お知らせ

自分のことは好きですか?



“自己嫌悪を作らないこと“
“自己嫌悪になるような環境にしないこと“


まずやるべきことは
ダイエットの人でもっと足りない
『自己肯定』を増やすことから!


ここは
僕が指導するにあたって
必ず伝えること。



ただ、
人に伝える前に

僕自身が自己嫌悪にならない思考や環境に
なっていないといけない。


「自己嫌悪になるな!」
「自己肯定が良い!」
と、言いながら
その言ってる本人が

自己嫌悪を抱いていたり、
自己肯定できないならば
全く説得力がない。


自己肯定できない人は
他人を自己肯定に変えことはできない。



誰かを変えたいならば
まずは“自分の問題“をクリアにすること。



これはここから述べていく
最低限の前提条件です。



それを踏まえて、
自己嫌悪になるのは、

そもそも
自己肯定できる材料がなかったり
自己肯定ができる選択肢がない場合が多い。



そして
なによりも自己肯定してる人を批判したり
その人たちのことをマイナスに思ってしまうことも
自己肯定に近づきにくい。



そもそも『自己肯定感』とは、
自らの在り方を積極的に評価できる感情、
自らの価値や存在意義を肯定できる感情などを意味する言葉。

「自分はこうありたい」
「自分はこうしたい」
「自分はこうみられたい」

これらもその1つ。



昔からある
日本のよく分からない基準として

自撮りしてる写真を載せてる人、
“自分のことを好き“と言ってる人のことを

「ナルシストだぁ…」

みたいな、
謎の風潮がある。



でも、人として生きていくならば、
自己肯定ができてる時点で素晴らしいとしか
僕は思えない。


なんでも「ナルシスト」と片付けてしまう人ほど
自己嫌悪のやり方はたくさん知ってるが
自己肯定のやり方が分からない人が多いようにも思える。




ダイエットに繋げていくと、

ダイエットを決意する人は
どこかで

“自分を変えたい“
“自分のことを好きになりたい“
“今のままではダメだ“

のキッカケから
ダイエットをする人が多い。



「自分のことを嫌いになるためにダイエットをやる」
こんな想いで
ダイエットする人はまずいない。



その中で
自己肯定を目指して
トレーニングに来るクライアントに対して、

トレーナーが
自己嫌悪になるようなアドバイスをすれば
どうなるか?!

自己肯定を求めてきてるのに、
自己嫌悪を提供される。



「なんで糖質食べたんですか?」
「お菓子食べても痩せないですよ!」
「痩せ気はありますか?」
「そんなことをするから太るんですよ!」
「これもできないんですか?」
「やる気ありますか?」

これはなにがマッチングするのか?
前向きに頑張ろうと思える人は少ない。



トレーナー側から
強制マッチングを作り出しただけで
ただの一方通行のDV。



自己嫌悪になる言い方もNGではあるが、
そのように思ってるだけでも言ってるのと同じ。



そのように言ったり、思ってしまうのは
トレーナー側に余裕がないか、
選択肢が少ない場合に多くなるもの。



その場合、言われた側は

トレーナーに対しても
自分に対しても
嫌悪感を抱く結果になる。


結果、
自己嫌悪になるようなことを伝えても
誰も得をしない。


たまにメンタルが強い人や逆境に強い人だけが
“常に厳しくしてくれありがとう“
“あの厳しさがないと今の私はなかった“

と、ごく一部の人に感謝されるぐらい。




ダイエットをしていて
元々食べる予定のないチョコなどを
食べてしまうと

「なんで食べちゃったんだろう」
「私ってダメだ」
「だから痩せないんだぁ…」

と後悔するでしょう。



でも、
「例えば今日や明日はアイスやチョコを1個だけ食べよう!もしくは1個ずつ食べる! 」

と決めて食べてみる


食べる予定がないものを食べることは
罪悪感に繋がるのであれば、
元々予定として決めていておく。



体重が増えたとしても気にしないので、
予定通り食べても問題なし。


仮に食べなければ、
“食べなかった自分“を肯定できる。



最初から“食べること“を決めておくなんて…
と思われるかもしれませんが

どうせ最終的に食べてしまうのであれば
結果は同じでしょ?!



