お知らせ

マネタイズ


マネタイズ=収益化


もう少し具体的に言うと
技術や知識、サービスなどを
収益化するという意味。



ここに関しては、
いつもトレーナーは本当に下手くそだと思ってる。


学んだことを
ノートに書き記して、
インプット!インプット!インプット!
(頭が悪い人がよくやる行動)


トレーナーは本当にインプットは得意。
アウトプットはそこそこ。
マネタイズは底辺。



これは偏見とかではなく
これまでトレーナー以外の仕事は、

バイトも正社員も含めて
本当に多くの仕事を見てきて、やってきて、
感じた結果。



そもそもこの業界のシステムが悪い。



ひたすら学び…
ひたすらインプット…
トレーナー以外の学びを知らない…



お金の知識も教えてくれない。
投資の知識も教えてくれない。
営業の知識も教えてくれない。
経営の知識も教えてくれない。
企画書1つも書き方を教えてくれない。



専門学校やスポーツジム、団体チームなどで
教えてくれるものはほとんどない。


そもそも
教える講師側も知らないと言うのが最大の弱点。




高い授業料だけ払って
“生徒の選択肢を狭くさせられるような“
このシステムは当分続く。



僕が
最初になにも知らずに
トレーナー業界に入っていた時、
1番最初に思ったのは



「どのトレーナーも動かんな…
 体育会系かと思ったら、ほぼ全員草食系。
 この業界、チャンスしかないやん」



これって当時僕が思ったけど、
今の時代も同じことを思ってる人たちはいる。



それが
トレーナー系やダイエット系の
YouTuberとかインスタグラマー。


「あんたらが動かんから、
 私たちが動くわ!!何で動かんの?

 みんな勉強!勉強!インプットばかりしてる。
 じゃあ誰もアウトプットしないから
 私たちがやっときまーす!」



正直、ホンマに事実やん。




で、
先にこの業界にいた草食系先輩トレーナーたちが
その新参者インフルエンサーの発信に対して、


「あの人たちは知識がない」
「あのエクササイズはやったら怪我する」
「あの人たちは素人ですからね」


こぞってYouTubeやインスタによる発信を
陰で影響力が1つもないトレーナーが批判する。



これが1番ダサいトレーナー。
あなたの周りにもこのようなトレーナーいません?




“むしろその人たちに感謝するべきでは?“



だって、
日本のフィットネス人口を少なくとも
増やしてくれたんだよ。



しかも
この人たちは少ない情報や技術の中で
1人1人が多くの人に届くように工夫して、

アウトプットをしっかりすることで
マネタイズ化してる。
(広告収入、ステマ、情報商材の販売など)




むしろビジネスの天才じゃん!!




結局は
自己ブランディングしてるのも
しっかり稼いでるのも
しっかりビジネスをしてるのも
しっかり情報のアウトプットをしてるのも
顧客やフォロワーのことを考えてるのも



この人たちだよ。



セミナーに行っても
講習受けても

その日から
何日、何ヶ月後までには
『この知識を必ずマネタイズしよう』と
思って行動する人はどれだけいるのか。




学んで終わりなの?



いつまで義務教育してるの?



どのトレーナーも夢は口にする。
でも、どのトレーナーも計画はない。


そりゃ具体的な計画を言えないなら
夢は夢で終わる。


努力しても夢なんて叶わない。




 
このトレーナー業界の本質は
この10年なにも変わってない。


なにも成長してない。


古い体質もまだまだ残ってる。
それを良しとしてるジムも多い。



この業界の中身が
良い方に一向に変わらないから、
周りの人たちが変えてくれてる。


そもそもライザップにしても同じ。
この業界が前に進まないから
異業種のライザップが革新を起こした。


インフルエンサーやYouTuberも同じ。



その時点で批判するのではなくて、
“僕らの立ち位置ってヤバいよね…“
って気づけよ!



若いとか経験とか関係ない
業界や人の成長を止めるのは
“ただの老害“

#パーソナルトレーニング三宮
#パーソナルトレーニング神戸
#パーソナルトレーナー三宮
#パーソナルトレーナー神戸
#ダイエットジム三宮
#ダイエットジム神戸
#パーソナルジム三宮
#パーソナルジム神戸
#ボディメイク三宮
#ボディメイク神戸
#ボディメイクトレーナー三宮
#ボディメイクトレーナー神戸
#脚痩せ三宮
#腕痩せ三宮
#お腹痩せ三宮

あなたは何料理が好き?

