お知らせ

勝つことよりも負けないこと


とりあえず、
“負けない方法“を身につけよう!


コロナ・オミクロンとか
まだまだウィルスが「終わらせない」と
宣戦布告してきたので、

さすがにウィルスに付き合う必要はなくなった。



コロナ=時代


これは紛れもない事実になった。


今できるのは、引き続き

○オンラインのキャッシュポイントを増やすこと
○収束した時に備えてオフラインを強化しておくこと



ウィルスの別メッセージがあるとすれば
“まだあなたはオンラインで稼ぐ方法を作らなさい“


コロナが1番嫌うことは
人が非接触やオンライン強化し続けること。



どんな場合にも対応し、
次になにが来ても対応できる能力。


1番困るのは、“お金を作り出すこと“



だから、
メインの収益はサブへ
サブの収益はメインへ
と自分の中でいつでも変換することが求められる。


ここになると
すでにコロナの責任ではなく、自分の責任。



さすがに2年も時間をくれれば十分。
2年間も毎日のように「コロナが悪い」と
文句を言う人もかなり減った。


僕の周りでは、
「コロナありがとう」の声に変わってる。


なににしても
本業をタテに広げて幅を作ることよりも
異業種の副業をヨコに増やし続けて
幅を増やすことが今の時代には合ってると思う。




それが本業を守る1番の方法。


それでも本業が守れない時は
どれかの副業を本業にすればよい。




そもそも本業とかの言葉も嫌いで、
全て本気でやってるならばどれも“本業“



本物ではなく、本気の“本“だと僕は思う。



今、
1番の強みは個人が持つキャッシュポイントの数。



副業、複業、投資、オーナー業、異業種、オンライン…
なんでも良い。



自分に合う本気の副業を見つけること。




以前に、
消防士長がYouTubeにて副業として、
115万円を稼いだら
その消防士長が減給になるというニュースを観た。



ルールがあるならばそれはNG。



でも、
職業によってルールがないならば
なんぼでもやって良いともとれる。



特に自営業は
「可能性を広げても大丈夫ですよ」の位置付けでもある。




そこを無視して、
フリーランスや自営業の人が
副業禁止の公務員と同じような働き方をするのには

違和感しかない。



信念はあるのは分かる。
ただ、本業に信念があるのではなく
それはただの頑固。



信念と頑固は違う。



頑固は本業を“口で守る“
信念は本業を“行動で守る“



口で発する綺麗事よりも
信念を通りして、どんな形でも
本業を守ることの方が大切。



勝つことよりも
負けない方法をどれだけ信念を持って
行動できるかではないか。


その頑固と信念を
コロナが上手く選別させてくれてる。



⁡ #パーソナルトレーニング三宮
#パーソナルトレーニング神戸
#パーソナルトレーナー三宮
#パーソナルトレーナー神戸
#ダイエットジム三宮
#ダイエットジム神戸
#パーソナルジム三宮
#パーソナルジム神戸
#ボディメイク三宮
#ボディメイク神戸
#ボディメイクトレーナー三宮
#ボディメイクトレーナー神戸
#脚痩せ三宮
#腕痩せ三宮
#お腹痩せ三宮
#ミセスグローバルアース関西
#ウォーキング三宮

遺伝子検査やって満足した?

結局、
もう何年も前に登場した
『遺伝子検査ダイエット』が確立されないのは、

本当の答えに辿りつかなかった人が多く、
結果が思うように出なかった人が多かったからでは?!




私は脂質代謝が悪い?糖質代謝が悪い?
食べ方や食べ合わせが悪い?


仮に正しい情報を知っても
『正しい知識=自分の正解ではない』
ということ。




そもそも正しいダイエットを求める人ほど
1つの正しいダイエットをやりきらない人は多い。


セミナーとか成功者の著書とか読んでも
その人が同じ道や人生にならないのは
会って、聞いて、理解して、満足して終わる。




結局、『所有や所属の満足』で終わる。
1番、多い失敗例。


結果や成果だけを憧れて
過程を全く真似しない。

それを“自己投資“と正当化する人も多い。
投資というのは、回収があるから投資。

それが1つもないならば、ただの自己ギャンブル。





逆に
正しいダイエットではなく、

自分の正解を出してる人や
自分と向き合ってる人ほど
他のダイエット法や流行りのエクササイズには
左右されない人が多い。



“正しい知識“と
“自分の正解“は全く別もの。



もう少し掘り下げると、



世の中の人が定めた“正しい知識“と
自分だけの“自分の正解“。



正しいや科学的根拠を求めすぎるデメリットは、
“他の可能性や選択肢が狭くなる“ということ。


正しいダイエットと科学的根拠を信じることで
そこしか見ずに、他を信じなくなる。




結果、
正しいダイエットしてるのに結果が出ない…
科学的根拠に基づいてるのに結果が出ない…


最後の砦が失敗に終わると
すぐに行き止まりになる。


このタイプが次に行くのは
次の正しいダイエットや科学的根拠。



結局、
何が言いたいかと言うと、

“自己流ダイエット“をしてるだけ。



いろんなダイエットの情報を集めて、
それをやって、
いいところだけを抜き取っては辞めて、

遺伝子検査しても
それを一時的な情報と行動力で終わって、

また
違うダイエットやメゾットを探しての
繰り返し…



結局、
ごちゃ混ぜにしすぎて
『ただのミックスジュース状態』


美味しそうではなく、
不味そうなものしか生まれない。




オリジナル(自己流)のミックスジュース。




そして、
ダイエット系の情報社会の被害者の1人になる。




“自分にはこれが合ってる“
“自分らしいダイエットはこれだ“
“自分の適正を判断したらこれだ“


これは決断ではなく、
ただの“言い訳“と“迷い“



ダイエットに困らない人は
同じことをしっかり継続し、
迷いがない状態になる。




決断とは、
迷いを断つこと。



何回も決断してることならば
それは迷いを断ててないということ。



自分を守ってると言いたくなるが
自分を本当に守れてるならば
そもそもダイエットに困ってない。


守れなかった結果、
ダイエットをしなければならない状態になる。



自分を“守る“と自分を“偽る“
とは意味が違う。



自分と本当に向き合ってる人ほど
ダイエットには困らない。

自分をコントロールする方法を
知ってるか、
それを継続している。


自分のことを理解してるから
他の情報にブレない。


これはトレーナーにも同じことが言える。




トレーナーは
自分の推奨するダイエットを本当に信じてる??