食べても予約通り。
食べなければ自己肯定。


こうなる。

そうすると
『同じチョコを食べた』結果だけど
自己嫌悪は出てこない。



過程に正解はないです。

全員が同じようになるとは全く思ってなく、
そのような考え方の引き出しがたくさんある、
ないならば作ることができる。

方法は1つでも 考え方は無限にある。

独立と体幹の共通点とは?

「独立を決意したきっかけは?」

この質問は
独立開業してから今日までで

僕が1番質問されてきたこと。

世の中の人が
独立するきっかけや基準は
僕には一切分かりません。

トレーナーとしても人それぞれだと思うので
僕の中で常にあった自分の答えだけを
共有します。

独立すれば

○カッコいいから?
○経験も付いてきたしそろそろかなと思ったから?
○周りが独立してるから?
○ただ経営者に憧れてるから?
○自信がついたから?
○自分の店を持って、やりたいことをやりたいから?

全然違う。

独立すれば
普通の仕事には戻れない
人生の選択肢を
そんなつまらない理由で決断できません。

僕が独立できると判断したのは、

『自分で仕事を作り出せることができるから』

本当にこれだけです。

逆に言うと、
自分で仕事やお金を作り出せないならば
独立なんて絶対してません。

トレーナーとして独立するなんて
正直どうでもよい。

トレーナーうんぬんよりも
“仕事を作り出せるならば“独立できるから、
トレーナーは後付けぐらいの位置。

独立=独りで立てる

まずは独りで立つ能力と思考が必要不可欠。

それがあれば
トレーナーでなくても
仕事を作り出せることができる。

トレーナーであれば
仕事は待っていれば来るのではなく、
仕事が来ないならば作り出していくこと。

「集客は最初どうすれば良いですか?」
「まだ知識や技術は自信がない…」
「まずは身内や知人に勧誘します」
「営業をやったことがないから分からない…」
「マーケティングの知識がないから不安…」
「とりあえずインスタグラマーに宣伝してもらう」
「とりあえずホットペッパービューティと提携かな」

「山野さんならどうしますか?」
そのような相談はよく来るけれど、

人に聞くほど自信がないとか、
独立やフリーランスになってから悩むならば

そもそも
独立することを辞めたら?

が、僕の答えです。

トレーナー業界だから
このような緩い感じが通用するかもしれないけれど

これが
他の異業種の独立した人が聞くと

「えっ、何言ってんの???」

レベルだと思う。

先程の質問を
独立しようと思ってからも
独立してからも

一度も思ったことがないし、
一度も誰かに相談したことがない。

集客に不安?知識や技術に不安?
マーケティング、営業に不安?
インスタグラマーに宣伝してもらう?

本当に思ったことがない。

思ったことがあっても
独立しようと決断してからはない。

最初に述べたように
僕が独立できると自分に決めた基準は、

『自分で仕事を作り出せることができるか否か』

トレーナーとしてもそうだけど
トレーナーではなく1人の男としても
作り出せるかできないか。

人に支えられることは
ビジネスパートナーが増えれば
当たり前にあること。

でも、
それは独りで立つことができるから
増えるもの。

独りで立つ力も能力も最初からないとか、
その準備もしてないならば
立ち続けることなんて
そもそもできない。

インフルエンサーや集客コンテンツに
頼ったとしても

それを辞めれば
その瞬間に支え棒がなくなって倒れるもの。

独立したようで
結局は自立はしておらず、孤立状態。

集客がない…

そこで行き止まるならば
それで夢を諦めるほどならば
独立は本当に辞めるべき。

集客がない…

じゃあ仕事を自分で作ろう!
じゃあ仕事を自分で取りに行こう!
じゃあ副業で収入をいくらでも作ろう!