僕より凄いトレーナーは
この世に何百、何千、何万何といる。



ただ、
確実に言い切れるのは

『僕と同じことができるトレーナーはいない』



それはどのトレーナーもみんな同じ。




僕よりも知識が凄いトレーナーもいれば、
僕よりも結果を出すトレーナーもいる、
僕よりも稼いでるトレーナーもいる。



僕が“1番“というものはないが、
総合的に見て僕にしかできないことはある。



ここでもそれを
やろうとするか、しないかはある。



細かい解剖学、脳とか神経とか
興味がないし、
深く学ぼうとも思わない。


それが好きな人、
興味がある人、
その知識で仕事にする人ならば
たくさん学べばよいと思ってる。



正直に“負け“ を認めてる。
もしくは、必要すらないと思ってるかです。



料理人に、
「あなたは料理人だから、全ての栄養も食材も
 完璧だよね?」

「あなたは料理人なのだから、
 どんな料理も作れるよね?」



こんな的外れな質問をする人っていない。



和食専門の料理人に、
フレンチもベトナム料理もパナマ料理も
なんでも作れると思う人はいない。


どの専門職でも
さらに専門分野や得意分野というのはある。


大学教授でも
経営を教える教授に心理学を求める人はいないし、


医者でも
脳外科を専門としてる医者に
産婦人科の知識を求める人もいない。


離婚専門の弁護士のところに出向いて
建築トラブルについて相談する人もいない。


アスリートでも
野球選手にサッカーが
うまくなるにはどうすれば良いかと
相談する子供もいない。



知識量がたくさんあり
それが得意なトレーナーは
そこで頑張ればよい。


ただ、
知識量は必要最低限あり
トレーナーとして活動していくのに
そこまで必要ないならば
自分の得意分野を伸ばせばよい。




「世の中、本物のトレーナーの
 知識がないトレーナーは本当に多い」

「トレーナーとしてのビジネススキルがない
 トレーナーは多い」

「マネーリテラシーがないトレーナーは多い」


とかの煽り文句から
自分の商品やサービス販売への誘導。




ぶっちゃけ
“そんなに必要なものでもない”




そもそも受信者側は焦りすぎ。
みんななんらかしらの【差】があって普通。



前回の投稿でも伝えたが、
ただの経過(もしくは過程)を結果と
思い込んでるトレーナーや講師は9割以上。



トレーナーが脳について詳しくても
それはまだ経過。
その知識を使うことがないならば結果もない。



講師の悪い癖は
・経過と結果を理解していない点
・幅広い分野をインプットさせる
・和食からフレンチ、ベトナム料理…
 世界各国の料理を作らそうとする




専門職の中にも専門分野があるのは
そこにそれだけを求める人がいて(需要)
その情報やサービス、モノにお金を払うから(対価)



もし、
専門職の中に専門分野がなければ
どの業界もバランスを崩す。




トレーナーでよく失敗するのは
自分の専門分野を持ってない人。



なんでもできます系のトレーナーは
結局なんでもできないから
そう見せたり、言うしかなくなる。




SNSで自分の知識のなさを自覚したり、
他トレーナーの発信を見て
自信がなくなることはよくあると思う。



でも、
あなたにしかできないこともある。



自信がないのは
自分だけの武器がないからだけであって、
 

それを
知識がないから…
環境が悪いから…
付き合う人が悪いから…
と責任転嫁しすぎる。




自分が尊敬するトレーナーに
ならなくても良いから、

自分にしかない武器を作ること。





自分の人生だよ。



自分の人生なのに
尊敬するトレーナーをたくさん作りすぎて
そこばかりに時間を取られてない?
そこばかりに人生の大半を掛けてない?



そうなると絶対に
20代、30代を振り返った時に
なんのための人生の一部だったのだろうか…
と後悔する。



「自分と同じことができるトレーナーはいない」
を目指すだけでも差別化になるのでは?






#パーソナルトレーニング三宮
#パーソナルトレーニング神戸
#パーソナルトレーナー三宮
#パーソナルトレーナー神戸
#ダイエットジム三宮
#ダイエットジム神戸
#パーソナルジム三宮
#パーソナルジム神戸
#ボディメイク三宮
#ボディメイク神戸
#ボディメイクトレーナー三宮
#ボディメイクトレーナー神戸
#脚痩せ三宮
#腕痩せ三宮
#お腹痩せ三宮

経過と結果の違い

経過と結果の違い。

ここを勘違いしてるトレーナーが
多いので一度整理する。

一応、
誰よりも経過も結果も残してると思うので
多少は説得力はあるかと。

まず『経過』

この業界で例えれば、

○大手スポーツジムとパーソナル契約を結んだ
○企業や行政と業務提携をした
○体験や数回のトレーニングや施術で変化を出した
 (身体が軽くなった、姿勢が良くなった、
  体重が減った、痛みが軽減されたなど)