浮気してない?

#パーソナルトレーニング三宮
#パーソナルトレーニング神戸
#パーソナルトレーナー三宮
#パーソナルトレーナー神戸
#ダイエットジム三宮
#ダイエットジム神戸
#パーソナルジム三宮
#パーソナルジム神戸
#ボディメイク三宮
#ボディメイク神戸
#ボディメイクトレーナー三宮
#ボディメイクトレーナー神戸
#脚痩せ三宮
#腕痩せ三宮
#お腹痩せ三宮
#ミセスグローバルアース関西
#ウォーキング三宮

自惚れるな!

以前に投稿したミシュランの星の基準。

これは飲食店に限らず
トレーナーやジムでも全く同じことを問われる。


星は、
(1)素材の質
(2)調理技術の高さと味付けの完成度
(3)独創性
(4)コストパフォーマンス
(5)常に安定した料理全体

の一貫した五つの基準に基づく。






ここのカテゴリーを
1つずつ因数分解していくと、


(1)素材の質
→人として質(性格、言葉遣い、マナー、接客など)



(2)調理技術の高さと味付けの完成度
→知識や技術、その過程、カウンセリング力、コミュニケーション力



(3)独創性
→個性、差別化、自分にしか提供できないもの、リピート力、リツイート率、口コミや紹介をしたくなるもの



(4)コストパフォーマンス
→金額と提供する知識・技術との対価。
 高いから選んでもらえないのは、
 そもそも自分の設計ミス。
 金額に見合ったサービスを提供できていない。



(5)常に安定した料理全体
→ブレないコンセプト。
 流行りや最新のトレーニングに
 左右されるようなトレーナーは
 自分に自信がないか、トレーニング知識・
 技術に自信がない。
 
 その中で、
 安定した知識・技術を提供していれば
 自然と安定した結果や実績が付く。




そこの基準はどの時代になっても
流行や時流にも左右されないほど土台となるもの。



にも関わらず、
物やサービスが売れないのは


マーケティングが足りない…
経営能力が足りない…
お客さんの見る目がない…
環境が悪い…
細かい筋肉名や関節を知らないから…



『絶対違う!!!』




なによりも

土台である
⑴と⑵が圧倒的に不足してるトレーナーが多い。
(タメ口や命令口調、上下関係を作るような指導は問題外)


⑴と⑵がしっかりできるようになると
⑶の独自性が自然と付いてくる。



⑶もできると
⑷のコストパフォーマンスである
自分の価値も価格も分かる。
 
提供したい価値・価格と
提供されたい価値・価格に相違点がなくなる。



⑸は
⑴⑵⑶⑷があるからブレることはない。

どれかがブレてたり、おそろかにすると
自分のコンセプトもブレる。


コンセプトがブレると結果や実績が出ない。
ギャンブル的な感じで
たまたま痩せた、細くなったという結果しか出せない。



トレーナーがブレれば
クライアントの結果が出るわけもない。



すると、
“ブレてるトレーナー“がやりがちなのは

クライアントがトレーニングに飽きないように


自身がYouTubeやインスタで見た楽しそうな
エクササイズをメニューに入れるとか、

最新のマシンやエクササイズ器具を使って
気分転換をさせるとか、

いつもと違うメニューをやって飽きさせない工夫をし、
トレーナー側がだんだんとブレていく。





そして、
いつの間にか

“クライアントを楽しませるために…“

と自分で
自分の方向性も
クライアントの方向性も変えてしまう。



確かに楽しんでもらうことは必要。


でも、
クライアントは楽しむために
あなたを頼ってトレーナーに来たの?






さきほどの
⑴と⑵はセッションに慣れれば慣れるほど、
友達感覚になったりして
全体の質が少しずつ落ちやすくなる。


それが自惚れ(うぬぼれ)にも繋がる。





同時に起きるのが
少しずつ顧客が減っていったり、
セッション数や指名が減っていく。



すると
減っていくのは、
経営とかマーケティング不足、
知識や技術不足と勘違いする。



⑴と⑵は人としての土台。
どんな時でもここに帰結して、
初心を忘れないようにすることが必要。




トレーナーは決して偉くない!!
人に支えられてるから成り立つ。

人が離れると成り立たない職業。


ここは“売れてる“とか“売れてない“関係なく、
人を尊敬、尊重することを忘れないこと。



→続く

#パーソナルトレーニング三宮
#パーソナルトレーニング神戸
#パーソナルトレーナー三宮
#パーソナルトレーナー神戸
#ダイエットジム三宮
#ダイエットジム神戸
#パーソナルジム三宮
#パーソナルジム神戸
#ボディメイク三宮
#ボディメイク神戸
#ボディメイクトレーナー三宮
#ボディメイクトレーナー神戸
#脚痩せ三宮
#腕痩せ三宮
#お腹痩せ三宮
#ミセスグローバルアース関西
#ウォーキング三宮

売れたいならば、ミシュランを見習え


“マーケティングや経営を知らないから
知識や技術があってもあなたは儲からないよ“
でもない!!


