標準の黄色を目指しましょう!」

「今、黄色(標準量)だけど、次は赤色(多い)を
 目指してトレーニングしましょう!」


このようなアドバイスが多い。



ジムやエステなどの体験で
最初にIn Bodyで計測させるのは、
入会させやすくする1つのツールだから。



足りないものを数字で自覚してもらい、
先の不安を煽ることで、販売促進に繋げる。



ここまで、
この業界内でよく知られる当たり前の話。



ここからが、本題。




例えば、
脚の筋肉量が少ない(青色)人がいたとする。


ジムのアルバイトやスタッフが言うのは、
「筋肉をもっとたくさんつけましょう!」
「筋肉量を増やして、黄色や赤色の枠を目指しましょう!」




ここで、
「それでかぁーーー!!!」

と思ってくれた人は何人かいると思う。



ここでの最大のミスは、
そのIn Bodyで出た結果をもとに
トレーニングメニューを組むこと。



『その人の身体を直接見てではなく、
 数字だけを見て、メニューを組むこと』



その結果、
「では、脚の筋肉が少ないので
 スクワットやレッグプレスやレッグカールをやりましょう!」


このような安易なアドバイスになる。


脚と言っても、
太ももの前もも、裏もも、外もも、内ももと幅広くある。


もしかすれば、
外側は筋肉が張ってて、
前、裏、内は脂肪が多くて、

結果的に脚は青色(少ない)と表示されているかもしれない。


実際、このケースがほとんど。



その中で、
ジムスタッフの認識が

“この人は脚の筋肉が全体的に少ないぞ!“

であれば、
外ももを使うようなトレーニングも
メニューに取り入れてしまう。


これはヒューマンエラーとかではなく、
ただのシステムエラーによる誘導。




このエラーが最初に起これば、
あとはもう負のスパイラルへ。

その女性はメニューを組んでもらった喜び、
そして、このメニューをやれば
脚のトレーニングを“細くなる“ と思って
トレーナーを信じて必死にやる。
 


結果、
数ヶ月後には
脚が太くなったり、よりサイズ感が増す。



「えっ、なんで??」



疑問に思いながらトレーナーに相談する。



ただ、
トレーナー側はその見た目よりも
In Bodyの数字で判断するので、


「これは筋肉がついてきてる証拠です!
 これから筋肉が脂肪を燃やしていくので
 そのうち、脚は細くなっていきますよ!」



「あっそういうことか!」
なんとなくそれっぽい理論を
伝えられた女性は、

再びトレーナーの言葉を
信じて脚のトレーニングを再開。




この先は地獄しか待ってない…




クライアントには一切の責任もない。
このあり得ないアドバイスをしたトレーナーにも責任はない。


ヒューマンエラーから起きたのではなく、
そのシステムがヒューマンエラーを作り出している。



トレーナーは表示されてる数字を信じてるだけ。


だから、
未だにスポーツジムやエステでも

「脚の筋肉量が少ないから、脚のトレーニングを
 やりましょう!」

などのエラーが毎日のように起き続ける。


ここは本来、システムエラーから
改善しないとこの先も影響受けてしまう女性は増える。



②へ続く

#パーソナルトレーニング三宮
#パーソナルトレーニング神戸
#パーソナルトレーナー三宮
#パーソナルトレーナー神戸
#ダイエットジム三宮
#ダイエットジム神戸
#パーソナルジム三宮
#パーソナルジム神戸
#ボディメイク三宮
#ボディメイク神戸
#ボディメイクトレーナー三宮
#ボディメイクトレーナー神戸
#脚痩せ三宮
#腕痩せ三宮
#お腹痩せ三宮

誰に何を伝えたいのか?

