お知らせ

令和3年、自分の設計図。


令和3年に
トレーナーが完成させておきたい自分設計図。



最近は
チラシや情報誌に掲載するジムやトレーナーは
かなり減ってきた。


その代わりに
SNSを使ったSNSマーケティングに
力を入れるジムやトレーナーは多い。




その1つとして、


モデルやインフルエンサーなどに

依頼して
通常料金よりも安くセッションをする代わりに
(もしくは無料で)

ジムの宣伝をしてもらったり
SNSでタグ付けで発信してもらったりなどの

双方でそれぞれの対価を求める
この時代ならではの広告宣伝。


でも、
ジムやトレーナー側は
思ってる以上に集客アップや体験の申し込みまで
成果を上げることができない。



理由はいくつかある。
○フォロワーを買って、数を偽ってる人が増えてきた
○そもそもそのインスタグラマーには男性のフォロワーの割合が多い
○そのビジネスモデルの終焉が見えてきている
など



ここに気づかないと
いつまでも本当の改善点・問題点に辿りつかない。



人が持つ数字の影響力は成り立たない。

その数字をしっかり因数分解せずに、
数字だけで判断するから
自分の数字が伸びない。



ここのSNSマーケティングは
令和2年でほぼ衰退期を迎えてる。



そこの途切れる宣伝効果(点)に頼るよりも
途切れない(線)を設計すること。



ウェディングは途切れるのか?
→年間60万組

出産(産後ダイエット)は?
→年間85万人

大学の就活生は途切れるか?
→年間40万人

新卒1年目や2年目は途切れるのか?
→年間30万人


減ることはあっても
途切れることはない。


毎年、毎月、毎日
需要が生まれるものを抑えること。



企業や大学との提携でもよいし、
その専門分野に特化した取り組みでもよい。


途切れない線を作ること。


集客や収益の不安は
常にいつ途切れるか分からないというか不安感。




その不安があるから…
流行りのインフルエンサーに依頼するし、

その不安があるから…
成功者のトレーナーや講師ばかりの投稿をみて、
その中で知識や技術のなさを煽られ
高額のコンテンツ買ったり、セミナーにいく。



そして、
何が変わったのか。

結果を数字化してるのか。

結果や数字よりも満足度だけで不安は減ったのか。




先駆者の真似をしても先駆者にはなれない。
トレーナー業界は特にそのようなもの。




結局
また途切れることを増やしてるだけになってないか。



途切れない自分のインフラを
自分で作らないと
トレーナーの寿命がどんどん短くなる。




次々と新しいトレーナーや
画期的なジム、最新のトレーニング方法が出てくる。


結局、
そこと常に戦わないといけない選択肢から
抜け出せてないのでは?



自分の技術や知識が周りと同じ、
周りと同じ思考。

個性も差別化も生まれない。




原因は
自分に多様性を持たせられなかったこと。




ジムのインストラクターは
コロナによりジムは閉鎖すれば、
仕事の場所が強制的になくなる。


それは
今後も感染症だけではなく、
他の災害などでも同じことが起きてくる。



その場合、
なにが問題になってくるかと言えば
“インストラクターだけを極めてきたこと“


そもそも
脚を骨折した…
腰を痛めた…
声が出ない…

これだけでも仕事がなくなったり、減る可能性が
高くなるのがこの業界。


そうなっても
収入が途絶えない設計をどれくらいの人がしているか。




競馬やパチンコはギャンブルだけど、
仕事や人生はギャンブルではない。



なんとかなるではなく、
なんとかならないから

経営に悩んだり、
仕事でストレスを抱えたり、
人間関係で悩んだり、
将来を悩んだりする。




答えは
自分も自分の周りでも出てる人が多いはず。


ギャンブルにさせない設計。


全てトレーナーに最低限必要な設計は、この3つ。

①サービスと需要の持続性
②自分の多様性
③人生も仕事もギャンブルにしない




あくまでもこれは土台。



ここの土台が作れないから
いつでも不満と不安定さが残る。




身体で言えば
筋肉をめちゃくちゃしっかり付けてるが、

土台である骨格(アライメント)
が崩れているので、

腰痛にもなるし、
膝も痛める、
そして、見た目も綺麗ではない。



まず、
土台が整っていないと何かから崩れる。



それは身体も仕事も人生も同じ。



令和3年でこのスピード感。
令和4年は必ずこの業界はもっと早くなる。


だからこそ、
土台の3つは必ずやること。

#パーソナルトレーニング三宮
#パーソナルトレーニング神戸
#パーソナルトレーナー三宮
#パーソナルトレーナー神戸
#ダイエットジム三宮
#ダイエットジム神戸
#パーソナルジム三宮
#パーソナルジム神戸
#ボディメイク三宮
#ボディメイク神戸
#ボディメイクトレーナー三宮
#ボディメイクトレーナー神戸
#脚痩せ三宮
#腕痩せ三宮
#お腹痩せ三宮
#ミセスグローバルアース関西
#ウォーキング三宮

親ガチャが生み出すものは?