これをトレーナーに向けて
自身のコンテンツなどに誘導する講師は


おそらく僕の経験からすると



“あっ、この人は真剣にクライアントとの
 セッションに向き合ってないか、
 そもそもセッション経験が少ないんだなぁ…
 サービス業の本質を理解してないよね“

と思ってしまう。



答えはシンプルなのに
あれやこれやと“売れない“理由を作るトレーナー。



ここは
何年も多くのクライアントを
しっかり見て、接客業と向き合ってないと
分からないものだと思ってる。





自分のコンテンツを売りたいのは分かるが
僕からすると

「わざわざ売れる方法を複雑化させないで下さい!」
と言いたい。



知識や技術がある

サービスやモノの対価を提供する

人を変えたという実績がたくさん生まれる

口コミや紹介などで人が自然と来る



この方程式はどの時代でも同じ。


この方程式に
接客技術やコミュニケーション能力、
ホスピタリティ(深い思いやり)などが
加味される。



実際にうちでは、
ここ5年間はSNSでも
宣伝などしたことがなく、
ほとんどが口コミと紹介によるもの。


どんなに迷っても
そこの“原点“はどこも同じ。



美容院や飲食店、医者や弁護士も同じことが言える。


美味しい店には人が来る。

知識や技術、SNSが上手いとか、経営の力があるから
“人が来る“には繋がらない。



もう一度言う。
美味しい店に人は来る!


この方程式をしっかり何回も何回も
繰り返して、それをやり続ければ良い。



その方程式を達成するから
言葉に説得力が生まれる。



時代だからか知らないけれど、

“儲かるためには?“
“トレーナーとしてこの知識を身につけるべき“とか
“稼げるためには?“
“SNSの発信の仕方が重要である“とか



「複雑にしすぎだよ…」


それは時代でも進化でもなく
ただの退化の道であり、より“売れない道へ“




ネイリストが天才なら広告宣伝しなくても人がくる。
上手い料理を提供してるところには人がいく。
上手い美容師のところに人がいく。
魅力的なホステスにはまた人が来る。
結果を出してる医者には人がついていく。
勝率が高い弁護士には依頼が常にある。


広告宣伝=自分の能力


トレーナーとして結果を出す人のところには
自然と口コミが広がり、紹介もリピートも増える。




宣伝の仕方に問題?
SNSマーケティングが弱い?
インスタグラマーに頼る?


それは本来のやるべきことに蓋をしたり、
自分の結果や実績なども見て見ぬふりをして、

主流とか流行とか時代などを言い訳にして
“楽なやり方“に目を背けてるだけ。



現実逃避。




一流のやり方ではなく、
二流のやり方になってるだけでは?



分かりやすく言えば、
ミシュランに登録されるような店は
インスタを頑張ってるの?
インスタグラマーに宣伝を頑張ってもらうの?
値引きやキャンペーンで集客をしまくるの?
宣伝方法に困ってるの?


それらをやってるから
あの基準の厳しいミシュランに選ばれるの?



絶対に違う!!!


星は、
(1)素材の質
(2)調理技術の高さと味付けの完成度
(3)独創性
(4)コストパフォーマンス
(5)常に安定した料理全体

の一貫した五つの基準に基づき、
それぞれ
「そのために旅行する価値がある卓越した料理」(三つ星)
「遠回りしてでも訪れる価値がある素晴らしい料理」(二つ星)
「そのカテゴリーで特に美味しい料理」(一つ星)として評価されるもの。




五つの基準は難しそうで、
よく見れば飲食店としては

“当たり前の基準“


星をもらえる店は
飲食店に必要、当たり前のことを確実にやってる。


その当たり前のことを
しっかりブレずに貫くからこそ
結果として周りの評価に繋がる。



知識や技術はあくまでも過程。
売れるためにマーケティングとか経営を極める
なんて優先順位は低い。


どこよりも美味いもの(結果)を作れば売れる。


ジムやトレーナーも同じこと。
本質はそこ。


そこからズレたところにお金をかけても
根本的な問題解決にはならない。

最初は上手くいっても
単発の“当たり屋“で終わる。



技術や知識がある!と思ってるトレーナーで

人が来ない…
集客がない…
知名度がない…
売上がない…

それは単純に“結果がないだけ“

  

“売れない“理由を増やさないこと。
単純に美味しい料理(結果)を作ってないだけなんだよ。

続く→

#パーソナルトレーニング三宮
#パーソナルトレーニング神戸
#パーソナルトレーナー三宮
#パーソナルトレーナー神戸
#ダイエットジム三宮
#ダイエットジム神戸
#パーソナルジム三宮
#パーソナルジム神戸
#ボディメイク三宮
#ボディメイク神戸
#ボディメイクトレーナー三宮
#ボディメイクトレーナー神戸
#脚痩せ三宮
#腕痩せ三宮
#お腹痩せ三宮
#ミセスグローバルアース関西
#ウォーキング三宮

正しい知識はトレーナーが決めるな!



栄養を細く理解することは大切!
身体の仕組みも言えるのは大切!
身体の部位を細かく言えるのも大切!


そこで目的を止めないこと。


正しいことを学んで伝えて終わり?
そこからの検証は?



スクワットを正しい姿勢ですれば
お尻の効果は上がる!?

どの筋肉を使って、どの関節を使って
そうすれば実際にどうなった!?

この栄養素とこの栄養素を組み合わせれば
誰でも痩せる!?