パーソナルトレーナーの職業は
ここ10年以内に定着してきた職業。

もちろん
それ以前からもこの職業はあった。

僕自身は
フィットネス業界に携わって
まだ10年も経ってない。

インスタを始めて、
もう5,6年ほど。

最初はダイエット系の発信が多めで、
多くの方からフォローをして頂き
半年ほどで1万人を超えた。

でも、
ここ2年ほどは“トレーナー向けへの発信“
に軸を置いてる。

お陰様で、
一気にフォロワーは当初から比べると
5,000人も減った(笑)

と言っても、
あまりそこの数字が増える、減るとかは
全く気にしたことがない。

「フォローしてください!」
「いいね!してください!」
「メンションしてください!」
「拡散してください!」

一度も僕から言ったことはない。
簡単に言えば、そこは本当に興味がない。

ある意味、
僕はインスタを使いこなせていない。

「なぜ、山野さんは
ダイエット系の発信をほとんどしなくなったの?」

当時は、めちゃくちゃ質問された。

答えはシンプルで、
僕がダイエット系の情報を発信すればするほど
その情報でまた悩む人が増えるからだ。

発信できることは素敵なこと。

だけど、フォロワーさん達が
その発信を鵜呑みにして
固定概念や先入観を抱く人は増える。

よかれと思った発信が
誰かのダイエットを邪魔する可能が高い。

僕の情報がどんなに正しくて、
理論的であっても
ある人からすれば間違えた情報になることもある。

『もうみんな理解してるはず!』

SNSやYouTubeでも
情報が多すぎて、
どの情報が正しくて、
どの情報が自分に正しくて、
誰が本当のことを伝えてるのか分かってないよね?

どのトレーナーもなんちゃってトレーナーも
「絶対に痩せる方法」
「誰でも細くなるエクササイズ」
「あのジムのダイエット法は間違えてる」
「私が痩せたダイエット法とは!」

ここ数年、
情報に疲れてない?

今、
トレーナーもダイエッターも
やらなければいけないことが
もう次のステージに来ていて、それは

『情報を捨てること』

ここは以前から何度も何度も伝えている。

それをまずやるべきは
発信源である『トレーナー側』

僕がしっかり情報を伝えるのは
僕が担当しているクライアントのみ。

だから、
僕がどのような指導をしていて、
僕がどのようなトレーニングを指導してるかなどは
ほとんど出回ってなくて、

トレーナーにすら共有していない。

隠してるとかではなく、
正しい情報は自分が担当してるクライアントに
提供する。

だって、
みんな一人一人違うから。

だから、
この2年間はフォロワーは増やすのではなく、
結果、『フォロワーを減らす』発信になった。

そして、
やっぱり僕はトレーナー業界に携わる以上は
他のトレーナーのことが好き。
#ただ嘘つくトレーナーは大嫌い

トレーナーは終身雇用制度なんて
1ミリも関係ない。

結果が出ずに辞める人もたくさん見てきた。

トレーナーに付き纏う問題は、
『集客』か『お金』の問題。

僕はそれを具体的に解決できるノウハウは
持っていない。

それを具体的に伝えたとしても
それは僕だから成功しただけであって、
他のトレーナーが合うなんて言い切れない。

そんな不安定な
知識や情報でトレーナーから
セミナーなどでお金を貰うことはしない。

しかも、
まだ10年未満のトレーナー。

僕ができるのは、
トレーナー業は本当に不安定である職業であり、

それを理解して
あなたはどう行動するか?

どのように不安定から安定にするのか?

今、お金をかける優先順位はなにか?

トレーナー側にお金をかけて、自己投資した気になってないか?

などのトレーナーの考え方を変えること。

生意気に思ったかもしれないが、
あなたよりはトレーナー業について
真剣に向き合い、
先のことを踏まえて全て行動している。

トレーナーの需要や雇用を増やすのは
それが得意な人に任す。

僕は『トレーナーの引き出し』を
提案して、それが正しい道であることを
僕自身が証明していくことしかできない。

#パーソナルトレーニング三宮
#パーソナルトレーニング神戸
#パーソナルトレーナー三宮
#パーソナルトレーナー神戸
#ダイエットジム三宮
#ダイエットジム神戸
#パーソナルジム三宮
#パーソナルジム神戸
#ボディメイク三宮
#ボディメイク神戸
#ボディメイクトレーナー三宮
#ボディメイクトレーナー神戸
#脚痩せ三宮
#腕痩せ三宮
#お腹痩せ三宮

我慢と発散

「ストレスが溜まり過ぎて、
 買い物で発散してしまった…」

「仕事のストレスで暴飲暴食してしまった…」

この2つに共通するのは、
『ストレス発散』

これって、何が悪いの???

悪いと言う人の言い分は、
“お金の無駄遣いだ“
“食事に逃げてる“

いやいやいや!!
その発散方法をしたから、自分を救えたのでは?