親ガチャ
(親は自分では選べない、親が当たりかハズレか)
という言葉が流行ってるみたいだけど、



単純に
それを言ってしまってる子供側は
どんな子供が産まれてくるかは選べない
『子ガチャ』みたいに思われるのでは。




そして、
自分が親になったら
自分の子供にも同じように思われるか、
自分の子供にも同じように思ってしまうか
になる確率は高くなる。




悪口や陰口、誹謗中傷もそうだけど
言ってしまう本人は
結局自分もどこかで言われてしまう。




その負の連鎖を止めるには
自分がそれをしなければよいか、
自分からそのような交友を断つ選択をするか。





最初に
どこかのネットの住人が作り出した
言葉が共感を呼び広まり、

その誰も得をしない言葉を
ネットやメディアで取り上げて
あなたは『親ガチャ』についてどう思うかと問いかける。



この言葉の本質は、
自分はどう思うのか考えましょうか?なのか。





「自分の環境をどう変えるか?」
「実際にあなたは変えるためになにをやりましたか?」
「どこまで環境を親の責任しますか?」
「変わるためにどんな親か関係ありますか?」




そこが本質では?




スタートがみんな違うから面白くて、
そこからどのように成長していくか、
どのように自分が変わっていくか、
自分の周りの人をどう変えていくか、


スタートはみんなバラバラでも
過程(生き方)とゴール(幸せの形)は
自分でしっかり決めていければよいかと。




親がハズれかどうかなんてなくて、





“今、私(僕)は幸せですか“





の問いを自問自答して、
YESならばそれを貫いて、
NOならば、


何が足りないのか、
どうすれば幸せだと感じるのか、
なにが今必要か、
どんな努力が必要か。


答えを探していくこと。




多分、
人生が終わる瞬間に
その答え合わせがしっかりできてるかが
結局誰しも必要になってくる。





それで
お金が必要ならばお金をしっかり稼ぐし、
パートナーや家族が必要ならば作るし、
仕事が大切ならば頑張るし、
周りの人を幸せにすることならば考えるし、
後悔したくないなら後悔せずにやるし、




結局、親ガチャについて
真剣に考えても何も状況が1ミリも変わらない。





流行りの言葉を考えすぎて
自分に必要な本質を見失うケース。



流行りのYouTuberやインスタグラマーを
見すぎて、

人が成長する姿や変わっていくのを
動画や写真を通しては見ているが

結果、自分は何も変わってないケース。




お金の授業が
学校のカリキュラムにはないように、

SNSやネットなどの
使い方や向き合い方も学校では習ってきていない。




今問題なのは、

突然現れた
SNSの使い方が僕も含めて分からないこと。




もちろん
それは僕自身も正解なんて分からない。



ただ、
自分にとっては不正解であることは分かる。




各SNSを使う場合は
マイナスな発信をしてる人は見ない。

自分にプラスにはならない動画や投稿はみない。




例えば、
誰かのどこかのダイエットを否定してるとか、
ありがちなエクササイズ動画とか食事知識とか、


基本的には
同業者の投稿は見ない。



その時間があるならば
異業種の人の投稿をみて、

自分の次の可能性を考える方が楽しい。



“自分に足らないもの“を
探す・見つけることが
自分にとって不正解ではない
SNSの使い方だと思ってる。




SNSの付き合い方は
もっと学校では教えるべきだとは思うけど、

大人たちは
自分たちで付き合い方を見つけるしかない。





よく言うけれど、
人のSNSを見て、


“羨ましい…“
“自分には無理だ…“
“嫉妬する…“
“悲しくなる…“
“自分は不幸だ…“
“なんか落ち込む…“


そのような感情になるならば、
なにかが自分にとって不正解なんだよ。



そして、
その自分にとって不正解の連続は
人生のゴールである“幸せ“から遠かってるとき。





SNSは必要だけど大切ではない。






#パーソナルトレーニング三宮
#パーソナルトレーニング神戸
#パーソナルトレーナー三宮
#パーソナルトレーナー神戸
#ダイエットジム三宮
#ダイエットジム神戸
#パーソナルジム三宮
#パーソナルジム神戸
#ボディメイク三宮
#ボディメイク神戸
#ボディメイクトレーナー三宮
#ボディメイクトレーナー神戸
#脚痩せ三宮
#腕痩せ三宮
#お腹痩せ三宮
#ミセスグローバルアース関西
#ウォーキング三宮

余裕の設計図はありますか?