これは全て経過。
特別に何か凄い訳でもない。

そして、『結果』

○大手スポーツジムとパーソナル契約を結んだ
→たくさん担当したことによってジム側にも
 新しい収益をもたらした。
 ジムの満足度が上がり、会員の退会率が減った。

○企業や行政と業務提携をした
→新しい需要を生み出し、新しい集客や利益を
 生み出した。
 企業価値や評価を高め、自分の収入も上がった。
 

○体験や数回のトレーニングや施術で変化を出した
→よくここの1回、数回の経過を結果とする人が
 多いけれど、これは経過。

 目標を達成したのではなく、
 目標への道標を作っただけ。
 
 それを何年後も何十年後も維持できない、
 継続できていないならば
 それは結果ではなく、経過か失敗。

「3ヶ月とかで体重を落とさせました!」

は一見、短期的に見れば結果に見えるが、

1年経てば
リバウンドした…
元に戻った…
摂食障害になった…

こっちが本来の結果と言える。

トレーナーが思う『結果』と
クライアントが願う『結果』に大きな差がある。

言い方を変えると、
トレーナーが思ってる結果は
“ただのトレーナーの自己満足“

もしくは、
自分の中で
結果を良いところまでに留めて
先の悪い結果は自分とは関係ないとする“自己都合“

クライアントからすれば
1回だけの効果や何ヶ月の効果が
結果と思ってる人は誰もいない。

結果と捉え方として、
トレーナーは短期的思考。
クライアントは長期的思考。
#トレーナー側のシステムが悪い

トレーナーの場合は
経過と結果の区別を理解していない場合は多い。

原因としては
周りのトレーナーや
先輩トレーナーも経過の部分を結果と
誤認してるからでもある。
#引き継がなくてもよいところ引き継いでる

トレーナー目線で見れば、
“稼げた“事実があるならば
それはそれで違う成果。

“稼げた“ も一時的な収入であれば経過と同じ。

企業提携を目的とするならば
このご時世難しいことではない。

実際に担当させてもらってる
企業案件のコラム記事の投稿や
ブライダル企業、
モデル事務所の提携、
ミスコンなどのセミナーアシスタント

過去とかならば、雑誌やラジオなどの出演など

結局ここの案件は
トレーナー側がアプローチするか、しないか。

アプローチしないならば、
よほどのコネがあるか、紹介か、奇跡的か。

さらに
インスタでもインフルエンサーの企業案件で
サプリや商材紹介なども1つの企業提携。
※僕の場合はここは全て断ってます
 たまに案件で「こういうのがきたよ」と暴露してます。

先にも述べたが
提携するのは経過。

この企業と提携できただけの
“経過“を売ることはしない。
誰かに売るとしても結果の方。

作ることはある程度できるから
あとは『その企業を勝たせること』が求められる。

そこがトレーナー側の『結果』
その後に利益は付いてくる。

一緒にやる場合、
まずは相手を勝たせることしか考えない。

その中でどのような変化を企業や人に与えたのか。

企業提携はなんのブランディングにもならない。

そこのブランディングよりも
まずは自分のブランディングを明確にしないと
そこで自分が活きるはずもない。

結果のつもりが経過。
経過のつもりが結果になる。

#経過主義
#結果主義

#パーソナルトレーニング三宮
#パーソナルトレーニング神戸
#パーソナルトレーナー三宮
#パーソナルトレーナー神戸
#ダイエットジム三宮
#ダイエットジム神戸
#パーソナルジム三宮
#パーソナルジム神戸
#ボディメイク三宮
#ボディメイク神戸
#ボディメイクトレーナー三宮
#ボディメイクトレーナー神戸
#脚痩せ三宮
#腕痩せ三宮
#お腹痩せ三宮

余命35年

「トレーナーとして稼ぎたくないですか?」
「売れるトレーナーになりたくないですか?」



なりたくありません(笑)




公務員はともかく、
近い将来、確実に分かってることは

○副業をする人は増える
○投資をする人は増える
○複業する人は増える




ここは
すでに国や企業が推進してるところであり、
まだ行動してないならば遅いぐらい。




あなたがフォローしてるような
経営者や実業家、インフルエンサーなんて
それこそほぼ全ての人が複業してるはず。




その中で、
時代に逆らうかのように

トレーナー業界は
“トレーナーとして稼ぎたいなら学べ“


ただ
これを言う人の共通点は同じ。



『収益の半分以上が
 トレーナーからお金を稼ぐビジネスモデル』



オンラインサロン、セミナー、資格講習、
コミュニティ、稼げる系や儲かる系の講座、
内容の薄いマーケティング講座など

トレーナーから稼げないと生活できない。




トレーナーに学んでほしい一心で

現状の不安や不満を煽り、
自分の稼ぎを自慢して理想を高めてもらい、
“学ばない“ と出遅れる感を引き出す。




若いトレーナーは全部鵜呑みにする。
少ない稼ぎの中から、
何万円もするコンテンツをそれぞれ購入し、
『自己投資』と自分に言い聞かせお金を使う。





おそらく、
今の時代に僕が20代前半のトレーナーだとしても

「トレーナーで稼ぎたくない?」

と問われても

「いやっ、稼ぎたくないです!!」
って言う。



トレーナーに頼らない収入源を作るために
稼ぐ方法や仕事を作る方に時間もお金も使う。




日産自動車時代でも
「お前はあと数年で年収1,000万円は稼げるのに
 辞めるのか?」

「はい、辞めます!」


外資系ホテルマン時代でも
「一流のホテルマンになりたくないのか?」

「はい、なりたくないです」




辞めるのに迷ったことはない。



僕の場合、
普通にそこに興味がないだけで
そこのゴールは別に求めてないというのが理由。




僕の性格がそれだとしても
今の時代に

「トレーナーで稼ぎたい」は正直きつい。




今、トレーナー業界はピークではない。


これから
どんどんどんどんトレーナー以外にも
参入してくる。



それこそ
副業がトレーナー業。
複業の1つがトレーナー業。
という人が増えてくる。


そんな溢れる市場で
知識や技術があれば稼げる保証は?


てか、
もうみんなそれらの差ないよ。


あると思ってるのは、
トレーナーからお金を稼ぎたい講師側ぐらい。





そもそも
この業界が最初にやってしまった最大のミスが


【この業界にフィルターをしなかったこと】

それは『資格』というフィルター。



医者になろうと思えば、医師免許が必要。
弁護士になろうと思えば、弁護士資格が必要。
不動産をやろうと思えば、宅建資格が必要。


これらの業界の資格というフィルターは
ブルーオーシャン(競争相手が少ない)を作る。


ただ、
トレーナーのように資格がなくても
誰でもいつでもなれるトレーナー業は
レッドオーシャン(競争相手が多い、飽和市場)



資格がないとできない仕事というのは
その時点でブルーオーシャンに分類される。


レッドオーシャンになることはまずない。
※ここの分野の詳細はまた別投稿します



ここのフィルターがない結果、

先のトレーナー業界の衰退を早めることなり、
稼げるトレーナーは
今後ほとんど増えることはない。

知識や技術なんてまず無意味。





別に
輸入物販、探偵業、投資関連、オンラインサロン、
不動産業、キッチンカー、レンタル事業、配達員、
スポーツバー、クラブの経営、YouTube広告収入、バスケ教室の講師、ウォーキング講師…



今やってること、
これからやることをしっかり設計すればよい。


フィルターによりブルーオーシャンを
保たれる業界に行けばよい。

あえてレッドオーシャンにチャレンジしてもよい。




業界がレッドオーシャンだとしても
自分の思考がレッドオーシャンにならなければ
トレーナー業界に縛られなくてもよい。



決められるよりも自由で生きとけばよい。
生きてもあと30年か40年ぐらい?