“うん、実際はそうかもしれないけども…
 実証できないと正しい知識だとしても
 正しくない知識と同じだよ“となる。





勘違いされやすい業界だけども
“正しい知識“や“本物の知識“が正解ではなく、

『結果を出した方が正しい知識』
そして、それを継続できていることが
クライアントからすれば
『本物の知識』であるということ。



正しいとか本物とか決めるのは
トレーナー本人ではなく、
クライアントが決めるもの。



トレーナー自身で
自分の知識が本物とか正しいとか言えるのは
時期尚早。



圧倒的な結果を証明できて
クライアントから言われることで
初めて“正しい知識“と言える。



この業界は誰も納得できるほど
本当に“正しい知識“だったとしても

結果が出ないならば
それは間違えた知識にしかならない。




だから、現状自分が持ってる知識や技術を
決めつけないこと!!!




正しいことを伝えることや語ることが
トレーナーの仕事ではなく、

そこからトレーナー自身が
どのような答えをたくさん導き出したか。


知識や技術はあくまでも“過程の1つ“



『過程+結果・実績』
そこが本来のクライアントへの対価。






医学の知識も技術、科学的根拠もある。

それが現場の医者のゴールではなく、
その過程から
実際にどれくらいの実績や功績を残してきたかが本質。




手術を受ける人からすれば
本物や正しい知識を求めてるのではなく

結果、手術を受けてどうなったのか。
同じような症例をどれくらい担当したか、
結果を出してきたか。


もし、
自分自身が手術を受ける時であっても
担当医の知識が凄いとか、専門用語が詳しいとかで
判断するのか?!


知識が凄くても
その手術をしたことがないとか、
成功例が乏しいとかが分かると
あなたならば一気に不安にならない?!




本物の知識や技術。
正しい知識や技術。

確かにそれは大切!!!
教える側としては当たり前のこと。


ただ
それだけを武器にするならば
同業者や身内内だけの自慢でよいよ。


身体の使い方や部位が詳しいとか、
栄養や食べ合わせの知識が凄いで終わるなら、

“人“を担当するのではなく
同業者向けに講演したり、
本を書いたり、メディアで発信すればよい。





“知識や技術があっても結果や実績不足“




そのような講師はトレーナー業界でも多い。

大学でも経営学部の教授は
経営の知識や専門用語は豊富でも
本人に経営実績や結果がある人はほとんどいない。


 

正しい知識や技術=実績がある・結果が出る
にはならない。





そういう世界。




『教えるのが得意』と『結果を出す』のは別。




その知識を基に
「これだけの人が実際に変わりました」
「このように変化しました」


そこで初めて
『人と向き合った正確な知識や技術』と
認められるのではないか?




知識や技術がある=人を変える
でもなく、
人を変えられる“可能性が上がっただけ“



#明日の投稿に続く

#パーソナルトレーニング三宮
#パーソナルトレーニング神戸
#パーソナルトレーナー三宮
#パーソナルトレーナー神戸
#ダイエットジム三宮
#ダイエットジム神戸
#パーソナルジム三宮
#パーソナルジム神戸
#ボディメイク三宮
#ボディメイク神戸
#ボディメイクトレーナー三宮
#ボディメイクトレーナー神戸
#脚痩せ三宮
#腕痩せ三宮
#お腹痩せ三宮
#ミセスグローバルアース関西
#ウォーキング三宮

次の可能性は『街を知ること』

“街を知ること“


マナー講師の資格も無事に取得。

その瞬間に1つの自分の可能性が広がり、

その1つの可能性からこれまでの経験やノウハウを
掛け合わせていくことができる。


資格はあくまでも
スタートラインに立てる切符みたいなもの。


そのスタートラインから
どのような走り方するのか、
どのようにそのための筋力を付けていくのか、
周りの選手に勝つにはどういうプランでいくのか、

スタートラインに立てば
あとは『自分の勝ち方を見つけること』


大学、企業だけでなく、
僕が今後、力を入れていきたいのは“婚活ビジネス“



トレーナーだけの価値を提供するのではなく、
1人の人間として
“僕にしか提供できない価値“を作ること。


もう数年後には
トレーナーが持つ情報だけでは価値がなくなる。


1番の要因は、
“情報がさらに共有しやすくなり、
 1人1人が持つ情報に価値がなくなるから“



パーソナルジム開業しました!
と宣伝しても、チラシ配っても、割引しても、
口コミサイトを強化しても
インスタグラマーに宣伝してもらっても
もうそこまで反響もないのでは?