よく思うこととして
結局ゴミを捨てる人は、



“自分に余裕がない“



ゴミ箱を探したり、
ゴミ箱まで捨てに行ったり

自分がモノを買ってから
捨てるまでの設計がしっかりできていない。




結果、
・めんどくさいから…
・周りも捨ててるから…
・誰かが拾ってくれるから…
・手間だし、時間がないから…



もしペットを飼うなら
同じような理由で簡単に捨てるのか。


もし子供を授かるならば
同じような理由で育児放棄するのか。



自分に余裕が生まれないと
全てにおいて設計することはできない。



朝時間がないからご飯を食べないとか、
朝時間がないから“いただきます“も言えないとか、
“ありがとう“も言えないとか。




共通するのは、
自分の余裕がないから
時間も気持ちの余裕も生まれてこない。



“睡眠を優先にしているから“
そのような言い分もあるかもしれない。




睡眠を優先にしているならば
朝は目覚めが良いはず。
しっかり寝れているはず。
気持ちいい朝を迎えてるはず。




そうならなければならない。




なにかを優先にしたならば
本当に自分にプラスになってますか?




結局、
睡眠を優先しても
朝から余裕のない1日のスタートなれば
1日中余裕がなかった1日で終わる。



結果、
時間がないからとか、忙しいを
言い訳にする“癖“がつく。



ボランティアが続かないのも
自分に余裕(時間や金銭面、気持ちの余裕など)
がなくなってくるとその優先順位が下がるから。



だから、
余裕を持てる行動を選んだり、
自分が余裕を持てる設計は常に必要。


それを自分から意識的に作っていくか、
誰かがやってくれるのを待つか、
自然にできるのを待つか。



基本的には、この3つの選択肢しかない。




ただ、
崩れる時はその逆で
この3つが悪影響している場合。



特に
自分から意識的に“余裕のなさ“を作り出す。




1番はSNS。




誰かのSNSを見て、
その人に嫉妬を持ったり、
自分とその人を比べたり、
自信を無くしたり、

気持ちの余裕を失う。


そして、
それは自分の時間も失い、
自分の余裕さも失う。




その余裕のない負の設計は
SNSに留まらず、

ネットニュースを見ても
自分の受け入れる余裕がないから
批判的な思考を持つ癖がつく。



本当に余裕があるならば
他人のSNSやネットニュースに
感情や気持ちを振り回されない。



先程の“睡眠“と同じように
実際は睡眠を守ってるようだけど

本質である“自分を守れていない“に繋がる。





ゴミを捨てる人も
さまざまな理由や言い分はあると思うが、

本質は“自分に余裕がない“に繋がる。





気付きたくないから(気づかれたくないから)
違う言葉に変換しているかもしれない。





簡単に言い換えれば、『言い訳』




それがないならば余裕を設計すること。





自分を設計するならば“余裕“を貯めること。
お金を稼ぐならば“信頼“を貯めること。
生き方を楽しむなら“安心“を貯めること。


#パーソナルトレーニング三宮
#パーソナルトレーニング神戸
#パーソナルトレーナー三宮
#パーソナルトレーナー神戸
#ダイエットジム三宮
#ダイエットジム神戸
#パーソナルジム三宮
#パーソナルジム神戸
#ボディメイク三宮
#ボディメイク神戸
#ボディメイクトレーナー三宮
#ボディメイクトレーナー神戸
#脚痩せ三宮
#腕痩せ三宮
#お腹痩せ三宮
#ミセスグローバルアース関西
#ウォーキング三宮

2021ミセスグローバルアース関西を終えて!


「皆さん、素敵でした!
 本当に頑張りましたね!」



ウォーキングやトレーニングを
担当させて頂いた方とか
担当していなかったとか関係なく、


先日の
ミセスグローバルアース関西大会に
出場された190名のファイナリストの方へ
お伝えしたい言葉です。



もちろん
本番までの3ヶ月の頑張りは
この一言では言い切れないものだと思います。



審査員や観客に対して 
ステージ上でしか見せない
ファイナリストの表情を
僕は裏方でしたので見れていません。



でも、
舞台袖(上手や下手)で待機する
ファイナリストの方々が
ステージでは見せない表情を裏方として見ました。




・緊張感に押しつぶされそうな表情
・常に笑顔な人
・自信に満ち溢れた表情
・スピーチやポージングの練習をひたすらする人
・ファイナリスト同士で励まし合う光景
・安堵して涙を流す人
・悔しくて涙を流す人
・他の人の入賞に涙を流す人
・笑顔で舞台袖から拍手する人
・緊張から解き放たれて抱き合う人
・入賞された方をハイタッチで出迎える人
・僕に「面白いことを言って、私たちの緊張を取り除いてください」というグループ
・個人的に「いつもインスタ見てます」と僕に声をかけてくれる方々



ステージ上では見れない
190名の方の表情や光景を
舞台裏で見てきました。




全ての方に共通するのは
今日のために頑張ってこなかった人は
誰一人としていないということです!



いろんな壁を乗り越えるために
努力や頑張ってきた表情であり、

それを理解しているファイナリスト同士が
励まし合う姿。




だから、
結果が出なくても謝らなくてよいです!