「あれやっとければ良かった…」
とかの後悔は絶対にしたくない。


#パーソナルトレーニング三宮
#パーソナルトレーニング神戸
#パーソナルトレーナー三宮
#パーソナルトレーナー神戸
#ダイエットジム三宮
#ダイエットジム神戸
#パーソナルジム三宮
#パーソナルジム神戸
#ボディメイク三宮
#ボディメイク神戸
#ボディメイクトレーナー三宮
#ボディメイクトレーナー神戸
#脚痩せ三宮
#腕痩せ三宮
#お腹痩せ三宮

トレーナー向けオンラインサロンはあり?なし?

トレーナー向けオンラインサロンは
あり?なし?


先に結論を言うと『あり』


ただ、
「自分が履いてるおむつは隠せ!!」




ここで言うのは
ビジネス系ではなく、
トレーナー向けのオンラインサロン。


ただ、
ビジネス系にも同じことは言える。


オンラインサロンやセミナーなどに
積極的に参加して、
学ぶことは何も悪くない。



ここの内容は過去にも何度か投稿してる。



SNSの投稿などで、
「今、〇〇さんのオンラインサロンで学んでます」
「トレーナーに必要な知識を学んでます」
「この学びを還元できるように頑張ります」


よくあるあるの投稿。




ここで多くトレーナーが引き起きす
『天秤』に掛けないリスク。




その発信を見て、

「えっ、このトレーナー学んでて凄い!偉い!」

には、まずならない。

少なくとも他トレーナーの同業者や
あなたが担当してるクライアントは
そんな感情にはならない。


ほとんどの人は、

「えっ、このトレーナーは学ぶ側?
 まだ、教える側にもなれないレベルなの?」

となる。



僕は他トレーナーが
そのような発信してると、


“その発信、恥ずかしくないのか?!
 それ逆効果だよ…“

と毎回思う。



その人がトレーナーを目指してる学生とかならば
勉強熱心で、自己投資して偉い!
と、前者の意見になるが、


お金もらってる立場ならば、
それは自分のレベルが低いことを露呈してるだけ。




学び終わってるよね…



ここの自己ブランディングは
「本当に大丈夫なの?」って思うてしまう。



さらに、
習ってるトレーナーや講師を
メンション付けまでして発信し、

その人からメンション返しで
ストーリーなどで紹介されて、
1つの小さな承認欲求で満足する。



あなたは
その1つの承認欲求で満足かもしれないけれど

見方を変えれば、
その講師から

“このトレーナーは勉強不足だから、
 うちで学んでますよ“

と、公開で醸し出されてるだけではない?!




それ見て、
このトレーナーは凄い!って思う人は
正直いない。



その発信で
“得る対価“ と“失う自分の価値
をしっかり天秤に掛けてるのか。


小さい小さい対価しかみてないのでは?






幼児や乳児でおむつをしてることを
公開しても“恥ずかしい“とかはならないけれど、


僕は大人になってもおむつをしてます!
と堂々と発信してるのと同じ。




ただ、
ここでも“おむつをしていること“ が
何も悪いとかではなくて、

大人になっても
「僕(私)はおむつしてます!」
の発信はするメリットあるの?

ってことです。


そして、
メンション付などで
さらに講師から

「このトレーナーはおむつしてます!」
と、さらに拡散されてる構図。




ここが本質。





自分の発信は
自分だけがメリットだと思っていても

周りから見れば
全員逆の意見を持つこともある。




自分の“価値天秤“にしっかり掛けること。






オンラインサロンは何も悪くない。

自分自身や知識や学びに自信がない人や
コミュニティがない人は参加すればよい。



もし今、
トレーナー向けのオンラインサロンで
頑張ってる人や考えてる人がいるならば、



○自分がそこでいつまで学ぶのか期限を決めろ!
→グダグダな学ぶなら成長する速度も落ちる

○学ぶ側から教える側までの期限を決めろ!
→いつまでも受信者じゃなくて、
 お金をもらって発信する側の期限を決めること

○無料コンテンツやその他のサロンにも入れ!
→1つだけのサロンは視野が狭くなる。
 視野が狭いと選択肢も狭くなるから、
 他業種や無料コンテンツも取り入れて、
 それぞれの価値を比べる環境を作ること。

○いい加減搾取されてることに気づけ!
→搾取されるようなビジネスを学べば
 あなたもクライアントから搾取するような
 安易な方法を選ぶ。



最低限、
その講師がどのような実績や功績を残したのか
あなたが説明できるように!


そこを1番重要なところを
説明できない人が多い。

#パーソナルトレーニング三宮
#パーソナルトレーニング神戸
#パーソナルトレーナー三宮
#パーソナルトレーナー神戸
#ダイエットジム三宮
#ダイエットジム神戸
#パーソナルジム三宮
#パーソナルジム神戸
#ボディメイク三宮
#ボディメイク神戸
#ボディメイクトレーナー三宮
#ボディメイクトレーナー神戸
#脚痩せ三宮
#腕痩せ三宮
#お腹痩せ三宮

パーソナルジムのサブスク化はあり?なし?