日本全国を狙うと狭い。
SNSだけで集客を狙うと狭い。
地域だけを狙うと広い。


SNS集客を頑張ってる人や
“全ての女性を綺麗に“などの
大きな目標を掲げすぎるトレーナーほど

周りの地域や街に目を向けず
視野が広いようで狭くなってることが多い。



オンラインの普及が
“そのような視野“を持たせてしまってる可能性もある。


オンラインよりもオフラインであり、
現場や地域に目を向ける必要がある。



感染症による2年間は

“自分に直接会わなくても“
“自分が行かなくても“

価値やサービスを提供することに
時間を作る人が多かった印象。

価値はオンラインでも提供できるが
同時にその価値やサービスを落とすものでもある。



ただ、
本来ならばこの2年間は

今あるサービスをオンラインで
強化するのではなく、

“今ないキャッシュポイントを作ること“
が本来の期間だったと思ってる。
 

僕はそのように感じたので、
この2年間は感じたことを考えて、行動にしてみた。


キャッシュポイント(収入を得る機会や方法)とは
オンラインとオフラインの2つ。


オンラインならば、
→投資、YouTube、物販ビジネス、プログラミング技術の習得など

オフラインならば、
→さらに自分の価値や質、提供できるサービスを増やすこと。
なりよりも“実際に会わないと提供できない“武器を持つこと。



オンラインのZOOMやオンラインセミナーは
あくまでも元々あった技術やサービスを提供するもの。
実際に会うよりは質が少し下がるのが難点。




結局、
オンラインで提供できるものは
誰でもいつでも真似すればできるものが多い。



感染症問題がまだまだ続くならば、
引き続き先ほどの

オンラインとオフラインの強化をすればよい。
特に“自分に会わないと提供できないもの“

オフラインがダメでも
オンラインで収益を作り続ければ問題ないという設計へ。



感染症との戦いは誰も答えは出せない。

答えが出ないことを考えるよりも
答えが明確に出せることを行動に移すこと。



この2年間で
トレーナーとして、人として、

働き方、稼ぎ方、生き残り方、考え方、人生の楽しみ方など
考える時間も行動する時間も勉強する時間も十分にあった。


ないとは言わせない。


僕がこの2年間に“やらなかったこと“は、
オンラインレッスンやオンラインセミナー。


やったのはひたすら
・オンラインの収益化を増やすこと
・先のオフラインの強化と準備


逆に考えれば足らなかったのは、
『地元淡路島や神戸を知ること』


だから、1から街を知ることから始めた。


そのために、
苦手なスーツを着て異業種交流や経営者コミュニティにも何度も参加したり、
市議会議員に直接連絡してお会いしてもらったり、
結婚式場やホテルなどへ業務提携を提案したり、
古民家再生プロジェクトのメンバーになったり、
配達員になり街や飲食店の現状を知ったり、
ゴミ拾いをする中で行政や報道に現状の問題定義や解決案など提出し、
実際に行政がゴミ箱の設置をしてくれたり、
報道番組も神戸のゴミ問題について取り上げてくれた。


行動すれば、変わる。
なにかが“変わる“ことを実感した2年間。


同時に街を知れば知るほど
まだまだ広いということを実感した。


“僕が街や人を知ろうとしなかっただけ“


オンラインは誰かの役に立てるものではなく、
“自分が自立できるもの“
オフラインは“共存するために必要なもの“


それが僕が経験から導き出した自分の答え。

#パーソナルトレーニング三宮
#パーソナルトレーニング神戸
#パーソナルトレーナー三宮
#パーソナルトレーナー神戸
#ダイエットジム三宮
#ダイエットジム神戸
#パーソナルジム三宮
#パーソナルジム神戸
#ボディメイク三宮
#ボディメイク神戸
#ボディメイクトレーナー三宮
#ボディメイクトレーナー神戸
#脚痩せ三宮
#腕痩せ三宮
#お腹痩せ三宮
#ミセスグローバルアース関西
#ウォーキング三宮

笑われる夢



“将来はハワイに住むこと“ 
“投資家として生計を立てていく“


そのような夢や目標を伝えると、

必ず最初は
失笑されるか、
いやっ無理でしょ!みたいな雰囲気や言い方をされる。


この人自身、
夢や目標がない人なんだなと思う。
10人いれば9人は同じような反応。


でも、
自分よりも明らかに資産があり、
地位も役職もある人に同じように

自分の夢や目標を伝えると
誰一人として嘲笑う人もいなければ、
否定的な言葉を言う人がいない。



切り替わったかのように真剣な表情で、
話を具体的に聞いてくれたり、
どのような計画性なのかを確認したり、
それに対してのアドバイスをしてくれる。


夢や目標を
否定する人と肯定する人の違い。
笑う人と笑わない人の違い。
自分の経験談を伝えてくれる人と
他人の失敗談や未経験の失敗を伝える人の違い。



僕の性格として、
夢や目標があればまずは“言うこと“
そして、自分の退路を断つこと。


ここでいう“退路“とは
逃げ道や成長しない道、諦める道。



笑われた経験があるから、
若いトレーナーやクライアントの
夢や目標を聞いても、

いつも凄い夢だと思えるし、
僕も本気で叶うと思って相談を受けたり、
僕にアドバイスできることはする。


僕は自分が良いと思った経験は
“その人の1つの選択肢になれば“と思って
必ず伝える。



否定はしない。
ただ、必ず成功する方法はないけれど
確実に失敗する方法は伝える。



人の夢や目標を聞いて、
・自分はやったことがない
・自分が知らないこと
・自分は頑張ってない
・達成したこともない


その状態で人の夢や目標を
否定したり、嘲笑うことは絶対にしない。



自分が同じようなことをされた経験が
人よりもあるから

それを僕が伝染させるのではなく、
その“ドリームキラー“のウィルスを僕のところで断つこと。


笑われた分だけ
自分のモチベーションになるのは毎回同じ。




その人たちに鍛えられたことで
モチベーションの高さや
行動力、メンタルの強さは高い自信はある。



皮肉ではなく、本当の感謝!



テレビ番組でも
英語ができない日本人が話す英語や
日本語が上手く話せない外国人、

もしくは人の失敗や不倫などを
面白おかしく“笑い“にした構成や
視聴者にも同調させるような番組構成が目立つ。




失敗を“笑い“に変える。
それに人の“笑いの価値“を付け加える。

失敗=面白いこと



本当に外国語を学んでる人からすれば
上手く話せない時期があるのは当然のこと。

最初からペラペラ話せる人もいない。
その努力をしたことがある人ならば
その人の苦労も共感できる。


その努力や苦労に対して、
“笑い“に繋がるのが本当に僕の中で理解できない。




「笑ってるあなたはなにを成し遂げましたか?」


の質問の答えは用意できているのだろうか。




あなたが海外で英語が上手く話せなくて
現地の人から笑われたら
あなたはその国に“また行きたい“と思うのか。
あなたはその国と人を好きなれるのか。



少なくとも
僕が学生時代、
留学先で上手く英語が話せなくて
現地の人に笑われたことがない。


「あなたの英語は上手!自信を持って」
「焦らず、あなたのペースでいいの」
「気にしないで、英語を学んでくれているのは嬉しい」


どんなことでも自信へ変えてくれる。

結果、
その国が好きになり、
その国の人が好きなり、
その国の文化が好きなった。


そう思わせてくれた国が僕の場合は『アメリカ』


  