もちろんやるならば
形に残る結果は大切かもしれません。


でも、それまでの経過もストーリー(あなたにしかない物語)も大切です。




だからこそ、
「素敵でした!」
「頑張りましたね!」
「感動しました!」
「お疲れ様でした!」
「ゆっくり休まれてください!」




全ての方に
ウォーキング講師として
裏方のFD(フロアディレクター)として
お伝えしたい言葉です。







2日目は
舞台袖の上手(かみて)から

エスコートしながら
ファイナリストの方々をステージに送り出す側でしたが、

「最高の笑顔で!」
「いつもの練習通りのウォーキングで!」
「その笑顔で出ていきましょう!」
「楽しんできて!」


と、
皆さんの背中を手のひらで
トンと背中を押させてもらいました。



改めて大会を通じて
僕が思うのは、


女性の方は本当に強い!

そして、

今回勇気を持って出場されたファイナリストの方々を心から尊敬してます!




ウォーキングやポージングは見れなくても
皆さんのスピーチはしっかり聞こえてました。


#経験は財産
#ミセスグローバルアース関西

#パーソナルトレーニング三宮
#パーソナルトレーニング神戸
#パーソナルトレーナー三宮
#パーソナルトレーナー神戸
#ダイエットジム三宮
#ダイエットジム神戸
#パーソナルジム三宮
#パーソナルジム神戸
#ボディメイク三宮
#ボディメイク神戸
#ボディメイクトレーナー三宮
#ボディメイクトレーナー神戸
#脚痩せ三宮
#腕痩せ三宮
#お腹痩せ三宮
#ミセスグローバルアース関西
#ウォーキング三宮

日本語が日本のダイエットを衰退させる!?



“たられば“
を使うタイプではないけれど



唯一、常に“たられば“を考えることがある。



「もし、日本語がなければ
 日本のダイエットはもっと前進していただろうな」

「もし、日本が島国ではなく
 大陸のように横に隣国がいくつもあれば
 日本のダイエット市場は安定していただろうな」



もう少し掘り下げると、

日本語のデメリットは
日本人同士でしか共有できない言語。


そして、
唯一の言語は
世界や周りの情報を遮断するものでもある。



現に、
海外のYouTuberを見たり、
海外のダイエット事情を把握し、
海外の人のSNSを見る人やフォローしてる人は
ほとんどいないはず。



基本的には
日本人同士の情報を共有したり、
求めたりする。


これはなぜかと言えば
“日本語しか話せないから“

もしくは、
“英語や他の言語を理解することに壁を作るから“





そして、
目線を変えると


海外の人は日本語を理解しないし、
日本語が分からないから
日本人に間違えてることがあっても
指摘してくることはないということ。



これが1番の問題点。




情報が回らない。
回っても国内のみ。




それを上手く利用しているのが
ダイエット産業。





サプリメントは痩せるために飲むの?
ヨガはダイエットのためにするもの?
ピラティスは痩せるためにするもの?
ファスティングはダイエットのため?
ストレッチはボディメイクのため?
酵素ドリンクや朝スムージーはダイエットのため?
ファンクショナルトレーニングは痩せやすいトレーニング?




本来の伝えたいメッセージが
日本に入ってきた瞬間に

意味が変わって
あなたの耳や目に入ってきてない?!



最初の情報発信者は
メッセージは本当にそれなの?




“情報“というのは“伝言ゲームなんかではなく、
本来ならば“そのまま共有するもの“




あなたは伝言ゲームに参加してませんか?



「この間、テレビで言ってたんだけど…」
「雑誌で見たんだけど…」
「SNSで見たんだけど…」
「YouTubeの真似してるんだけど…」
「友達が〇〇をやって痩せたから私も…」
「海外セレブがやってたんだけど…」
「あの女優さんが言ってたんどけど…」
「なにかで聞いたんだけど…」



伝言ゲームをやれば
最後の人に届く情報はしっかり伝わらないもの。




そして、
共通するのは
損をしてる人は最後に伝言された人。

もしくは、
先程の口癖を言ってしまってる人。




本質を理解しないと
後付けの方を理解してしまう。




なんでも
「ダイエット」「ボディメイク」「痩せる」
に繋がるのが得意の日本のダイエット市場。




さらに“誰でも“
「治る」「儲かる」「稼げる」
ジャンルも同じ。



このパワーワードが通じるのは
正直日本だけかもしれない。




海外セレブで流行るような
スムージーやファスティング、ヨガなど

健康や美のためにやる!と言うことはあっても
“ダイエットのために“とか“痩せるため“
になどの記事は見たことはない。




スムージーを売りたい!
酵素ドリンクを売りたい!
ヨガを広めたい!