パーソナルに
サブスクはあり?



【パーソナルトレーニング×サブスク】
について、ちょうど1年前にも投稿したけれど、
今回もそれについて投稿。


その時は
『価値の単一性』
『時間を奪う』
という点から相性が極端に悪い…


先を考えるならば
“パーソナルジムでサブスクはしなくてよい“
という内容だった。




それから、
一年経つがサブスク化をするパーソナルジムは
増えつつある。




“パーソナルジムのサブスク化“ 元年とも言える。




サブスクとは、
サブスクリプションの略で、
ある商品やサービスを一定期間、一定額で
利用できる仕組みのこと。

月会費さえ払えば、
サービスはいくらでも使ってもよいですよ!
みたいな。




すごく“現代っぽい“ と感じると思うが
スポーツジムで働いていた身からすると
スポーツジムはまさしくサブスク(月会費)

今さらそこに凄さは感じない。



もともとこの業界には
昔からそのシステムはあった。



もちろん、そのシステムの強みも弱みも含めて
誰よりもしっかり理解している。




だからこそ、
今さらパーソナルジムが
“時代の流れに乗った“ と言わんばかりに
サブスクを始めるのが理解できない。

 

実際、
失敗してるジムが多い。


僕の場合は
これから先もパーソナルジムにて
サブスク化をすることは絶対にない。



1つ言えるのは
パーソナルとサブスクはかなり相性が悪すぎる。




前回と違うリスクを上げるならば

○一度退会すればもう二度と来ない
→スポーツジムでも同じ。
 一度解約したジムにもう一度入会する人は
 ほとんどいない。
 
 お客さんの
 “辞める覚悟“とはそういうことを意味している。



○一回分の価値を認識してもらえない
→もしサブスクをするにしても、
 必ずジム側がやるべきことは都度払いや
 回数券のプランも入れること。

 月会費だけのメニューならば
 一回分の価値をトレーナーもお客さん側も
 感じれなくなるから、お金と価値の対価を
 生み出せなくなる。

 正直、これが1番の致命傷。



○一度でもお客さんに
 「元を取らないと…」と思わせれば終わり
→仮に月額3万円でパーソナルもマッサージも
 受け放題にすると、お客さん側はその日から

 “逆算をする“ 

 ここってなんとなくみんなもするでしょ?!
 そして、その計算が崩れてくると罪悪感が出る。
  

 計算が崩れると
 “元を取らないと…“ とマイナス思考になる。
 余裕がなくなる。




スポーツジムで
“入会待ちのジム“って聞かないはず。


簡単に言えば、
退会する人と入会する人のバランスが
常に取れているからであり、

今回のコロナみたいに
極端に退会者が多くならない限り
スポーツジムが潰れることはない。


そして、
退会する人の理由は上の挙げた理由。




最初は
お客さん側も

「目新しいサービス!」
「お得かも!」
「通いやすいかも!」

などの理由で、
パーソナルジムがサブスク化しても
一周目はある程度集客できる。


逆にサブスク化をして一年以内で
集客が増えたり、収益が上がってないと
かなりヤバい…



でも、
二周目(4ヶ月目もしくは、一年後)になると
入会した時の先程の理由が

今度は不思議なことに
『退会する理由に変わる』



全く逆になる!
“てか、やっぱりパーソナルも続かない…“
“損してる…“
“通い放題は通いにくい…“



基本的に
“専門職“ がサブスク化する場合は
提供するサービスや商品、技術の質を
誤魔化す時が多い。




若い時は
焼肉の食べ放題。

質よりも量。

でも、
何度も行ったり、経験を重ねると
量よりも質。

より美味しいお肉を食べたい。




パーソナルをサブスク化するならば
○一回分のパーソナル料金を明確にすること
○価値の多様性を作り出すこと
○クライアントの時間設計を提案すること
○毎月新しい入会者が退会者の倍になるようにすること

この4つは必ず必要!



#パーソナルトレーニング三宮
#パーソナルトレーニング神戸
#パーソナルトレーナー三宮
#パーソナルトレーナー神戸
#ダイエットジム三宮
#ダイエットジム神戸
#パーソナルジム三宮
#パーソナルジム神戸
#ボディメイク三宮
#ボディメイク神戸
#ボディメイクトレーナー三宮
#ボディメイクトレーナー神戸
#脚痩せ三宮
#腕痩せ三宮
#お腹痩せ三宮

変えられるブランディングの意味

『変えられる!』
『変わります!』


ここの強みは本当に強み?



・トレーニングをすれば変えられる
・ストレッチをすれば変えられる
・マッサージをすれば変えるられる
・エステをすれば変えられる
・メンタルを変えられる


ここは受ける側、提供する側が
どちらも多くの方が必ず経験すること。



“一回でも受ければ変わる“




体験やお試しでも
トレーニングや施術を受ける前よりも

「スッキリした!」
「身体が軽くなった!」
「姿勢が良くなった!」
「肩こりがマシになった!」
「柔軟性が上がった!」
「筋肉が柔らかくなった!」
「浮腫が解消された!」
「考え方が変わった!」



ここって
100人いたら、
ほぼ100人がなんらかの変化を感じるもの。



逆にサービスを受けて
“変わらない“ を探す方が難しい。



“1回で変わる“ 
を凄くブランディングする人もいるが
全く特別なことではなく、みんなできる。




「だから、俺は〇〇が凄い!」
「僕にしかできない技術」
「他の人と経験が違う!」




正直、
そこまで変わらない。



ポキポキ、バキバキと
音を鳴らすような整体も
鳴らさない整体も同じ。


たまに
“音が鳴った方が凄い!
良くなった気がする!“

謎の基準を持つ人もいるが基本は同じ。




いろんなサービスが凄く見えるのは、
凄く見せる発信が上手いか上手くないかの違い。




一度、
サービスや施術を受ける側も提供する側も
一歩か二歩下がって冷静な判断を持って!