外国人とか大人、子供関係なく、
子供が

「バスケット選手になりたい!」
「ウルトラマンになりたい!」
「アナと雪の女王になりたい!」

どんな夢や目標を口にしても

「なれる!」
「どうやったらなれるか、一緒に考えよう」


子供の夢や目標に対しても
真剣に向き合うるように。


子供でも否定はしない。



夢や目標を伝えて
笑われた瞬間に心は閉ざす。

二度とそのような話はしない。


分かってもらうために
説明して理解してもらう無駄な時間よりも

自分が前進するためや
同じ想いで共有できる人に時間を使う方が
自分にとっても相手にとっても生産性はある。




いじめと同じで、
いじめた側は覚えてなくても
いじめられた側は鮮明に覚えている。

笑った側は覚えてなくても 
笑われた側は鮮明に覚えている。




夢が達成しても
笑われた人を笑い返すのではなく、
同じ状況になった時に
人の夢や目標を肯定し、応援できる人を
僕の周りでも増やしていきたい。


その方が
本当に夢が叶う確率が上がると思う。



#パーソナルトレーニング三宮
#パーソナルトレーニング神戸
#パーソナルトレーナー三宮
#パーソナルトレーナー神戸
#ダイエットジム三宮
#ダイエットジム神戸
#パーソナルジム三宮
#パーソナルジム神戸
#ボディメイク三宮
#ボディメイク神戸
#ボディメイクトレーナー三宮
#ボディメイクトレーナー神戸
#脚痩せ三宮
#腕痩せ三宮
#お腹痩せ三宮
#ミセスグローバルアース関西
#ウォーキング三宮

値引き・値引きに頼ってないかい?


自分の値引きは必要か?! 


経験上、

本当に予約が埋まっていて忙しいとか、
これ以上担当する余裕がないとかになると、

基本的に
割引とかキャンペーンなどする必要がない。
僕の場合、そもそもそのようなことをしたことがない。


本当に忙しいならば、
人がさらに来るかもしれない施策を打ち出す必要性はない。


ここは誰しもが理解できるところ。



ただ、ここの線引きの見極めは難しい。


『限定〇個まで』
『先着〇名まで』

本当にその個数しか
用意していないところもあるし、

希少価値を出すような宣伝をして、
実際は表示数よりも多く用意してるところもある。



ここの真偽は店側は理解してるが
消費者側は知り得ないところ。



ただ、
割引やキャンペーンは別。


店側の意図は、単に“売りたい“
逆に言うと、何かの経営の“流れ“が悪いということ。




ルイヴィトンやCHANEL、フェラーリなどの
ハイブランド店が値引きで
商品を販売することはほとんどない。

商品ではなく、ブランド価値を売る。



チェーン店やスーパーなどが
値引きやキャンペーン、クーポンを発行するのは
ブランドではなく、商品を売る。



その違いはある。

物と人・サービスの違いもある。




トレーナーならば
スポーツジムが分かりやすい。
 

スポーツジムのチラシ・広告は
常にキャンペーンや入会特典を設けてる。

“今月、入会すれば初月無料“
“入会金や事務手数料は無料になります“
“入会すれば、ヨガマットプレゼント“



なぜそうするかと言えば、
そうでもしないと

・現状から売上も集客も伸びない
・お得感がないと人が来ない
・退会者とのバランスがとれない
・他ジムの入会キャンペーンに負ける

常にギリギリの攻防が繰り広げられる。




本当にスポーツジムの入会者も殺到して
もうこれではパンクするとかならば、

そのような入会キャンペーンとか割引なんて
どこも一切しない。

“入会待ち“の案内に切り替わるはず。



これはパーソナルジム・トレーナーでも同じ。



違うとすれば、
『スポーツジムの価値』か
『トレーナーの価値』の違い。



基本的にトレーナーのSNSやホームページを
みても思うのは、


“インスタ見て問い合わせた人は割引します“
“入会キャンペーンで割引します“
“早割や紹介割引“
“日頃の感謝を込めて、新規入会者へ還元割引“
インスタグラマーと契約して、
このインスタグラマーの人の投稿みて来た人は
割引します!