日本で広めたいならば、
健康と美だけで流行るかといえば
流行らない。




想像通りの謳い文句を使う。




もし、
日本語という壁がなく、
島国という壁がなければ

日本のダイエット市場は
本来の意味が広まり、
ダイエットに困る人も少ないと思ってる。



少なくとも
ここまで女性の願望や欲求に合わせて
荒れ放題のダイエット市場にはならなかった。



悪くも良くも
日本は情報を遮断されているかもしれない。




情報の孤立化。




そして、起きる問題は
「あのダイエットはダメ!」
「私がダイエット法が正解!」
「俺の知識が本物!」
「俺のトレーニングが痩せる!」




同業者が
情報と情報で撃ち合いを始める。




その弾に影響を受ける情報受信者。



1つの国の中だけで
繰り返し行われる情報発信と情報受信。




メリットもあるが、デメリットもある。




情報を得ても
隣国の韓国から美容やエステなどの情報までで
他の国の情報は知らないかと。




もし、
日本語が日本に存在しなければ
日本のダイエット市場は変わっていただろうな…


と常に思う。




⁡ #パーソナルトレーニング三宮
#パーソナルトレーニング神戸
#パーソナルトレーナー三宮
#パーソナルトレーナー神戸
#ダイエットジム三宮
#ダイエットジム神戸
#パーソナルジム三宮
#パーソナルジム神戸
#ボディメイク三宮
#ボディメイク神戸
#ボディメイクトレーナー三宮
#ボディメイクトレーナー神戸
#脚痩せ三宮
#腕痩せ三宮
#お腹痩せ三宮
#ミセスグローバルアース関西
#ウォーキング三宮

いよいよミセスグローバルアースが始まります!


いよいよ
ミセスグローバルアース
中四国、関西エリアの大会が
今週、来週と始まります。



正解や不正解を競う大会ではなく、
自分の成長を確かめる大会。



少なくとも
勇気を持ってエントリーしてから、

大会の当日まで
“自分は成長していない…“ と
感じる人はいないと思います。



これでも
僕も5年ほど前、

ボディコンテストの大会に出場したことがあります。



僕は初出場してみて、
結果を出すことはできませんでした。



悔しさはめちゃくちゃありました。



その中で、
“来年も出場してやる!今度こそ優勝だ“
という気持ちには全くなりませんでした。





僕が選択したのは、

“自分には向いてない…自分の居場所ではない…
もうボディコンテストには出ない“




僕はそのように決断しました。




逃げたかもしれない…




でも、
大会に出たことで
それまでの過程に成長を感じました。





そこで得た“成長“ を
違う分野で活かしていき、

違う形でパーソナルトレーナーとして
還元していくことにしました。




「違う形でこの場所に絶対に戻ってくる」



そこからサポート役として
大会に出場される方のボディメイクに努めました。


その中で
グランプリや準グランプリを
取られる方も出ました。



僕が主人公ではなく、
主人公をサポートする側が合ってる。

そして、
違う分野で主人公になれるものを見つければ
良いと実感しました。





1つの大会の結果から、


コンテストを続けるのも成長、

そこで辞めるのも成長、

違う分野で動き出すことも成長、

それを糧に新しいことにチャレンジするのも成長、


どの道に進んでも成長に繋がる。




おそらく
今回のミセスグローバルアースの大会でも
大会が終われば個々にいろんな成長を感じ、

次の道へ歩き出すと思います。





そこでたくさん得るものはあっても
失うものはないはずです。




大会に出たからというだけではなく、
大会とか関係なくとも


人は
泣く時も笑う時も怒る時も
悔しい時も嬉しい時も
成長に繋がると僕は思ってる。




全ての行動には成長が詰まってる。

 




止まない雨はないし、晴れ続ける空もない。


人類、誰一人として
自然をコントロールすることはできないし、
変えることもできない。




そう考えたら、
自分をコントロールすることは
簡単かもしれない。





今、この瞬間からでも、
明日からでも、
1ヶ月後からでも、
1年後からでも、

自分をコントロールしながら、
変えることは可能。





『自転』




自分を変えることができる人は
他人を変えることができる。


他人を変えることはできる人は
社会や文化もルールも変えることもできる。




僕はまだまだ
自分を変えるのに必至です。



まだまだ
自分を変えることをやめません。


同時に
環境や年齢、体力を言い訳にすることもしません。



年齢も体力も自分で変えることはできるし、
環境なんてもっと自分で変えられる。



ただ、
簡単なことではないのは実感してます。


だからこそ、
そのための“準備“ はします。






トレーナーや指導者として、

なにかを制限させることではなく、
可能性を引き出すこと。


もしくは、
その可能性を一緒に見つけていくこと。




大会はゴールではなく、
1つのきっかけやスタート。



成長を少しでも感じてるならば
ゴールとして決めるのは勿体ない。




少なくとも
この数ヶ月間、
いろんなファイナリストの方に
お会いしたり、

その方々の
SNSなどを拝見することもありましたが、
 
年齢や環境関係なく成長し続けてます。





緊張はするかもしれないけど
それは頑張ってきた証拠。


頑張った人に必ず訪れるもの。
いわゆる“筋肉痛“ みたいなもの。





そして、
思ったような結果が出る人も
思った結果が出ない人もいると思います。


悔しい気持ちも湧き上がると思いますが、
それは成長した人にしかでない

“成長痛“ です!!!





全ての方が
“自分がグランプリ“
という気持ちを持って、

ランウェイを楽しんでほしいです!