それらを想定内として、
次から次へと作り出す能力が
独立する時に1番必要なものだと

僕は思ってる。

僕は独立したい!
と思った時は、

そこができるようになったら独立しよう!と
ジムでアルバイトしてる時から
決めていたこと。

勢いとか、経験とか、肩書きとか、
憧れとか、自信とか

独立にはそこまで必要ではないものが
基準になったことはない。

だから、
若いとか関係なく、

『自分で仕事を作り出せる能力』があるならば
どんどんチャレンジしてもよいと思う。

独立やフリーランスで失敗する人の
共通点は、
結局はそれがあったかなかったか。

独立する前もしてからもブレる人は
ずっとブレるよ。

体幹がブレていれば安定しないのと同じ。
トレーナーが1番体幹がなかったりする。

まずは自分の体幹の弱さを理解して、
体幹を安定させる答えを見つけること。

パーソナルトレーナーの役割

○トレーナーに頼めばなんとかなる
○トレーナーを付ければ理想の体型になる
○私の身体を変えてください


ここの期待値は
パーソナルトレーナーをしていれば
言われることあるし、その熱意も感じる。



美容師やネイリスト、マツエク、服屋さんなどは
先程の


“私を変えてください“


の願望を
その日で変えることができます。


美容師で髪を切れば、数時間後には
あなたの期待に応え
理想の髪型になっていることでしょう。



それはネイルもマツエク、メイクもおなじこと。



共通するのは
“その日に変わる“



そして、
あなたが寝ていても
努力をしなくても
美容師さんが動いてあなたを変えてくれます。


言い方が悪いですが
お金を払えば、なにかが変わってます。




では、ダイエットやボディメイクはどうでしょうか?



あなたが寝てる間に
パーソナルトレーナーが痩せさてくれますか?

なにもしなくて筋肉は付きましたか?

寝てるだけで脂肪は減りましたか?
(※整形や脂肪吸引はとりあえずはなしで考えて)



ここで再確認しておきたい事実は
同じ美容でも
 
美容師とパーソナルトレーナーは全く違うということです。


行動や意識、時には努力が伴うものが
パーソナルトレーニング。

行動や意識、努力は伴わなくても
すぐに変わるものが髪型やネイル。




僕はどんなに頑張っても
寝てる人の身体を
数時間で変えることはできません。

寝てる人の
筋肉を付けたり、脂肪を減らしたり、
数時間でできないトレーナーです。


もしかすれば
「俺はできる」と言える人もいるかもしれません。




“変えてもらうこと“を目的で来られるならば
こちらにも必ず言わないといけないことが
あります。


“変えるためのことを提供します。 
 だから、あなたも変わってください“



よくトレーナーはカーナビに例えられます。


ナビを買っても目的地には着きません。
ナビに目的地を入力しても着きません。


なぜ?


ナビを買ったならば、それを使いましょう!
目的地を入力したならば、案内通りに進みましょう!

買っただけ、入力しただけでは
ナビの本来の価値は発揮されていません。


「なぜ、ナビを使うの?」


○迷いたくないから?
○早く目的地に着きたいから?
○最適なルートを覚えたいから?


ちなみに僕がナビを使う理由は、

“道を間違えず、最短距離で行きたい。
安く早く目的地に着きたいからです“

だから、ナビを頼ります。




あなたが運転をしていて
寝ていたら目的地に着いたよ!っていう人がはいますか? 

いないですよね。



運転せずに
助手席で寝ていたら、いつの間にか目的地に
着いてた!ということはあるでしょう。


そっちが美容院です。


運転しているのは“あなた“です。


ハンドルやブレーキ、アクセルを使い、
危険を予知して運転するのは 
全てあなたの役割。


トレーナーはナビであり
途中であなたが道を間違えても

すぐに軌道修正して
ルートを検索し、新しい道を案内します。



僕が
“身体を変える“
“人生を変える“

そんな曖昧ないで適当なこと、
期待を持たせ過ぎることは
言わないから


「まずはあなたが変わりましょう」



あなたが主人公であり、
運転者です。




僕はただのパーソナルトレーナーです。

僕だけの力で
あなたの人生を変える力は持っていません。


あなたの人生を変える力を持っているのは
あなた自身です!!