このような宣伝は
基本的にはなにかの“流れ“が悪いか、
“流れを変えたい“のだと思う。


“流れ“が良いとか、
“忙しい“ならば、どれもやる必要性がなくなる。



美容院を経営してる友人もいるが
“今まで割引はしたことがない“は同じ。

そこにいくと自分の価値を自分で落とす、
もしくは人が来すぎるからしない理由。
 

同感する。

美容院も宣伝が凄いところと、
宣伝を一切しないところと分かれる。



シンプルに割引をしないと
人が来ないということは最初の値段設定が間違えてる。




「やるな!」ではないけれど、

割引で入会したり、体験に来る人は
定期料金に戻せばもう2度と来なくなる可能性が上がる。

“来るか来なくなるボーダーライン“を
自分で決めてしまうことになる。



ここはトレーナーは本当に気をつけたいところ。

自分という人(=会社)を売ってる。


本当に良いものを売ってるならば
値引きや値下げしなくても需要はある。


安くする・下げる理由を考えるのではなく、
そうならないために
何が必要か何が足りないかを考えることが重要。



経営を学ぶとしても
“自分で決めた価値や価格“を下げて商品を売る人より

“自分で決めた価値や価格“に信念を持って
定価以上に価値も価格も上げようと
商品やサービスを提供する人から学びたい。



需要があり、人気ならば
定価のままで常に勝負できるはず。



たまにオープン価格として
営業初日からキャンペーンをしているのをみると、

“スタートから自分の価値落としたの?
と思ってしまう。目先の利益を見過ぎ…


最初から“弱気な経営“ならば、それは癖付く。
また、上手く行かない時に価格下げに頼る。


パーソナルトレーニングで提供するのは“自分自身“
自分で自分の価値も価格も落とすことはしたくない。



この業界から消えていくトレーナーで
圧倒的に多い特徴は、

“自分の価値や価格に理由付けできない人“
“自分の本当の弱点と向き合わない人“



これはどの業界でも同じ。


#パーソナルトレーニング三宮
#パーソナルトレーニング神戸
#パーソナルトレーナー三宮
#パーソナルトレーナー神戸
#ダイエットジム三宮
#ダイエットジム神戸
#パーソナルジム三宮
#パーソナルジム神戸
#ボディメイク三宮
#ボディメイク神戸
#ボディメイクトレーナー三宮
#ボディメイクトレーナー神戸
#脚痩せ三宮
#腕痩せ三宮
#お腹痩せ三宮
#ミセスグローバルアース関西
#ウォーキング三宮

なぜ、経営者になりたいの?


「今、目指すべきは独立や経営者なの?」


この2年間で
世界全体でコロナによる被害は大きく
日本も多くの企業が倒産、 
多くの飲食店やスポーツジムも閉店に
追い込まれた(昨年、スポーツジムの閉店は過去最多)



企業や店が潰れるということは、
そこには必ず最低でも1人の経営者や個人事業主がいる。



潰れていなくても
多くの経営者や個人事業主の人が
先の不安や不満、経営について悩まされた
(今も悩まされてるはず)


飲食店、旅行業、航空会社、卸売業、ジムなど
中には自ら命を経つ人もいる。
 



人が来ない…
人が辞めていく…
人を呼べない…
人に会えない…
人に買ってもらえない…


経営の難しさ…
本人にどんなに技術や知識があっても
どうにもならない外的要因。



そして、
コロナが少しでも落ち着いてくると

「経営者になりたい」
「個人事業主として開業したい」

そのような目標や夢を持つ若い人も増える。



ここで僕が思うのは、「なぜ?」



目標は高くて素敵だとは思うが、   


こんなことがあっても 
単純に成功する自信があるのか?
ただ、“経営者“という言葉や肩書きに憧れてるだけなのか?


ここに疑問を感じる。



そして、
いざ独立したとしても
“経営の知識が乏しい“

これから勉強していくスタイル。
経営を学ぶのは経営しながら学んでいくものだけど
それを差し引いても知識が乏しい。



甘くみてない?




コロナの被害に遭った多くの
先輩経営者たちは少なくとも
経営のノウハウは持っている。


それでも
経営の難しさを痛感する。



自分のことだけならまだしも
会社や従業員、お客様のことも考え、

自分のことは後回しで
誰よりも働き、プレッシャーを感じる立ち位置。


経営者でありながら、
一番そこに時間を掛けている。



多くの人が憧れて、目指してるところは
おそらく今よりも厳しい環境であり、
命を掛けないといけないところでもある。



昨今のSNSにより、
多くの起業家、経営者、成功者をフォローすることで、より身近に感じる“錯覚“に陥ることが多い。

“楽してる“
“人生楽しそう“
“自分も少し頑張ればそっち側の人間へ“


発信の良いところだけをインプットして、
悪いところを見ようとしない。

もちろんその人たちが
良いところしか発信していないというのもある。




SNSは
個人のモチベーションを上げるメリットもあるが、個人の勘違いを生むデメリットもある。





少し本題からズレたけれど、
本当に今回のコロナ問題で考えるべきことは何か?


僕が受け取ったメッセージは、

『コロナとか関係なく、予期せぬ事態が起きれば
 いつでも環境は変わる。
 経営が得意な人しか生き残れない厳しい世界』


その中で
【社会や経営、お金からの自立】を目指すことを
やってるか。ということ。


経営者になりましょう!とか
独立開業しましょう!とか
さらにトレーナーの知識を学びましょう!とかの
コロナのメッセージではない。


コロナ=時代


『時代に合わせた生き方や働き方を目指しましょう』



だからこそ、

ここ最近は
日本でも世界でも“FIRE“を目指す人が増加している。


本来増えなければいけないのは、
FIRE思考や投資や資産運用の知識を本気で学ぶ人。


日本は教育上、
世界的にみてもマナーリテラシーが低いのは有名な話。

そこの影響もあると
日本特有の“働き過ぎる国民“と混ざり、

若い人でも経営者や独立といった
“より働く方で自由や地位を求める“に繋がるかもしれない。



働くことが悪いのではなく、
働き方や働かなくてもよいようにすることを 
目指すことをしてもよいと。


何度も言うけれど、
経営者も個人事業主も楽でも簡単なことでもなく
より働かないといけないということ。


1年間で
企業だけでも1万社近くが倒産する。
そこには最低でも1万人の経営者がいる。


経営者に憧れるのは、なんとなく分かる。
でも、現実は思ってるほどな甘くない、天国でもない。


それは全て経営者が思ってること。


このコロナの2年間は
トレーナーの知識や技術を学ぶことが
優先順位でなく、
本来あるべきはずのマナーリテラシーを学ぶ期間だったのでは?