#パーソナルトレーニング三宮
#パーソナルトレーニング神戸
#パーソナルトレーナー三宮
#パーソナルトレーナー神戸
#ダイエットジム三宮
#ダイエットジム神戸
#パーソナルジム三宮
#パーソナルジム神戸
#ボディメイク三宮
#ボディメイク神戸
#ボディメイクトレーナー三宮
#ボディメイクトレーナー神戸
#脚痩せ三宮
#腕痩せ三宮
#お腹痩せ三宮
#ミセスグローバルアース関西
#ウォーキング三宮












関西コレクションのウォーキング講師を担当します


ついに情報が解禁されました!


日本最大級のファッションショー
【関西コレクション】


そこがプロデュースする
キッズ、ミセスコンテストを

地方大会から日本大会までの
ウォーキングレッスンを
PWAが担当することになりました!


キッズコンテストは9/30が応募締め切り!
(小学1年生〜6年生が応募可能です)

ミセスコンテストは10/1よりエントリースタート!




ミセスグローバルアースに続き、

関西コレクションという大きな舞台で
ウォーキング講師として携わることができる
この環境に感謝です。



ありがとうございます!



#関西コレクション
#キッズ関西コレクション
#ミセス関西コレクション
#ウォーキング講師
#ウォーキングレッスン
#パーソナルトレーナー

#パーソナルトレーニング三宮
#パーソナルトレーニング神戸
#パーソナルトレーナー三宮
#パーソナルトレーナー神戸
#ダイエットジム三宮
#ダイエットジム神戸
#パーソナルジム三宮
#パーソナルジム神戸
#ボディメイク三宮
#ボディメイク神戸
#ボディメイクトレーナー三宮
#ボディメイクトレーナー神戸
#脚痩せ三宮
#腕痩せ三宮
#お腹痩せ三宮
#ミセスグローバルアース関西
#ウォーキング三宮

明日あなたの脚が切断されるとしたら…?



「トレーナーとして学ばない方がよいですか?」


トレーナーは
知識や技術を学んだらダメとは
一言も言ってません…


学ぶことは良いこと!



意味を変換して
トレーナーに伝わってしまうことがよくある。



僕もトレーナーとして
これまでも学んできたし、
これからも情報が更新されるならば
インプットはしていく。



“学ぶな“

を伝えたいのではなく、
そこの学びだけに
時間とお金を投資(もしくは浪費)しすぎないように!
ということ。



もし現時点で
トレーナーとしてマネタイズできてないのであれば

そもそもの基礎である
知識や技術、接客、経営能力に
問題があるかもしれない。





僕がいつも個人事業主であるトレーナーに
質問するのは、


「もし、
 あなたが災害、病気や怪我、事故などで
 トレーナーを続けられない
 身体になったらどうしますか?」


この質問に即答で答えることができるかを
基準に考えてみてください。 



“僕(私)は大丈夫!“
根拠のない自信はなしです。 



あなたが病気、事故、事件に巻き込まれて

耳が聞こえない…
目が見えない…
話すことができない…
脚が動かない…
片腕を失った…
明日脚を切断される…


正常に今の仕事を続けられますか?

もしくは、
今と同じ収入を維持できますか?


そこの部分にしか
僕がフォーカスしてません。


身体に支障が出ても何も影響は出ない!
と言えるならば、
「何言ってんだこいつ?」


で、スルーしてください。



お会いするトレーナーや
会いたいと言ってきてくれるトレーナーには、


「今すぐではなくてよいから
 オフラインとオンラインの収入源と
 ハードとソフトの収入源は作っておくこと」


とアドバイスしてます。




「学びに投資!」

とても良い言葉。
ただ、こんな都合の良い言葉を使うのは
おそらく日本のみ。


誰かがそれっぽい名言を
良い言葉だとして、
都合よくあなたが使い回ししてるだけでは?



本来の投資や資産運用には
本当にお金をかけて学ばないといけないものなのか?


お金を掛けるから学べる=投資

の公式を作り過ぎてないか。




自分が動いたり、
他人が動いたり、動いてもらうことは
間違いではないけれど、

お金やモノに動いてもらう設計も必要になる。



どちらに時間を掛けるか。



日本の学校でお金の授業はない。
ここは大人になっても学ばないならばない。



ここの
必要だった大切な時間をいつ取り戻すか。

学ばないといけないことを
学ばないままで放置し続けるのか。




そうこうしてると
次はオンラインサロンやコミュニティなどの
時代に入ってきた。


ここでも
自分が動くことや
人を動かすことでマネタイズができる、
そして、仕事が生まれる。


そのようなコツを教えてくれる。
コミュニティやSNSに依存する癖がつく。




“お金や仕事の不安は
 人がいるところに行けば解消されるかも…“




時代の流れと人に動かされすぎてない?!