#パーソナルトレーニング三宮
#パーソナルトレーニング神戸
#パーソナルトレーナー三宮
#パーソナルトレーナー神戸
#ダイエットジム三宮
#ダイエットジム神戸
#パーソナルジム三宮
#パーソナルジム神戸

奪うトレーナーと与えるトレーナーの違いとは?


“選択肢を奪うのか、選択肢を与えるのか“


結局、

太る食べ物を食べて
太る人はほとんどいない。

太る食べ方をしてるか、
太る食べ方をした後の答えを
見つけられない人が太りやすい。



太る食べ物はまずこの世に存在しない。


仮に
存在するならば
それを食べてる人は全員肥満になってるはず。


“炭水化物を食べたら肥満になる“
そんな人いない。


太る人は
食べ物に責任を押し付けやすい。

「あの食べ物が悪いから食べない!」
「あのお菓子が悪いから食べない!」


太らない人は
「あの食べ物は食べても良い!」
「あのお菓子も食べても良い!」


ただ、
自分に合った食べ方は気をつけないと太る。




『自分の食べ方に責任を持つ!』


それが
太るメンタルか、太らないメンタルの境界線。


自分の力で抜け出そうとするか、しないか。


 

いつでも
現状の問題や改善点を

自分へ帰結できる人は
しっかりリスク管理ができる。



“自分の責任である“と判断すれば
他人も食べ物も周りの環境も関係ない。


自責と他責。
“本当の責任感“をどれだけ背負えるか。





トレーナー側が
 
太る原因を
食べ物の責任にしてしまい

そのままクライアントに
「〇〇はダメだ!」
「〇〇は食べるな!」
と、アドバイスすれば


結果、
トレーナーはクライアントの
“選択肢を減らしてるだけ“になる。




トレーナーの役割が
クライアントの選択肢を減らすことならば
それはアドバイスとは言い難い。



食べ物に責任を置いてしまうと
変えるべき本質を見失う。



トレーナーは
クライアントの可能性や選択肢を
広げることができる方が


“本来のアドバイス“になり、
“マンツーマン“の価値が上がるのではないか。



「癌になれば
 その腫瘍を取り除けば良いんだよ!」

の選択肢なのか、

人間ドックは年に一回受診して、早期発見しましょう!
そうなる前にこのような対策もしましょう!
もし、癌が見つかれば、このような治療法も検討しましょう!


いろんな可能性や改善点を
伝えてくれる方が建設的ではないか。





食べ物を減らしたり、
この食べ物は悪の根源だ!
と決めつけるほど

太る本質としっかり向き合うことが難しい。



クライアントの選択肢を 
ひたすら狭くさせるトレーナーにはなりたくない。



どんな食べ物でも上手く付き合うこと。
向き合うことから目を逸らさせて
あは食べ物から絶交させたり、嫌いにさせないこと。


トレーナーだから
分かる視野や視点を新しい可能性として
提供することの方が

本来クライアントは1番求めてることなのではないか。


「炭水化物抜きましょう!」
「炭水化物が悪い」

そのようなありがちなアドバイスを
クライアントはトレーナーに求めに来てるのか。




もしそれを求めに来てるならば
別にトレーナーでなくてもよいはず。


自分自身でもできるし、
ネットやYouTubeで調べても出てくる。



トレーナーに
わざわざお金を払って得る情報でもない。



選択肢を奪うトレーナーが増えれば

今後もトレーナーの存在意義が低下し、
価値も下がりやすくなる。




評価されるのは

○可能性を減らすトレーナー
○可能性を増やすトレーナー

どちらが求められるか。



そして、この場合は
どちらの方が世間から
知識があるトレーナーだと認知されるか。


可能性を減らす方が知識があるとは言い難い。




トレーナーとして
『選択肢を奪う』のと
『選択肢を作る』のでは
どちらの方が難しい?