近づけば近づくほど視野が狭くなる。

それは物理的にもそうだけれど、
SNSも同じ。



フォローしてる人の投稿しか見てないと
視野も考え方もかなり狭くなる。



ここはトレーナーも同じ。


フォローしてるトレーナーからの
一次情報のみを鵜呑みにして、
自分から二次情報を求めないトレーナーは多い。




自分からそんなに視野も思考も狭くすれば
次の可能性が見つかるはずもなく、
その人も超えられるはずがない。



ずっと一次情報を追い求めて、
高額なセミナーや講習に参加し続けて
搾取されるトレーナーになる。



【井の中の蛙 大海を知らず】
自分が今見えている世界がすべてだと思っていて、他の視点や考え方があることを知らず、見識が狭い





それを踏まえて、話を戻す。



トレーニング、 
ストレッチ、
マッサージ、
メンタルなど


基本的には
1人でもできるものであり、

1人でやっても先ほど
挙げたような効果は出る。





1人でできな印象がある
マッサージやエステ、メンタルも

それ専用のマッサージ器、
1人でもできるエステ器具、
メンタルでもYouTubeとか本などを
見ればほとんどの人はメンタルが変わる。



ここをやったことがある人ならば
多くの人が経験していると思う。




下手すれば
人の施術よりもマッサージ器具が優れていたり、

人に悩み相談やカウンセリングを受けるよりも
YouTubeやインスタなどの心理メンタリストが
発信してる内容の方がスッキリ解決することもある。



今の時代、なんでもある。
逆に“ない“を探す方が難しい。




誰かにやってもらっても、
1人でやっても、
機械や器具、サプリなどに頼っても



“変化は誰でもでる“




あとは、そこに
自分には合うか合わないかの
『個性』というスパイスが足される。


そこから長期間なのか、
短期間なのか継続や質の差で本当に変わる。




“一回で変わる“
これはこの時代、
なんの差別化にもならないし、
長所にもならない。


誰がやっても何を使っても
一回で変えられる。


姿勢とかメンタルとか柔軟性とか
なんてまさしくどの施術者もできる。




本当に“人は変わる“を伝えたいならば、
誰でもできることではなく、

自分にしかできないもので勝負して
時間を掛けて変えること。



そこで本当に変わったことを
たくさん証明できれば

そこで初めて
“他人との差別化“ が図れる。




#パーソナルトレーニング三宮
#パーソナルトレーニング神戸
#パーソナルトレーナー三宮
#パーソナルトレーナー神戸
#ダイエットジム三宮
#ダイエットジム神戸
#パーソナルジム三宮
#パーソナルジム神戸
#ボディメイク三宮
#ボディメイク神戸
#ボディメイクトレーナー三宮
#ボディメイクトレーナー神戸
#脚痩せ三宮
#腕痩せ三宮
#お腹痩せ三宮



自分の賞味期限を知ること


“自分の賞味期限を理解すること“


パーソナルトレーナーになる前に
まず最初に考えことは


「自分のトレーナーとしての
 賞味期限がどれくらいなのか?」


トレーナーとして
夢や希望とか先のビジョンとかは
そこまで考えたことはない。




なぜなら、
もうその時から時代の流れは早くて

トレーナーとしての夢を語っても
なんの意味もないことは理解できていた。



そこの先が不透明な人生設計よりも
確実に自分に起きることを
設計していく方がよい。




僕が思う
自分自身のトレーナーとしての賞味期限は


『40歳まで(現在は36歳)』


ここは時代の流れの速さを考えると
もう少し早くなるかもしれない。



これって別に特殊なことではなくて、

アスリートでも考えるし、
社長や自営業でも一度は考えることだと思う。




そもそも
50,60代のパーソナルトレーナーなんて
需要ないのは明白。


さらに
その時までパーソナルトレーナーの
仕事があるのかも怪しい。




周りのトレーナーは
自分の賞味期限を少しでも伸ばそうと、

人気ぶったり、
売れっ子ぶったり、
知識人ぶったり、
稼いるアピールとか

トレーナー同士で
“俺の知識は正しい“ 
“俺のジムは凄い“
と言わんばかりにマウントを取り合うことも。





「お金持ちのふりや経営者ぶって
 成功者になりきり、
 ビジネス書からとってきた名言ぽいものを出す」


誰でもそのようになれちゃったりするので、
段々と偽物が刺激の強さで、
SNSを駆使して勝負しようとする。

 