そんなものよりも
資産運用や投資などの
“お金“に動いてもらう、稼いでもらうの
思考と知識を持たないと、

時代と人からの依存に抜け出せない。





なによりも

「トレーナーとして働けない身体になったら
 どうしますか?」
の、最初の質問の答えが一生答えられないまま。






僕は
同業者のトレーナーでも

本業に依存していない人や
今の現状に不安・不満を感じて
行動してる人に魅力を感じる。


そこに新しい活力や参考になるものが埋まってる。
本業にはないものに魅力がある。




逆に
トレーナーとしてもっと学べ!
学ばないと生き残れないよ!稼げないよ!



ここの煽り運転が僕には全く響かない。


学んだら一緒保証できるならば学ぶし、
なにがあっても一生トレーナーとして稼げるなら、
響くかもしれない。



でも、
ここって答えがない。


そんな答えがないことに
時間もお金も全てかけようとは思わらない。



それならば、答えがある方を選ぶ。





時代が変われば、人は変わるし、
人が変われば、働き方も変わる。

働き方が変われば、武器や戦術も変わる。
武器や戦術が変わるならば、自分も変わらないと。



周りに頼る前に
まずは自給自足ができているか。



そこの軸について、
いつもトレーナーに疑問を投げかけてる。




#どんな分野においても
#やる人10%
#やらない人90%

#パーソナルトレーニング三宮
#パーソナルトレーニング神戸
#パーソナルトレーナー三宮
#パーソナルトレーナー神戸
#ダイエットジム三宮
#ダイエットジム神戸
#パーソナルジム三宮
#パーソナルジム神戸
#ボディメイク三宮
#ボディメイク神戸
#ボディメイクトレーナー三宮
#ボディメイクトレーナー神戸
#脚痩せ三宮
#腕痩せ三宮
#お腹痩せ三宮
#ミセスグローバルアース関西
#ウォーキング三宮

自分のオンとオフはある?


『ストレートネックを治します』
『猫背を治します』

の宣伝が個人的には苦手。




理由はいくつかあるけれど、
断トツで1番の理由は、


そもそも
それを言ってる95%以上の施術者が
猫背やストレートネックであるということ。


「健康な食事と適度な運動をしましょう!」
と言いながら、


トレーナーや医者、エステの人の中でも
“自分はそれをやってない“
とかのケースは多い。



美脚の知識やダイエットの知識は豊富だけど
本人がそうでなかったり、
周りの結果を示すことはない。



今、
情報はなんでも入ってくるけれど

“100点の答えばかり情報“
が本当に多い。



YouTubeやインスタを見ても
『〇〇をすれば絶対に痩せる方法』
『誰でも脚痩せができる5つのポイント』
『これは絶対に失敗する方法』



“自称“100点満点の投稿に

100点ではない、
自信のない人や不安な人、0点に近い人が
その情報を見る。



結果、
“100点を目指す思考がつく“



いつの間にか
フォローしてる人は
自称100点満点やポジティブな人しかいない。




それに影響され
本人も無理して自称100点を作り出し、
完璧なことを投稿しようというマインドになる。



環境が人を変える瞬間だ。



これが良いか悪いかは僕には分からない。



“ただ、窮屈な世の中になっていってるな…“
と思う。




その1つが
失敗したり、失言した人を徹底的に
叩くような世界。


この場合、失敗した人が0点を取ると
自称100点が100点の目線から批判や誹謗中傷する。



“自分はできてる“
“自分はそんな失敗はしない“



でも、そんなこと分かんないじゃん。
自分がその立場になっていないとわからない世界。



見えない世界を見ようともしないと
自分に都合の良い創造性だけが生まれる。




100点を求めたり、
完璧を求めたり、
やらないことを決めすぎたりするから

できない人もやらない人も余計に増える。




政治家や報道の人が自粛を求めるけれど
裏では打ち上げや会合をすることもある。


姿勢が綺麗だと思ってる人は
家でも姿勢が綺麗とは限らない。


表では美容に気を遣ってるアピールしてても
裏では美容に悪いこともしているかもしれない。


ポジティブな思考を持つ人は
ネガティヴな思考を持つこともあるし、
ネガティヴな思考を持ったから今があることもある。
 

お笑い芸人や芸能人は
オフでも面白いし、テレビと同じなのか。


インスタで幸せそうな投稿が多いけれど
実は寂しい日々と不安が募ってる人もいる。


夫婦円満アピールをしても
いきなり離婚したり、セックスレスかもしれない。


テレビでは誹謗中傷はダメと言いながら
実は裏で誹謗中傷してる人もいるかもしれない。



これらのことって可能性があるというだけであって
分からないことであり、
知り得ないことでもある。




でも、
分からないことを創造する癖がついてしまう。




100点満点の人や投稿に憧れるのは
悪いことではない。


ただ、
それで落ち込む癖がつくならば
あなたにとっては悪いこと。




学生時代はテストで100点は正解。
誰からも褒められる。


でも、
人生や人に100点を求めたり、
それを目指すと不正解なこともある。




猫背やストレートネック1つにしても

気を抜きたい時は猫背でも良いし、
仕事に集中したい時は
1番集中できるストレートネックでも良い。




大切なのは
必要な時、大切な時に

あなたは
自分の良い姿勢に戻せるか、
頭を元の位置に戻せるか、
綺麗に見せることができるか。



それがまず必要。



完全に治さなくても良いこともある。
100%治すことをしなくても良いこともある。




安心して!
全てが完璧な人なんていない。



猫背やストレートネックも悪ではない。
常に姿勢が良い人はこの世に1人もいない。




ただ、
オンとオフがしっかりしてる人はたくさんいる。


 