奪うのは簡単。

クライアントは奪われることを
お金を払ってまで望んでいるのか。



僕がクライアント側ならば

『奪われること』よりも『与えられる』ことに
お金を払いたいと願う。



僕たちトレーナーが
一生懸命勉強して学ぶのも

クライアントから“楽しみ“を奪うことではなく
楽しみを違う形に変えて提供するために
学んでるはず。


少なくとも僕は
クライアントから
“楽しみ“を奪うために勉強はしていない。




「ケーキやお菓子は食べたらダメ!」
ではなく、
「ケーキやお菓子を食べても痩せることはできる」
「それらを食べても太るには繋がらない」


それが僕が
学んできた結果であり、
提供できる知識や技術。



奪うのは簡単。
奪うのは知識や技術は不要。

作るのは難しい。
作るのは知識や技術が必要。



トレーナー=クリエイター
ここにお金を払う価値が出てくるし、
ここを求める人が増えてくる。

#パーソナルトレーニング三宮
#パーソナルトレーニング神戸
#パーソナルトレーナー三宮
#パーソナルトレーナー神戸
#ダイエットジム三宮
#ダイエットジム神戸
#パーソナルジム三宮
#パーソナルジム神戸

肩こりを治したいの?


自分の行動や言動に
“答え“を持っていない人ほど
後からダメージを受けやすい。

以前にも投稿しましたが、
太る食べ方や太りやすい食べ物を食べたから
人は太るのではなく


「では、あなたはその後になにをしますか?」


の質問に対して
答えを持ってない人が
“太る“に繋がるということ。



食べ物や食べ方で太るというならば
この世の中の人は全て肥満になってるはずです。




同じケースで
“肩こり“なども同じ。


デスクワークやスマホを使う時に
頭を前に倒していれば
ストレートネックにも猫背、巻肩にもなりやすい。


でも
この現実はほぼ全ての人が理解していること。


「その姿勢が肩こりの原因ですよ」

と言われて

「えっ、そうなの?!知らなかった…」

と思ってる人はほとんどいない。


“ですよね…“
“やっぱり…“

と思ってる人は多いはずだけど
わかっていても無意識にその姿勢になってしまう。



原因も分かっているのに…

本当に肩こりを治したいの?



仕方なく行くマッサージ屋さんや接骨院、
エステでも
ほぼ皆さん口を揃えて
「姿勢が悪いからですよ!」と言うでしょう。




そうなってくると

「僕ならば肩こりを治せます!」
「できないアドバイスなら意味がない!」

謎の競争優位性を取ってくる同業者も出てくる。



そもそも“肩こり“に対して
難しく考えずに冷静に考えてみません。



僕はこれまで
人生で“肩こり“になったことはない。

ただ、意識的に姿勢を悪くすれば肩こりは作れます。




「携帯とか使う時に頭が前に倒れるから
 頭が前に倒れないようにしましょう」



これって
難しいことと捉えるのか、簡単なことと捉えるのか。
そんな難しいことできませんなのか、それぐらいできるなのか。



“頭を倒さなければ、肩こりになりません“


あなたは
このアドバイスをどう感じますか?



毎日、肩こるからマッサージ屋さんでほぐしてもらうのと、
頭を倒さないように意識して肩こりを軽減させるのと、

どちらが毎日できますか?


肩こるならば
毎日、マッサージやストレッチをしてください!
筋トレして筋肉つければ首は倒れませよ!


そもそも
“頭を起こしていれば“

マッサージもストレッチも必要なくて
頭を起こしていれば、それに必要な筋肉は付くので
首を前に倒れにくくするトレーニングも必要ない。





そう思いませんか?



その中でもう一度聞く。
「肩こりを治すのに、1番簡単なことはなに?」



肩こりになった時の対処法に
受け手も施術者もフォーカスしすぎ!!



どちらとも共通のゴールはなにか?