そもそも
誰か成功者の名言や格言を
“カッコいい“ からと言って
引用して発信しても

多分、その言葉に力負けしてることが多い。
#最近とくに増えてきたよね



参考にしてる成功者と積み上げてきてる
時間も努力も結果も圧倒的に違うから、

言葉だけが1人歩きしてる。
#言霊の迷子を作るな



現実と理想のギャップを作りすぎて、
自分が1番迷子になる。



誰かの名言や格言は
所詮はその人が経験した中で得た言葉であり、
説得力がある。


自分の言葉を持たないと
次のステージに行けないよ。



誰からの言葉や生き方の引用癖がつけば、
いつか自分の言葉と生き方を見失う。





トレーナーは
ダイエットやボディメイクのことを
なんでも“できる“とアピールしないと
いけない風潮もある。



多分、
トレーナーが発するSNSのそのような発信は
もうすぐ賞味期限切れになってくる。


というよりも
もうすでになってる。


仮に
あなたが集客のために
そのような発信をしても、

全く問い合わせの連絡やメッセージもないなら、
あなたの発信には1つも信憑性がないということ。



いいね!やフォロワーばかりの
どうでもよい数字ばかり目を向けて
本当に見なければ行けない数字を見てない。


そうならば
あなたの価値もトレーナーとしての
賞味期限も早くなる。



集客を止めるか、
そのような発信をやめるか、
本当の結果を出し続けるか、
トレーナーを止めるか、
アプローチを変えるか。




次の選択肢を選ぶことが求められてる。
「まだ可能性があるかも…」みたいな期待は
一切捨てた方がよい。




一度、腐った食べ物を
蘇らせることなんてできない。



損切りできない人はなんでも失敗する。




そして、
自分の賞味期限を決めていないと
このトレーナー業界では生き残るのは無理。



 #パーソナルトレーニング三宮
#パーソナルトレーニング神戸
#パーソナルトレーナー三宮
#パーソナルトレーナー神戸
#ダイエットジム三宮
#ダイエットジム神戸
#パーソナルジム三宮
#パーソナルジム神戸
#ボディメイク三宮
#ボディメイク神戸
#ボディメイクトレーナー三宮
#ボディメイクトレーナー神戸
#脚痩せ三宮
#腕痩せ三宮
#お腹痩せ三宮


トレーナーは『知識切り売りモデル』


相性の問題。



トレーナーが
セミナーやオンラインサロンを運営する際の
共通点は、

『知識と技術を売ること』


ここまでは、誰でも想像つく。



と、同時に
それらの主催者側のトレーナーが抱える問題は、

『知識切り売りモデル』
であること。



簡単に言えば、


オーナーの知識を配り終えた時点で
終わりを迎えるので、

知識の在庫がなくなると新しいものを仕入れるか
少しマニアックな知識の提供に切り替わる。



これが今、
セミナーやオンラインサロンを運営する側の
解決しないといけない課題。




トレーナーが持ってる知識って
基本にはみんな1人1人が作り出してる訳ではなく、

もともとある理論や知識を
いろんなところからたくさんインプットして
アウトプットしてるだけ。


そのストックしてる知識や技術や
人よりも多かったり、
アウトプットが上手い人が
セミナーやオンラインサロンなどの
コミュニティを作る。



要するに、
弁護士が学ぶ知識は基本的には
決まった法律。




料理研究家とかは基礎はあるが
新しい組み合わせや料理を
作りだし、その情報を売ることもできる。

株などのトレーダーも
チャートや企業分析をすることによって
明日がどのような動きをするのかを
高確率で当て、
その情報を投資家に売ること可能。


『既存の武器か
 常に作り出すことができる武器かの違い』


となると、
トレーナーの場合は前者が多い。 



だから、
分かりやすいテーマで
○脚痩せに必要な技術とは?
○〜〜の筋肉の正しい知識とは?
○腰痛を緩和させる知識と技術とは?



そして、
日々に情報ストックが減ってくると、

「これ、どこで使うの?」
と思うぐらいコアな内容になる。




実際、それトレーナーならば経験あるでしょ?

数学ならば、
足し算や掛け算は社会に出ても使うけれど
連立方程式や素因数分解なんてどこで使うよ!?
みたいな状況。




そこから受講者や入会者が減る。



「あっもう情報ストックなくなったのね!
 じゃあもうここから学ぶことはない」

と、その線引きは受講側は必ずどこがで作ること。




その線引きを作らないと、
一度入ったコミュニティを
退会する勇気がなく居座ったり、

コミュニティ依存症となり、
入ってるだけ満足だ!といった自己暗示をかける。



あとは、お金だけ搾取される側に変わる。



トレーナーが持つ情報や技術は
『情報切り売りビジネス』である事実。

その事実を理解して、
見切りをつけないと次のステージに行けないよ。




正直、
オンラインサロンは遅く入っても
過去のアーカイブは見れるものが多いので、
リアルタイムを求めないならば
時間を置いてからの方が得でもある。



さらに、
情報をトレーナーに提供するということは
その生徒であるトレーナーが伝言ゲームのように

新しくセミナーを開いたり、
オンラインサロンを作るので
市場を狭まるスピードが早くなる。




ストックがある知識や技術を売るような
『知識切り売りモデル』は、

新しいビジネスモデルの1つだけれど
持久力があるビジネスとは言いにくい。



どちらかと言うと『瞬発力があるビジネス』



このトレーナー業界のほとんどは
『瞬発力ビジネス』ばかり。


・〇〇ダイエット
・〇〇トレーニング
・〇〇痩せグッズ
・誰でも痩せるエクササイズ動画
・暗闇で〇〇フィットネス
・流行りの〇〇エクササイズ


それは情報提供側も
その情報を受け取る側(ダイエッター)も
感じてるはず。



僕自身は
瞬発力には興味がなくて、
どちらかと言えば持久力がある方が好き。



瞬発力とは相性が悪い。




だから、
不動産業を目指してるのも
ブライダルも投資、探偵、ウォーキングなども

持久力があるものを中心に進めてる。



セミナーや講習会、
トレーナー向けのオンラインサロンなどの
瞬発力ビジネスは今は興味がない。


オンラインサロンをするにしても
トレーナーとは違う分野でやる。
※既に裏でこっそり準備してる

#パーソナルトレーニング三宮
#パーソナルトレーニング神戸
#パーソナルトレーナー三宮
#パーソナルトレーナー神戸
#ダイエットジム三宮
#ダイエットジム神戸
#パーソナルジム三宮
#パーソナルジム神戸
#ボディメイク三宮
#ボディメイク神戸
#ボディメイクトレーナー三宮
#ボディメイクトレーナー神戸
#脚痩せ三宮
#腕痩せ三宮
#お腹痩せ三宮

時間泥棒の共通点とは?