2年間も猶予があった。


そこを無視して
経営者や独立を目指すならば
同じ1万人の経営者の1人になるだけでは?




シンプルに学ぶ順番が違うように感じる。

#パーソナルトレーニング三宮
#パーソナルトレーニング神戸
#パーソナルトレーナー三宮
#パーソナルトレーナー神戸
#ダイエットジム三宮
#ダイエットジム神戸
#パーソナルジム三宮
#パーソナルジム神戸
#ボディメイク三宮
#ボディメイク神戸
#ボディメイクトレーナー三宮
#ボディメイクトレーナー神戸
#脚痩せ三宮
#腕痩せ三宮
#お腹痩せ三宮
#ミセスグローバルアース関西
#ウォーキング三宮

自分の人生の質問に答えること


ないものねだり。


基本的には、
自分に合って、他人にもあるものを
ねだったり、批判する人はいない。


自分になくて
他の人にあるものを否定したり、ねだったりする。
 


人は欲の塊でもあるが
欲が満たされないと
満たされてる人を批判しやすい。



容姿、お金、才能、知識、地位、環境、性格、仕事、
家族、資産、実績、自由、余裕、幸福、行動など



トレーナーで多いのは、

自分の結果や実績がない人ほど
他トレーナーやジムの結果や実績にケチをつける。


自分にトレーナーの資格が1つもないと
「トレーナーに資格なんて必要ない、大切なのは実力だ!」
と資格にケチをつける。


稼げないトレーナーは
稼いでるトレーナーを見つけては
弱点ばかりを見つけようとして、批判する。


自分に影響力がないと
影響力があるYouTuberやインスタグラマーを
“知識“というマウントをとって批判する。


トレーナー1本で飯を食べたり、信念を持つ人は
トレーナーが副業したり、
違う分野で稼いでいたりすると
そのようなトレーナーを批判する。


コンテストに出場したが、
自分が入賞できなければ
その入賞者や大会にあれやこれとケチをつける。




結局、人は自分にないものを批判する。




それならば
ケチをつけたり、批判する人のやるべきことは
決まっていて、

ないものを得ること。
なんとか頑張れば、得られるものならば得ること。



別に伸びない身長を“あと5㎝伸ばす“とか
そんな不可能なケースを言ってるのではない。



行動してる人を批判する人たちの共通点は、
行動しない人。


トレーナー1本で
この先、それだけに専念してもよいし、

トレーナー以外の
副業(複業)をしてもよい。



どちらもそれぞれの正義。
法律もルールもない。




ただ、法律やルール違反をしてるならばダメ。




この場合
トレーナー1本で勝負して、
毎日のように知識や技術のために勉強する人は
副業をする人を批判するが、


トレーナー以外の副業をしてる人は、
トレーナー1本で専念してる人のことを
批判とかではなく、

“心配だけしている“


別に副業をしていない人を批判しても
こちらとしては得るものを得てるのだから
そこを批判するメリットが1つもない。



結局、ある人より
ないものが多い人ほど批判しやすいのは変わらない。


僕がよくSNS内でも発信するが
余計なお節介として心配をしてるとすれば、


“またコロナみたいな感染症がくれば集客も収入も減らない?“

“大きい怪我や病気をすれば大丈夫?“

“街が倒壊するほどの大きな地震がくればトレーナーとして活動できる?そんな中でも来てくれる人はいる?“

“オンライントレーニングとかはまだ需要がある?“

“トレーナーができなくなった場合はどうするの?“

“40代、50代もトレーナー1本?“



いろんな質問をした時に
即答で「大丈夫!!」と言えるならばよい。



SNSで
セミナーや講習会、集客を宣伝していても

いざSNSが使えなくなったとか、
インスタがもう使えなくなったら、

収入も集客も
途絶えるとか、減るとかになってる働き方が
1番危険になる可能性もある。



そのような事態になる可能性もゼロではない。



結局、
SNSやオンライン頼みになり、
働き方か稼ぎ方としては“自立していない“のでは?
と考える。


批判する側の準備として、

「じゃあ、あなたはどうなの?」

の質問が来たときに答えられるがどうか。



もしくは、
1つ目の質問を答えとして、
その次の質問、次の次の質問
どこまでも質問に対して答えれるかどうか。


まずは
誰のことなんてどうでもいいから、

“自分は“できてるかどうか。
自分で自分に対して、
たくさん質問を投げかけて全部答えられるか、
答えられる準備をしてるかどうか。


その後に
他人に質問するから、説得力がある。


自分への質問を無視して、
向き合わずに、

他人に質問したり、
他人を批判するのは違う。


未だにトレーナーが副業することについて
批判は来るけど、

こっちは
批判ではなく、質問でしか返してない。


その質問で返信が返ってきたことがない。
ブロックされるか、
返信が来ても


「死ね」
「くたばれ」
「トレーナーの恥」
「まぁそれで頑張ってな」


来た意見に対して、
答えて、逆に先程のような質問してるのに、

相手側が質問の準備ができていないと
答えではなく、
さらなる暴言が返ってくること理解した。


結局、
質問はするが、質問から逃げているならば
損をするのは答えを出せない側。

#パーソナルトレーニング三宮
#パーソナルトレーニング神戸
#パーソナルトレーナー三宮
#パーソナルトレーナー神戸
#ダイエットジム三宮
#ダイエットジム神戸
#パーソナルジム三宮
#パーソナルジム神戸
#ボディメイク三宮
#ボディメイク神戸
#ボディメイクトレーナー三宮
#ボディメイクトレーナー神戸
#脚痩せ三宮
#腕痩せ三宮
#お腹痩せ三宮
#ミセスグローバルアース関西
#ウォーキング三宮

1 / 8012345...102030... »