“一生肩こりをなくしたい“


なはずです。


その願いのはずなのに
“肩こりになった後の対処法を“求めすぎる。

なりたい自分とは
“肩こりにすらならない方法“ですよね?




“スマホの使用時に頭を倒さない“は
ただの理想論?不可能すぎること?続かないこと?



勝手にハードルを上げすぎてます。
『簡単な現実』を『難しい理想』に変換してませんか?


肩こりを治したいが理想で
“そのために“頭を倒さないようにすることが現実。






毎日、ストレッチやマッサージをしてください!
毎日、マッサージ器で首をほぐしてください!
毎日、肩こり軽減体操をやりましょう!

これらは治る方法ではなく、
なった後の対処法です。


その対処法を毎日やりましょうとか
毎日できるならば
“頭を起こしましょう“で解決できませんか。



そうすれば
肩こりのために

ストレッチもマッサージ、体操、筋トレも
しなくても良いし、

肩こりのために
マッサージ屋さんにも行かなくてもよい。



どちらを意識する方が
結果的に時間もお金も損をしないのか、

そして
なによりも“肩こりをなくせるか“を
しっかり考えて、効率が良い方を選びたい。


倒れてる頭を起こすか(事故を作らない)、

肩こりのための時間を作ってマッサージするか
(意識的に事故を起こしているので常に
 修理代は毎回かかり、時間もかかる)


お酒を飲むから事故を起こす。
飲酒運転をして事故を起こすならば
そもそもお酒を飲まなければ飲酒運転にすらならない。



これは難しいことですか?



この世の中で
1番簡単に肩こりを治す方法は

頭を前に倒さないこと。

もしくは
携帯とパソコンを捨てること。



もう
事故になる原因も
事故にならない答えも知ってるならば
あとは車を使う人の意識の問題。

答え知ってるのに
それでも飲酒運転するならば
誰も止めれないよ。

#パーソナルトレーニング三宮
#パーソナルトレーニング神戸
#パーソナルトレーナー三宮
#パーソナルトレーナー神戸
#ダイエットジム三宮
#ダイエットジム神戸
#パーソナルジム三宮
#パーソナルジム神戸
#ボディメイク三宮

太らない質問とは?



「太る人と太らない人の差は何か?」




メンタル?
食べ物?
食べ方?
目標があるかないか?
根性?
知識?



なんでしょうか。



全員に共通した答えはない。



僕の場合、
よく言うことは


「自分の行動や質問に対して、答えを持ってますか?」


この問い掛けに
答えられる人は太らない確率が高い。
答えられない人は太りやすい。



どういう意味か?




多くの人がすでに知ってることは
○甘いものをたくさん食べれば太りやすい
○夜にたくさん食べると太りやすい
○寝る前に食べると太りやすい
○炭水化物をたくさん食べると太りやすい
○運動不足になると太りやすい
○旅行や外食でたくさん食べた
○アルコールをたくさん飲むと太りやすい
など



痩せやすい情報よりも
太りやすい情報の方を理解してること。



今、
上記で述べた太りやすい習慣を見て
「いやっこれは痩せやすいでしょ!!!」
と思った人はほとんどいないはず。


“あぁ確かに太りそう…(それで太ったわ)“

と思った人が多いのでは?



そうなんです、
太ることをすでに知ってる。



じゃあこれらのことは悪なのか?



結論、どれも悪ではない。
もし、ここで“悪“があるならば
それは答えを持ってないこと。




例えば、
あなたは昨日の夜にたくさん食べすぎました(要因)
では、あなたはその要因に対して答え(解決)を持ってますか?
答えがあるならばそれをやりましたか?



この質問に対して答えがしっかりあるか、
答えがあるならばやりましたか。




これだけです。




太る人の答えは
●いやっなにもしてない
●今日もいつも通りの朝ごはんです
●なんとかなる


答えを常に用意してる人は
●大丈夫!これをやればリセットできる
●今日は調整するから気にしてない
●〇〇するから大丈夫!