だって、
自分のストレスの発散方法を
自分で理解して、
行動した結果ならばそれで良くない?

『我慢をする』
の選択肢を選ぶ方がさらにストレスが溜まり、
自己コントロールができていない証拠。

そもそも、その我慢は一生継続できる??
ずっと我慢をする人生を選ぶの??

生理期間中に食べすぎるケースも同じ。
これはマイナスなことではなく、
1つの自己コントロールができてる証拠。

まず、
衝動買いなどが無駄遣いではなく、

『お金が自分を良くするために働いてくれた』
『食べ物が自分の良くするために働いてくれた』
という考え方で良い。

『自分を守るための選択』
を衝動買いや暴飲暴食で
ストレスを発散したのは、かなり素晴らしいこと。

我慢することや
それ以外に違う方法のストレス発散を見つけることは、

それで
我慢して成功した人がいるだけであり、
違う方法でストレスを発散した人がいただけ。

『それが正しいストレスとの向き合い方ではない』

誰か個人の成功例を
ここでごちゃ混ぜにすると
あなたの身体はおかしくなる。
#混ぜるな危険レベル

『誰かの成功例=あなたの成功例』
ではない。

そもそも、
自分の選択肢した行動に対して否定的になると
それこそ二重のストレスを生む。

お金は『あなたを良くするため』に働いてくれた。
お金は本来ならば、自分を良くするために使うもの。

だれかにお金の使い方を指図するものでもない。

僕自身もこれまで
どのクライアントの方にも

「ストレスで暴飲暴食してしまった…」

という方に、
注意したり、怒ったりしたことはない。

僕でもストレスがあるならば
暴飲暴食に走ると思う。

その時の選択肢は間違えていない。
むしろ、肯定することが必要!

その発散方法に対して、
怒られたり、注意されれば
そのストレスがまた増える。

結果、逆効果。
ストレスの負のループ。

『我慢』か『発散』か
だけの言葉を見た時に、どちらが身体にプラスか。
この最初の選択肢が大切。

僕たちのできることは
『その人の罪悪感を正当化させること』

その罪は、罪ではなく、
ただの冤罪であることを伝えて、
本当は正義であることを自覚してもらうこと。

この情報化社会ならば、
「ストレス発散方法」や「メンタルコントロール」は、ネットで調べればいくらでも情報は出てくる。

でも、
この世からもあなたからも
ストレスは減ってないよね?

だって、
それらのストレス発散方法は
過去に誰かが成功した一例であって

その後もその成功した人が
同じようにストレスを
上手く解消できているかなんて
誰も知らないでしょ??

もしかすると、
その人も1回目は成功したけれど
次は同じ方法が成功していないかもしれない。

誰かの成功例なんてなんの役にも立たない。
だって、ストレスのレベルも環境も性格も
全てにおいて違う。

先にも述べたように、

僕の役割は
その人が衝動買いや暴飲暴食をしても
『正当化』できるように、

その後の『考え方』や『食事の摂り方』
などを伝えること。

#一応心理カウンセラーの資格を持ってる
#どんなに資格持ってるんだよ
#ただトレーナーには必須の資格

『発散ができた方法はそれで良い!』

そのあと!!
そこから体重が増えないように導くのが
トレーナーの本来の仕事。

自己否定ではなく、自己肯定。
罪悪感ではなく、正当化させる。

僕はトレーナーとして、
誰にも100%を提供できない。

頑張っても80%までの知識やサービスしか
提供できないかもしれない。

分からないことは分からないと言うし、
できないことはできないと言うし、
保証できないことは保証できないと言う。

僕の最大の長所は
『100%は提供できないトレーナー』であること。

だから、
信頼度はどのトレーナーよりも高い方だと思う。

#パーソナルトレーニング三宮
#パーソナルトレーニング神戸
#パーソナルトレーナー三宮
#パーソナルトレーナー神戸
#ダイエットジム三宮
#ダイエットジム神戸
#パーソナルジム三宮
#パーソナルジム神戸
#ボディメイク三宮
#ボディメイク神戸
#ボディメイクトレーナー三宮
#ボディメイクトレーナー神戸
#脚痩せ三宮
#腕痩せ三宮
#お腹痩せ三宮

1 / 11