2021.4.26に
『結果、それはただの時間泥棒!』を投稿。
いろんなSNSの方面から共感を頂いた。  




簡単に要約すれば、

【待ち合わせや予約時間に対して、
 5分前に早めに来る人も
 5分遅れてくる人も
 どちらも時間にルーズな人であり、

 なぜか日本では
 人の時間を奪う時間前行動の方が称賛される。

 むしろ、時間前行動の方が
 相手の未来の時間まで奪うから罪は重い。

 だから、
 そこを正当化するのは、少しズレてるよね!?】
 という内容。




時間泥棒が気づかない過失。




たまに
「僕は〇分前には必ず行動します!」
みたいなアピールする人がいるけれど、


“いやっそれ言わない方がよいよね…“ と毎回想う。



その時点でそれを聞いたり、見たりした人は

“この人と会う時は、
待ち合わせ時間は〇〇時なのに、
この人は10分前に来るらしいから早めに行こう“

と、未来の時間をその時点で10分奪う。
#もう予約時間の意味なくなってるやん
#一番めんどくさい気遣いだよね
#もはや未来型パワハラ





知らずと他人の時間を奪ってしまう人が
他にもやりがちなこととして、


SNSなどの発信にて、
期待させるだけさせて、


最後には答えを言わずに
「続きは会った時」
「詳細はセミナーで」
「こちらのリンクから」
「LINE @に登録を!」


他人の手間を増やし、時間を奪っただけのパターン。




さらに、
「今日は〇〇についてインスタライブします!」
「〇〇について〇〇とコラボします!」


でも、蓋を開ければ
ライブ中は無駄な時間が多くて、
多くの視聴者の時間を奪う。


本題に入っても、常にダラダラ感がある。


結果、
“それ5分あれば終わる話だよね?!“
の内容を60分も時間を掛かる。




こんなトレーナーやインストラクター多くない?



著名人や芸能人のライブならばまだしも、
素人のくだらない内容を折り込まれても
あなたの価値は上がらない。


ただ、
大切な1日24時間しかない貴重な時間を
世間話を聞かされて終わり。




「次、もう一回聞こう!」とは思わない。

もし、
思う人がいるならば、
自分の時間の価値を理解してないか、
時間の浪費癖が強いことに気づいてない人。
もしくは、ただの信者か
時間もお金も搾取されてる人。




結果、clubhouseの人気が停滞したのも
予想以上に人の時間を奪いすぎたため
そこに時間を使う人が減った。
#もうアプリすら削除したよ



VoicyやYouTubeは、早送りもできるので
自分で見たい・聴きたいところを編集できる。



時間を一度でも奪ってしまえば、
その信用を取り戻すのはほぼ不可能。



奪われた側はずっと覚えているが、
奪った側は覚えているどころか、
自覚が全くない。
#イジメと同じだよ




これらの共通点とて、
『自分の利益しか見てない人の特徴』




みんなの為に…!
他人の為に…!
と主張はするが、
自分の利益に繋げすぎる。



それならば、
遠回りに口説くよりも
先に下心をさらけ出して、直接口説いた方がよい。






その延長で
「少しそれ雑すぎない?」
と思うこともある。


「ジムをオープンします」
「オンラインサロン募集します」
「セミナー募集します」
などの宣伝や販促。


多分営業とか仕事に慣れてないトレーナーが
やりがちなことで、

一回宣伝すると
もうその後はほとんどしないか、
宣伝が雑になる人。



これは結構多くの人がやるミスで
自分が生み出したモノ(子供)なのに
産んだ後は放置して、
可愛がらないみたいな。


一回や数回の宣伝で
全員に伝わってると勘違いする。


もしくは、
何回も宣伝すると
「ダサい」
「人が集まってないの?」
「必死だね」
と思われるのが怖くて、宣伝を止める。



そんな消極的な営業マンで
集客も結果が出る訳がない。



カッコつけは営業や販促は向いてない。
本当に『売りたい』と願う人しか成功しない。


そうでないと、
自分がそれに積み重ねてきた時間もお金も
無駄になる。



自分で自分の時間を泥棒している。

他人の時間も奪い、自分の時間も奪う。
結果、時間がいくらあっても芽が出ない。





#パーソナルトレーニング三宮
#パーソナルトレーニング神戸
#パーソナルトレーナー三宮
#パーソナルトレーナー神戸
#ダイエットジム三宮
#ダイエットジム神戸
#パーソナルジム三宮
#パーソナルジム神戸
#ボディメイク三宮
#ボディメイク神戸
#ボディメイクトレーナー三宮
#ボディメイクトレーナー神戸
#脚痩せ三宮
#腕痩せ三宮
#お腹痩せ三宮

2 / 9612345...102030... »