質問に対して
答えと実行が必ずセットになってる人ほど
太らない。



もちろん自然にしてる人もいる。



昼ご飯にバイキングでたくさん食べた。

でも、夜ご飯の時間になっても
お腹が空かないから
夜ご飯を抜いたり、量を減らした。


この場合、
自然と昼と夜で調整できてる状態。
(1食は多くても2食で平均値を作ったということ)



食べすぎの場合、
ほとんどの人は自然とそうやってることが多い。




血糖値が急上昇するものを食べてしまった…
→あなたはその答えを持ってますか?

お菓子を夜に食べてしまった…
→あなたはその答えを持ってますか?

旅行で何日も食べた日が続いた…
→あなたはその答えを持ってますか?

過度な糖質制限ダイエットで痩せた…
→その後のリバウンドしない答えを持ってますか?




太らない人やリバウンドしない人、
もしくは常に体重も体型も維持してる人の
共通点は、

太る要因や原因は理解して
それに対して“自分の答え“を持っていて
それを行動にしている。



これはほぼ共通してる。




太る習慣や痩せる方法などは
多くの人が知ってるが、

自分の太らない方法や答えを持っていない人は
太りやすい。



少し言い換えると、

勝つ方法や負ける方法などは
多くの人が知ってるが、

“負けない方法“を持ってる人は
太りにくい。


ということです。



メンタルが弱いとか
目標がないからとか

そんな複雑なことではなく、
負けない方法をしっかり実践してる人は強い。



そして、
他人の負けない方法や
他人の勝った方法を
やる人ほど負けやすいということです。




質問に対して
自分の答えを言えない人は太る。



これは僕が長年トレーナーとして
いろんな人を見てきて出した
揺るぎない基準の1つ。

#パーソナルトレーニング三宮
#パーソナルトレーニング神戸
#パーソナルトレーナー三宮
#パーソナルトレーナー神戸
#ダイエットジム三宮
#ダイエットジム神戸
#パーソナルジム三宮
#パーソナルジム神戸

ファイナリストの田村様のレッスン

F3CB2669-4718-4DB7-91EC-BD8EFE26C796

ファイナリストの田村様の
ウォーキングレッスンと
パーソナルトレーニング

#パーソナルトレーニング三宮
#パーソナルトレーニング神戸
#パーソナルトレーナー三宮
#パーソナルトレーナー神戸
#ダイエットジム三宮
#ダイエットジム神戸
#パーソナルジム三宮
#パーソナルジム神戸

ファイナリスト東口様のウォーキングレッスン

0418DFF7-AB87-49B0-BA8E-C0E4B05EB415

ファイナリストの東口様の
ウォーキング
パーソナルトレーニング

#パーソナルトレーニング三宮
#パーソナルトレーニング神戸
#パーソナルトレーナー三宮
#パーソナルトレーナー神戸
#ダイエットジム三宮
#ダイエットジム神戸
#パーソナルジム三宮
#パーソナルジム神戸
#ミセスグローバルアース

ファイナリストの林様のウォーキングレッスン

C0DA9C52-BF8B-4076-8147-9B76EACDB08E

ファイナリスト林様のウォーキングレッスン

#パーソナルトレーニング三宮
#パーソナルトレーニング神戸
#パーソナルトレーナー三宮
#パーソナルトレーナー神戸
#ダイエットジム三宮
#ダイエットジム神戸
#パーソナルジム三宮
#パーソナルジム神戸
#ミセスグローバルアース

ファイナリストの桧山様と続様とのウォーキングレッスン

ADEFDBCB-1BB1-4BD9-B018-9562F989520A

桧山様と続様のウォーキングレッスン!

#パーソナルトレーニング三宮
#パーソナルトレーニング神戸
#パーソナルトレーナー三宮
#パーソナルトレーナー神戸
#ダイエットジム三宮
#ダイエットジム神戸
#パーソナルジム三宮
#パーソナルジム神戸
#ミセスグローバルアース

3 / 10312345...102030... »