#パーソナルトレーニング三宮
#パーソナルトレーニング神戸
#パーソナルトレーナー三宮
#パーソナルトレーナー神戸
#ダイエットジム三宮
#ダイエットジム神戸
#パーソナルジム三宮
#パーソナルジム神戸
#ボディメイク三宮
#ボディメイク神戸
#ボディメイクトレーナー三宮
#ボディメイクトレーナー神戸
#脚痩せ三宮
#腕痩せ三宮
#お腹痩せ三宮
#ミセスグローバルアース関西
#ウォーキング三宮

100点よりも100%だよ



僕は小さい頃から大学生の頃まで
なんでも“1番“が好きな子供だった。


1番になれないと
すぐに泣くし、悔しがる子供だった。



大学の頃、
男子バスケ部に所属していた。


そこでコーチから
“お前は点を取ることよりも自分の役割を100%やれ“

とアドバイスされたことがある。




そこのきっかけは
バスケットだけでなく、

生き方や考え方までが
“僕は1番を目指さなくても良い“
といった、今のマインドセットに繋がる。




今でも
「トレーナーで日本一になりたい!」
「日本一のウォーキング講師になりたい!」
「トレーナーで1番知識があるトレーナーになる」
「〇〇で1番になりたい!」


とかの想いは一切ないし、
これからも出ない目標だと思う。

言い換えれば
一切、興味がない目標。






ただ、


“誰にも真似できないトレーナーになりたい“
“僕にしかできない発信をする“
“僕だからできる指導法“




順位はいつか抜かれるもの。
それよりも“誰にも作れないものを作る“





どちらに価値が付きやすいのか。





ここの思考を持つと
誰かと争うという思考がなくなる。



1番になるとか、
1位になるとかの思考は、
誰かを下に見る癖が付く。
  

自分の立ち位置からみて
その人が自分よりも下から上といった
評価をする癖が付く。



その癖はやがて
批判になり、誹謗中傷になることもある。





そもそもだけど
僕のクライアントや周りの人も
僕がなにかで“1番になってほしい“と
願ってる人は誰もいない。



僕の母ですら、
「あなたらしく頑張ってくれたらそれでいい」
と言ってくれる。



おそらく
自分と同じことができるトレーナーはいないし、
自分と同じ思考を持ったトレーナーもいない。


トレーナー以前に
僕と全く同じことができる人はいない。





僕が1番や日本一を目指す人間ならば
おそらく周りにも

その思考を強要させるかもしれないし、
その思考を意識させるかもしれない。



だから、
僕は1番になります!
僕は日本一になります!
などのアウトプットはしない。



あなたの持ってるものを
100%出せるようにサポートはする。



そのために
僕はトレーナーや指導者として
常に100%の準備をする(体調、知識、技術など)




100点を出さなくても、
100%は出せるためにも(大祐さん)



100%出せれば
結果はついてくる。


たとえ
結果はついてこなくても
これまでにない達成感は得られる。




自分の掲げた目標で
敵や競争相手は作らない。




自分の役割をしっかり理解して、
それを表現すること。




本当に強い人は
自分が最大の敵だと認識している。




アスリートでも
「敵は自分自身」
「己に勝てば結果が見える」
「自分を超える」
「自分の100%の力を出し切る」



そのような目標を持つアスリートは強い。





ここはアスリートだからではなく、
自分と向き合うのは誰でもできること。



SNSにより
誰かと比べてしまう、
誰かと比べて劣等感や優越感を得る、
誰かと比較する社会にもなった。




だからこそ、
自分を見つめる機会をもう一度作る必要はある。




昨日の自分よりも成長してるか。
そこの自分と毎日比べていたら、
周りなんて本当に気にならない。




「昨日の自分と比べて、成長できたことはなに?」



この答えが全てだと
僕は思う。




#必ず1日の最初に昨日の自分よりも超えることを
#最低5つは設定する
#これが以外に楽しい
#後や周りを見るな

#パーソナルトレーニング三宮
#パーソナルトレーニング神戸
#パーソナルトレーナー三宮
#パーソナルトレーナー神戸
#ダイエットジム三宮
#ダイエットジム神戸
#パーソナルジム三宮
#パーソナルジム神戸
#ボディメイク三宮
#ボディメイク神戸
#ボディメイクトレーナー三宮
#ボディメイクトレーナー神戸
#脚痩せ三宮
#腕痩せ三宮
#お腹痩せ三宮
#ミセスグローバルアース関西
#ウォーキング三宮

3 / 10012345...102030... »